» DIYのブログ記事

壁塗り替えのdiyは、難易度が高い

投稿日:2018年01月25日 作成者:

壁の塗り替えをdiyで工事したいという方もいらっしゃいますが、
古い塗り壁の上から、新しい塗り壁を塗るというのは、

プロでも難易度が高いです。

通常は、古い塗り壁を剥がしてから、
下地を整えて、新しい塗り壁を施工するという手順になります。

それでは、もし、壁の塗り替えをdiyするとしたら、
どのような手順になるのか解説してみたいと思います。

古い塗り壁の塗り替えは難しい

壁塗り替えのDIYは、難易度が高い

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤坂です。
まず初めに、古い塗り壁が、なぜ難しいかと言うと、
塗り壁が劣化すると、表面がボロボロとしてきて、

水を含んだ新しい塗り壁を塗ると、ペロッと剥がれてくるからです。

塗ってすぐに剥がれてくる場合もあれば、
塗ってしばらく経ってから剥がれてくる場合もあります。

だから、古い塗り壁は、剥がすのが基本となります。
では、古い塗り壁を剥がして、下地を整えて、

新しい塗り壁を再度塗るということが素人に出来るのでしょうか?
私は、まず無理だと思います。

もし、塗り壁をdiyしたいというのであれば、
プロに下地を整えてもらってからでないと、

難しいと思います。

まずは、下地を整える

では、下地を整えるとは、どういう作業のことを言うのでしょうか?
まずは、古い塗り壁を剥がします。

通常は、下地の石膏が出てきますが、古い塗り壁が施工された
時期によって、下地の種類も変わってきます。

もし、土壁の上に塗られたものであれば、
仕上げ材の下は、石膏が塗られていますから、

その石膏が露出するところまでは、
全部剥がす必要があります。

そして、もし、比較的新しい塗り壁であれば、
仕上げ材の下地は、石膏ボードの可能性が高いです。

この場合は、石膏ボードそのものの張替えが必要になる
場合がありますし、

その方が簡単という場合もあります。

表面の仕上げ材だけ、上手く剥がせるとしたら、
それでOKですが、やはりここでも、

表面を剥がす作業をdiyで施工するというのは、
限りなく難易度が高いことは事実です。

古い塗り壁は、剥がすのが基本

表面が硬く仕上がっていて、ボロボロしない状態である
という場合は、その仕上げ材の上から、

下塗り材を塗って、下地を整えるという方法も
ない訳ではありません。

もともと、「重ね塗り」できる塗り壁材もありますので、
現状の塗り壁材の状態次第では、

古い塗り壁を剥がさずに、そのまま下地処理、
仕上げ塗りと進んでいける場合もあると思います。

ただ、その判断はプロでも難しい所です。

もし、既存の壁を残した状態で塗り直したいという場合は、
プロに「責任施工」を依頼するか、

失敗しても、自己責任だと開き直った方がいいです。

その後、下塗りがあって仕上げ塗り

古い塗り壁を剥がして、下地処理をしたら、
あとは、普通に仕上げ塗り出来ます。

もし、壁の塗り替えをdiyしたいということであれば、
この段階で、自分が登場した方がいいかも知れません。

それまでは、プロに任せるのです。

もちろん、diyの魅力は、自身で工事出来るということのほか、
経費が抑えられるということがある訳ですが、

あとで剥がれてきては、元も子もありません。

最低、下地処理まではプロに依頼し、仕上げ塗りだけを
自分でやるというのが、お勧めです。

それに、ひと部屋だけとか、ひと壁というのは楽しいですが、
1階全部とか、建物全部という場合は、

とてもdiyで処理できる範囲ではありません。

お金を払って、プロに依頼されることを
お勧めします。

diyに関しては、プロに整えてもらった下地の上で、
部分的に作業させてもらうのがいいと思います。

剥がれてきても自己責任

自分でdiyするにしろ、プロに工事を依頼するにしろ、
古い塗り壁を剥がさずに、そのまま上に、

新しい塗り壁を塗るとしたら、剥がれてくることを
ある程度覚悟しておいた方がいいです。

そして、もし、プロの方が見て、そのまま重ね塗りしても
大丈夫そうだということであれば、

「責任施工」で、プロに工事を依頼した方が、あとが安心です。

無理にお願いをして、危ない状態の塗り壁の上に
重ね塗りして、もし、剥がれてきても、

「自己責任」だと考えないと、工事してくれる会社はありません。

もし、状態のよくない塗り壁を見せて、
塗り直したいと言ったら、大抵のプロは、

現状の仕上げ材を剥がすことを提案します。
それが普通だからです。

いかがでしょうか?

古い塗り壁を、新しい塗り壁に塗り替えることの
難易度は高いということを

ご理解頂けたでしょうか?

もし、今の壁を塗り替えたいという場合は、
まずはプロに見てもらって、

下地を整える所までは、プロに依頼し、
自分でdiyするのは、仕上げ材だけとした方がいいと思います。

あるいは、工事全てプロに依頼し、家族の思い出として、
一部分だけ、自分たちで、diyするというのが、

お勧めの方法です。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

漆喰、珪藻土、カオリンと、合計3種類の
オリジナル塗り壁材を製造販売しています。

無料の比較資料をご希望の方は、こちらからご請求頂けます。
資料請求は、こちら

漆喰か珪藻土か迷っている方、あるいは、
予算がないけど、塗り壁はあきらめたくないという方、
塗り壁選びのコツ」メール講座をご活用ください。

無料購読はこちら

カテゴリー: 壁 塗り替え diy | タグ: , , | 壁塗り替えのdiyは、難易度が高い はコメントを受け付けていません。

DIYで壁紙を、それなりに施工する方法

投稿日:2017年07月25日 作成者:

DIYで壁紙を貼るというのは、比較的難易度が高いです。
もし、プロが普通にやるような方法で、施工しようとすると、

まず、無理という結論になります。

ただし、だからと言って、絶対に出来ないという訳では
ありません。

では、どのようにすれば、DIYで壁紙を施工できるのでしょうか?
解説してみたいと思います。

壁紙を剥がすと、不陸調整が必要

自然素材壁紙は、DIY出来ない

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤坂です。
壁紙の張替えというと、まずは、既存の壁紙を
剥がすということを想像すると思います。

しかし、壁紙を剥がして、張り替えるというのは、
難易度が高く、プロの仕事の領域ということになります。

既存の壁紙を剥がすと、表面のクロスだけでなく、
裏紙も一緒に剥がれてきますし、

石膏ボードの表面紙も剥がれてきますので、
表面の「不陸調整」が必要になります。

「不陸」とは、凸凹という意味です。

裏紙が剥がれた箇所とか、残った箇所が出来るので、
パテを塗って、平らにしないとならないのです。

そこで、DIYで壁紙を張り替えるのなら、
既存の壁紙は剥がさないで、

その上から、貼ってしまうという方法もあります。

壁紙の裏紙が残ると、膨れの原因

もし、既存の壁紙の裏紙が残っていると、
新しいクロスを貼った時に、

その部分が浮いて来て、膨れます。

乾燥して、膨れが解消されればいいのですが、
ビニールクロスは、乾燥しても、

収縮しないので、壁紙の裏に糊を付けて張った段階で、
膨れが出来ていたら、その箇所は、

そのまま浮いてしまう可能性があります。

だから、壁紙を剥がして、DIYする場合は、
丁寧に壁紙の裏紙を剥がさないとならないし、

石膏ボードの表面紙を剥がしてしまった場合は、
パテ処理などをして、凸凹を解消しないとならない訳です。

剥がして貼るのは、プロの仕事

既存の壁紙を剥がしたら、絶対に、下地調整が
必要になります。

パテを2度、3度と塗って、表面を平滑にする必要が
ある訳です。

その上で、張替え用の新しい壁紙を貼ります。

いかに下地を綺麗に仕上げるかで、
仕上げの美しさが決定されます。

その意味でも、既存の壁紙を剥がして、張り替えるのは、
DIYで出来るようなものではなく、

プロの仕事と言えます。

一部屋だけとか、仕上がりの良し悪しは気にしない
というのであれば、DIYで壁紙の張替えが

出来なくもありませんが、「糊付け」の問題が残ります。

プロは、糊付け機という機械を使いますが、
これは、DIYには使えません。

ハケで、コツコツと糊付けすることになります。

DIYで壁紙を貼るなら、剥がさない

DIYで壁紙を張り替えるとしたら、
既存の壁紙を剥がさないという選択肢も

考えてみる価値があります。

つまり、既存の壁紙の上に、そのまま、新しい壁紙を
貼るのです。

ホームセンターに行くと、あらかじめ糊の付いた
ビニールクロスなどが売られていますので、

それを使う訳です。

但し、紙壁紙とか、布壁紙といった「吸水性」のある
自然素材の壁紙は、「糊付き」の製品がありません。

糊付きが売られているのは、水分の影響で、
伸縮しない(つまり吸湿しない)ビニールクロスしかないのです。

だから、自然素材の壁紙にしたいというニーズの方には、
DIYで壁紙を張り替えるというのは、

より一層難易度が上がるということになるのです。

糊の付いたクロスを使う

ビニールクロスでも問題が無い、そして、
自分でDIYしたいという場合は、

迷うことなく、ホームセンターで、糊付きのビニールクロスを買ってきて、
既存の壁紙の上から、貼るべきだと思います。

そして、仕上がりの出来不出来を気にしないことです。

壁紙の張替えは、DIYで工事できるほど、
簡単なものではありません。

少ない面積なら、なんとか頑張れても、
大きな部屋一部屋なんて、とても無理だと思います。

いかがでしょうか?

それでも、DIYで壁紙を張替えたいということであれば、
既存の壁紙を剥がさないで、

その上から、ホームセンターで売っている
糊付きのビニールクロスを貼るべきだと思います。

但し、吸湿性のある自然素材クロスには、糊付きの製品はないので、
もし、自然素材の壁紙を希望される場合は、

プロに張替え工事をお願いしないとなりません。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

漆喰、珪藻土、カオリンと、合計3種類の
オリジナル塗り壁材を製造販売しています。

無料の比較資料をご希望の方は、こちらからご請求頂けます。
資料請求は、こちら

漆喰か珪藻土か迷っている方、あるいは、
予算がないけど、塗り壁はあきらめたくないという方、
塗り壁選びのコツ」メール講座をご活用ください。

無料購読はこちら

カテゴリー: DIY 壁紙 | タグ: , | DIYで壁紙を、それなりに施工する方法 はコメントを受け付けていません。

壁のクロスの模様替えヒント

投稿日:2016年01月21日 作成者:

こんにちは!
漆喰・珪藻土・塗り壁ブログを運営している
アトピッコハウス㈱、自然素材のパイオニア後藤坂です。

壁のクロスの模様替えと言えば、
クロスの張替えが、一番簡単です。

壁のクロスの模様替え

しかし、ビニールクロスを剥がして、
ビニールクロスを張るのでは、

味気もないし、あまり変化もしない。

それに、古くなった壁クロスを剥がすのも、
手間暇も経費もかかる。

壁のクロスを新しくするといっても、
必ずしも剥がす必要はないし、

クロスにしないといけない訳ではない。

壁のクロスを模様替えしたいのであれば、
現状のクロスを剥がさないでおいて、

その上から、「塗り壁材」を塗ってしまうというのも、
選択肢の一つとして考えていい。

最近では、ビニールクロスの上から、
直接塗れる塗り壁材も沢山売られているので、

予算と目的に合わせて、
塗り壁にするという選択肢を考えていいかも知れない。

また、壁のクロスを塗り壁に模様替えするとしても、
自分でdiyする方法と、プロに工事を依頼する場合とがある。

ただ、「お金がないから」diyするというのは、
お勧めできません。

1部屋だけなら、それほどではありませんが、
広い面積をdiyするというのは、

結構つらく厳しい作業になります。

ただ調湿性能や消臭性能といった
塗り壁特有の「機能」を期待しないというのであれば、

ホームセンターなどで売られている
diy用の塗り壁材を選ぶというのも「手」です。

調質性能に優れたプロ用の塗り壁材は、
水を加えて練ったり、

それ用の道具を用意したりと、それなりに大変です。

ところが、diy用の塗り壁材は、
あらかじめ練った状態で届くので、

「練る」作業が必要ありません。

しかも、少ない量で梱包されているタイプもあるので、
その点でも、diy向きと言えると思います。

ただ、調湿性能とか消臭性能は期待しない方がいいです。

なんとかく塗り壁風になったという点だけで、
納得して頂くということですね。

格好いい仕上がりとか、本物の塗り壁が作り出す
気持ちのいい空間を期待するなら、

多少大変でも、本物の塗り壁を塗った方がいいし、
格好よく仕上げたいなら、

プロの塗り壁職人さんに依頼した方がいいと思います。

アトピッコハウスでは、3種類の塗り壁材を
製造販売しています。

漆喰調の塗り壁材「漆喰美人」と、珪藻土塗り壁「はいから小町」、
粘土系の塗り壁「パーフェクトウォール」です。

漆喰美人と、はいから小町は、diyも出来ます。
ただ、プロ用の塗り壁なので、

粉の状態から、自分で水を加えて、練らないとなりません。
diyとしては、難易度が高いと思いますね。

だから、お手軽に「塗り壁風」にしたいということであれば、
やはり、ホームセンターのdiyコーナーで売られている
あらかじめ練られている製品を採用されたら、いいと思います。

調質性能がどうのとか、消臭性能がどうと、
あまり欲張らないでください。

性能に関しては、それなりです。
そして、価格も多少割高になります。

それも仕方がないと思います。

少ない量で梱包して、大勢の人手を使って
売っている商品です。

高くなる筈です。

私は塗り壁は、diyせずに、プロに依頼すべきだと思っています。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

漆喰、珪藻土、カオリンと、合計3種類の
オリジナル塗り壁材を製造販売しています。

無料の比較資料をご希望の方は、こちらからご請求頂けます。
資料請求は、こちら

漆喰か珪藻土か迷っている方、あるいは、
予算がないけど、塗り壁はあきらめたくないという方、
塗り壁選びのコツ」メール講座をご活用ください。

無料購読はこちら

カテゴリー: 壁のクロス | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 壁のクロスの模様替えヒント はコメントを受け付けていません。

漆喰の販売のされ方に問題はないのか

投稿日:2015年10月22日 作成者:

こんにちは!
漆喰・珪藻土・塗り壁ブログを運営している
アトピッコハウス㈱、自然素材のパイオニア後藤坂です。

漆喰は調湿建材ではありません
それに、DIYにも向いていません

DIYなら、珪藻土

漆喰は、調湿が高いと思っている人は多いと思います。
また漆喰を販売している業者さんも、

漆喰は調湿性が高い塗り壁材だとして、
販売していると思います。

しかし、一般的な漆喰の調湿量は、
40g程度なので、

JIS規格の評価でいうと、
調湿性のある建材とは言えません。

では、なぜ、漆喰が調湿建材だと思われているのか
というと、

昔の漆喰壁は、下地が「土壁」だったからです。

15cmとか、20cmといった壁全体が、
調湿する素材だったために、

表面に塗ってある漆喰自身が調湿しているような
印象を持ってしまったのです。

しかし、実際には、漆喰そのものは、
決して調湿性の高い素材では、

ありません。

だから、調湿性能を期待して、漆喰を選ぶのだとしたら、
「ちょっと待って~」という感じになるのです。

また、漆喰の施工はプロでも難しいです。

簡単にDIY出来ますという漆喰は、
実は「本漆喰」ではなく、

漆喰調に仕上がる塗り壁というカテゴリーになります。

漆喰の特徴は、漆喰調と呼ばれる
フラットで、ツルっと仕上がった意匠性だと思います。

もし、その意匠性で、漆喰をDIYしたいというのであれば、
漆喰調塗り壁がいいと思います。

アトピッコハウスにも、漆喰調の塗り壁があって、
「漆喰美人」と言いますが、

DIYで施工することも出来ます。

調湿性能は、94gあるので、一般的な漆喰の
2倍以上の調湿性能です。

しかし、漆喰美人は、「下塗り」と言う下地処理が
必須なので、

DIY用として売られている製品よりも、
施工が難しいです。

なので、簡単にDIYしたいという場合は、
ホームセンターなどに売られている

漆喰調塗り壁を選択されるといいと思います。

アトピッコハウスの漆喰調塗り壁は、
モンモリロナイトという化粧品などにも使われる

消臭効果の高い粘土の1種を主原料にした
漆喰調塗り壁です。

調湿性能が高いことに加えて、
消臭性能も高い塗り壁材です。

ただし、下塗りが必要だから、
多少面倒だし、

水を加えて練らないといけないので、
最初から練ってある製品よりも、

手間がかかります。

だから、20色の中から選びたいとか、
調湿性能や消臭性能の高い

漆喰調に仕上がる塗り壁を希望するという方には
向いていると思いますが、

簡単に、なんとなく漆喰調になればいいと
考える方には、

多少ハードルが高いかも知れません。

漆喰の購入をお考えであれば、
それらのことも考えて、漆喰を販売している
お店なり、サイトを探されるといいと思います。

アトピッコハウスの漆喰美人は、
20色のカラーバリエーションがあって、

調湿性能は、漆喰の2倍程度、
消臭性能もあって、

様々な仕上げパターンを楽しめる
本格的な漆喰調塗り壁です。

DIYできなくはないですが、
プロに工事を依頼されることをお勧めします。

DIYの手間暇を楽しめる方はいいのですが、
広い面積をDIYするのは、

結構大変です。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

漆喰、珪藻土、カオリンと、合計3種類の
オリジナル塗り壁材を製造販売しています。

無料の比較資料をご希望の方は、こちらからご請求頂けます。
資料請求は、こちら

漆喰か珪藻土か迷っている方、あるいは、
予算がないけど、塗り壁はあきらめたくないという方、
塗り壁選びのコツ」メール講座をご活用ください。

無料購読はこちら

カテゴリー: 漆喰 販売 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 漆喰の販売のされ方に問題はないのか はコメントを受け付けていません。

珪藻土塗りを楽しめるか?

投稿日:2015年08月06日 作成者:

こんにちは!
漆喰・珪藻土・塗り壁ブログを運営している
アトピッコハウス㈱、自然素材のパイオニア後藤坂です。

珪藻土塗りを楽しめるかどうかは、理由によります。

珪藻土塗り

今から新築もしくは、リフォームするとしたら、
塗り壁を希望しますか?

と、ユーザーさん3000人に聞きました。

167人の人がアンケートに回答してくれ、
96%の人が、「塗り壁を希望する」と回答しました。

しかし、予算とか建築会社との関係によって、
最終的に断念される方も少なくありません。

予算が足りないから、
自分達で、DIYするという選択肢もありますが、

「塗ってみたい」
「思い出にしたい」

といった理由ではなく、費用を抑えるために、
DIYを選択した方というのは、

作業が楽しくないかも知れません。

もし、予算はないけど塗り壁にしたいという場合は、
他を削ってでも、予算を捻出した方がいいと思います。

珪藻土塗りのDIYは、準備、片づけが、
意外と面倒だし、大変です。

それに、自分達で塗ったものを「味」だと考えられる
のなら兎も角、

綺麗に仕上げたい、格好よくしたいというのであれば、
やはりプロの左官職人さんに依頼した方がいいと思います。

私が実施したアンケートでは、
プロの塗り壁職人さんではなく、

大工さんの空き時間に、
そこそこの品質の塗り壁を施工してもらって、

工務店の差別化に使ってもらって、
お客様にも得をして頂こうと考えた訳ですが、

大工さんに工事を依頼することに
不安を感じる人と、不安を感じない人が、

ほぼ半々でした。

不安を感じないという方の方が若干多い感じでしたが、
どうせ塗り壁にするのなら、

専門の職人さんに任せて、
キチンとやってもらいたいという声も、

ありましたし、自分でやるという声もありました。

つまり、自分で塗りたい、DIYしたいという場合、
その理由が「楽しみたい」ということであればいいのですが、

経費を抑えたいとか、
予算がないという場合は、

辛くなるし、満足度も高くないと思います。

ただ、自分でやるDIYなら、
多少失敗しても、「味」として容認できても、

人に依頼して塗り壁にしてもらう場合は、
そこそこの仕上がりを要求するし、

出来が悪いと、容認できないようです。

ただ、96%の人が塗り壁を希望していても、
予算的に厳しくて、

ビニールクロスと比較したコストアップは、
2倍程度以内を希望されていました。

ビニールクロスと比較して、2倍以内の金額で施工できる
塗り壁というものは、ほとんどないと思います。

とすると、「施工面積」を少なくするか、
「諦める」という選択肢が、

一番多くなってしまうのかも知れません。

私としては、キッチンのグレードを1ランク落とすとか、
家を1坪小さく作るといった工夫をすればいいと思うのですが、
自然素材の魅力や価値を

キチンと理解していない人は、
簡単に諦めてしまうようで勿体ないです。

DIYを楽しめる方は、DIYでもいいと思うし、
納得の仕上がりを期待したいのであれば、

やはり、それなりの金額を出して、
プロの塗り壁職人さんに依頼してもらった方が
いいと思いますね。

アトピッコハウスでは、もう少し工夫して、
塗り壁をリーズナブルな価格で

提供できるように考えてみたいと思っています。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

漆喰、珪藻土、カオリンと、合計3種類の
オリジナル塗り壁材を製造販売しています。

無料の比較資料をご希望の方は、こちらからご請求頂けます。
資料請求は、こちら

漆喰か珪藻土か迷っている方、あるいは、
予算がないけど、塗り壁はあきらめたくないという方、
塗り壁選びのコツ」メール講座をご活用ください。

無料購読はこちら

カテゴリー: 珪藻土塗り | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 珪藻土塗りを楽しめるか? はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ:0467-33-4210(受付時間:平日8:30 ~ 17:30)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

エコ建材メーカー、アトピッコハウスの創業社長。著書に「+500円で自然素材の家が建つ!」がある。新聞掲載155回以上、テレビ・ラジオ出演、講演実績多数、自然素材開発のパイオニアを自認。珪藻土、漆喰、壁紙、無垢材、畳などのオリジナル健康建材を製造販売。アトピッコハウスは、自然素材の内装建材が一通り揃う小さな専門メーカー。

パーフェクトウォール 内装用カオリンの壁
塗り壁選びのコツ(メール講座全7回)

Calendar

2018年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

Facebook(後藤 坂)

Facebook(後藤 裕美)

twitter

  • ユーザー向け
  • goto hiromi
  • プロ向け
  • goto saka

facebook

RSSで読む

YouTube アトピッコハウスのチャンネル

最近の投稿

カテゴリー