塗り壁に使う道具

  • FAQ
  • お問い合わせ
  • 資料請求
  • 塗り壁ブログ

塗り壁選びのコツ:メール講座 全7回

お名前
お住まい
メールアドレス

コテと、コテ板があれば塗れますが、塗り壁材を撹拌するための道具も必要なのです

正統派の塗り壁材は、粉で届きます

もし、DIYを検討していて、塗り壁に使う道具を調べているとしたら、そもそも希望の商品は、DIY向きの塗り壁材であるのか、そうでないのかを知った方がいいと思います。その後、工事に必要な道具を調べるのが無駄がないと思います。

塗り壁材を壁や天井といった内装に塗る作業も、新築やリフォームの時だけですから、「塗り壁に使う道具」も、買うのか? 借りるのかで、またまた迷うと思います。

ただ、塗り壁をプロに依頼して工事してもらうと、それなりの工事費がかかりますので、必要な道具一式を買っても、あるいは借りても、お得感はあると思います。

塗り壁材の製造メーカーによっては、塗り壁DIYの体験会を開催したり、道具一式を有料、あるいは無料で貸し出してくれるところもあるので、「どこの会社」の製品が自分たちの好みに合うかを決定したら、そのメーカーから情報を取り寄せるといいと思います。

DIY出来る製品を販売しているメーカーであれば、大抵、「貸し出し用」の道具一式を用意しているものです。

アトピッコハウスでは、DIYの道具類は、ホームセンターで買われることをお勧めしています。

では、塗り壁材を壁に塗る場合、どんな道具が必要なのでしょうか?

これを理解しておくことは、道具を買う場合でも、借りる場合でも役に立つ知識だと思います。

まずは、作業工程で説明すると、塗り壁材を塗る場所の「養生」とか「マスキング」という作業がありますので、それに必要な「養生シート」や「ブルーシート」「マスキングテープ」、あるいは、床に傷をつけないための「養生マット」といったものを用意します。

ここでは、塗り壁材を塗る場所の養生は終わっているものとします。

また、仕上げの塗り壁材をいきなり塗れる訳ではなく、製品によって必要な下地処理というのがあります。たとえば、下塗りをしないとならないとか、シーラー処理をしないといったことです。

ここでも、下地処理に関しては、終わっているものとしましょう。もし、仮に、シーラー処理や下塗りをする場合であっても、下塗りの際に使う「道具」は、仕上げ材を塗るときと同じです。

ただ、シーラーを塗る場合には、

「ウールローラー」とか、「シーラーを入れる容器」が必要となります。大抵は、シーラーの原液を水で希釈して(薄めて)、ウールローラーを使って、壁に塗るだけです。

この時のポイントは、「綺麗に」「規則正しく」塗らないことです。目的は、吸水調整だし、仕上げに「響かない」ようにするためです。ランダムに、たっぷり塗った方が綺麗に仕上がるのです。

そして、下地処理が完成したら、いよいよ仕上げ塗りです。塗り壁というと、「この」作業が本番ですから、格好よくスイスイと壁塗りをしている姿をイメージされると思います。

ここで必要となるのが、塗り壁材を乗せる「コテ板」というお盆のようなものと、塗り壁材を壁に塗る際に使う「コテ」という道具です。

また、「塗り壁材」は、「粉」で届く訳ですから、こねるための「撹拌用バケツ」と「攪拌機」、水を用意するための「バケツ」と、「ひしゃく」などが必要になります。

粉に適量の水を加え、電動の攪拌機を使って、必要な粘度に練って行く訳です

この練り作業が終わったら、練った材料をコテ板に載せて、コテを使って壁に塗っていきます。塗る手順は、「右効き」の人であれば、壁の「左上」の角からと決まっています。その方が、作業効率がいいし、綺麗に塗れるのです。

また、コテと呼ばれる塗る道具には、大きさ、硬さ、素材、形状等で、実に沢山の種類があります。プロの職人さんなどは、だいたい30種類位のコテは、常時持ち歩き、工事に当たっています。

素人のDIYとは、技術力も、道具も違いますので、綺麗に仕上げたいと思うのであれば、プロに依頼するのが一番です。

「想い出」のためとか、「趣味の一貫」として、塗り壁をDIYするのなら、ラフな仕上がりもご愛嬌といった大らかさが必要になります。

また、塗り終わったら、直ぐに「マスキングテープ」を剥がし、周辺部を整えていきます。

この時に必要となる道具が「ハケ」「ヘラ」「筆」といったものです

マスキングテープを剥がすときに、周辺部が浮き上がってきますから、ハケや筆に「水」を含ませて、なでていくのです。

そこまで終了すると、あとは、養生シートを外して、現場を片づけ、道具を洗えば、作業完了となります。

ただし、珪藻土塗り壁「はいから小町」も、漆喰調塗り壁「漆喰美人」もDIY出来る製品ではありますが、基本プロ用に開発された製品です。

工事は、プロに依頼されることを推奨しており、DIY希望の方への施工指導等はしておりません。

アトピッコハウス製品の資料やサンプルをご希望の場合は、こちらからご請求ください。

資料・サンプルのご請求はこちら