塗り壁比較 サイト ブログ

  • 8:30 ~ 17:30 土日祝日/ 定休

クロス壁を、塗り壁にする方法

  • 09
  • 7月
  • 2019

現状の壁がクロスで出来ていて、そのクロス壁を
塗り壁に変更したいという場合、

方法は、いくつかあるのですが、
現状のクロスの種類や、状態によって、

作業手順が変わってくるので、
種類別に解説してみたいと思います。

また、クロス壁から、塗り壁にすること自体は難しくありませんが、
現在の壁の状態によっては、費用も変わるので、

予算と希望を照らし合わせて、決定するのが、
現実的だと思います。

クロスの状態が良かったら、剥がさない

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤坂です。
クロスと一口に言っても、ビニールもあれば、
紙や布といった自然素材のクロスもあります。

そして、現状のクロス壁の種類によって、
張り替えや塗り替えといっても、

作業手順が変わります。

まず、一番多いクロス壁は、ビニールクロスです。
「普通」に、クロスと言うと、ほぼ100%ビニールクロスだと思います。

しかし、クロス壁から、塗り壁にしたいと考えた時、
現状の壁がビニールクロスだったら、

状態さえ良ければ、自然素材クロスより、
簡単に、塗り壁に変更出来ます。

というのも、「水」を吸わないからです。

まず、現状のビニールクロスの状態が良く、
浮きや剥がれがないのであれば、

現状のクロス壁はそのままにして、
クロスの上から、塗り壁を塗ることが可能です。

浮き、ハガレが心配ならタッカー

現状のビニールクロス壁の状態が良く、
浮き、ハガレがないのであれば、

そのまま下地処理をして、仕上げ材の塗り壁を
塗ることも出来ます。

しかし、浮き、ハガレ等が心配される場合は、
剥した方が安全です。

ただ、キチンと下地に密着しているようであれば、
タッカーを多めに打ち付けておくと、

安心です。

布クロスは、剥がさないとならない

壁紙のことをクロスと言います。
クロスとは、clothのことで、

元は「布」でした。

調湿性があり、丈夫で良いのですが、
ビニールクロストと違い、水分を吸収しますので、
クロス壁から、塗り壁に変更しようとすると、

剥さないとなりません。

クロス壁から、クロス壁という選択肢

現状がクロス壁であれば、単純にクロスの張り替え
というのが、一番手軽で、スピードも速く、

費用も抑えられる工事方法です。

ただ、現状のビニールクロスを止めたい、
別のものにしたいということであれば、

クロス以外の選択肢ということになりますが、
クロス壁から、クロス壁であれば、

たとえ種類の違うクロスであっても、
比較的簡単に仕様変更が可能です。

ビニールクロスから、布クロスとか、紙クロスという選択肢もあって良いと思います。

クロスの上から塗れる塗り壁3種

アトピッコハウスには、3種類のオリジナル塗り壁がありますが、
どの塗り壁も、クロス壁の上から施工することが可能です。

ただし、製品によって、下地の処理方法が変わります。

一番標準的な塗り壁が、珪藻土塗り壁「はいから小町」です。
この製品は、下塗りは必要ありませんが、

シーラーで、下地処理をして頂きます。
こちらの目的は、主に「吸水調整」です。

そして、漆喰調に仕上がる「漆喰美人」は、
下塗り材による下地処理が必要になります。

そして、粘土系の塗り壁「パーフェクトウォール」は、
シーラー処理も、下塗りも必要ありません。

ただ、乾きが早いので、さっさと塗れないと、
あっという間に乾いて、使い物にならなくなります。

塗り壁材には、「固まる成分」が入っているものと、
乾燥すれば「硬くなる成分」とがあります。

調湿とか消臭といった塗り壁の特徴は、
各製品ごとに違いがあるので、

仕上がりのテクスチャーや、性能、価格などで、
選んで頂けると良いと思います。

いかがでしょうか?

クロス壁を塗り壁に変更する手順は、
ご理解頂けたでしょうか?

DIYで工事したいという方もいらっしゃると思いますが、
テレビで見る華々しい部分は、

ほんの一握りです。

大変だった、2度とやりたくない
という方が居る反面、

必死に土に馴染もうとする時代がありました。
DIYしたなら、プロに手伝ってもらって、

「思い出」に留められる程度が、一番いいと思います。

無料で、資料・サンプル差し上げます

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

漆喰、珪藻土、カオリンと、合計3種類の
オリジナル塗り壁材を製造販売しています。

無料の比較資料をご希望の方は、こちらからご請求頂けます。
資料請求は、こちら