誰に頼めばいいのか?

  • FAQ
  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • 塗り壁ブログ

塗り壁選びのコツ:メール講座 全7回

お名前
お住まい
メールアドレス

塗り壁の専門業者さんは、左官屋さんです。しかし、工事を依頼するのは、工務店かリフォーム店です

左官業者が「元請け」になるケースは少ない

家を建てる時には、工務店とかハウスメーカーといった建築業者さんに工事を依頼します。しかし、工務店やハウスメーカーに全ての社員がいる訳ではなく、基礎屋さんとか、屋根屋さんとか、設備屋さんといったように、専門職の業者さんに工事を依頼するのです。

したがって、家が完成するまでには、何十種類もの職種がかかわり、何十社もの会社が、かかわるのです。

塗り壁を塗る場合は、「左官」という職種の方が工事を担当してくれます。ただ、左官屋さんは、工務店やハウスメーカーといった「元請け」から工事の依頼を請けるので、建築工事の施主であるユーザーの方と直接契約することはありません。

なかには、インターネットを活用したり、自分自身で営業活動を頑張って、ユーザーとの出会いを演出し、ユーザーから直接工事を受注しようと頑張っている人もいます。

しかし、それは極一部の少数派です

大抵の左官屋さんは、工務店やハウスメーカーの「下請け」であることに特に疑問を持っていないので、直接ユーザーから仕事を受注しようと考えていませんし、努力もしていません。

だから、家の内装を塗り壁にしたいと思った場合、「左官屋」さんを探すというよりは、元請けとして、左官工事を請け負ってくれるハウスメーカーや工務店を探すことになるのです。

左官屋さんを探して、直接工事を依頼した方が「お得」になるように感じると思いますが、営業センスのいい左官屋さんというのは数が少ないので、会話が成立しないと相場が決まっています。

となると、中間業者である工務店とか、ハウスメーカーに依頼して、彼らを通して、左官工事を依頼するほうが、ストレスが無いのです。

そのため多少経費は掛かっても、

いざ補修だとか、やり直しだとかいった場合は、工事を請け負った工務店やリフォーム店が責任を取ることになるので、相性のいい工務店とかリフォーム店を探して、安心して依頼されるといいと思います。

もし、左官職人さんを見つけて直接発注できたとしても、意志が通じないことが多いし、失敗した時の責任は、左官屋さんか、自分ということになるので、リスクも高くなると思います。

またハウスメーカーは、工事を工務店に依頼するので、工務店に発注するよりも、更に遠くなってしまいます。ただ、家の新築やリフォームをハウスメーカーや工務店に頼む場合は、塗り壁の工事依頼も、ハウスメーカーや工務店の担当者ということになると思います。

塗り壁の工事だけを別の業者に依頼するというのは、元請け業者さんに嫌がられますので、自然素材の家づくりや、塗り壁の施工になれた工務店やリフォーム店を見つけて、そこに工事を依頼するのがいいと思います。

どんな塗り壁にしたいのかが決まったら、「メーカー名、品番」等を工務店に伝え、あとは、工務店の良心を信じるしかありません

建築条件がついている場合でも、お客様の希望であれば、「仕上げ材」の変更を許してくれる会社もあれば、「変更禁止」という場合もあるので、どの程度自由が効くのかを、あらかじめ確認しておかれた方がいいと思います。

アトピッコハウスは、素材のメーカーなので、塗り壁の工事を請け負ったりできません。自然素材や塗り壁等に慣れた工事業者さんに依頼されれば間違いがないので、お探し頂けるといいと思います。

アトピッコハウス製品の資料やサンプルをご希望の場合は、こちらからご請求ください。

資料・サンプルのご請求はこちら