» 砂壁のブログ記事

砂壁や漆喰をリフォームするには?

投稿日:2017年05月12日 作成者:


古い家をリフォームする際、現状の壁が
砂壁や漆喰ということがあります。

表面を触ると、ボロボロしていて、このまま上に
塗り重ねていいのやら、

どうやってリフォームしたらいいのか迷うと思います。
そこで、砂壁や漆喰の壁をリフォームする際に、

注意事項等を書いてみたいと思います。

削り落として、剥がすのが基本

砂壁も漆喰も一旦剥がす

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤坂です。
古い家の砂壁や漆喰を新しい「塗り壁」に変更したいという場合、
まずは、現状の壁を剥がして頂くというのが、

基本になると思います。

剥がして、下塗りして、それから、
新しい「仕上げ材」を塗る訳です。

ボロボロしていたら、絶対に剥がす

もし、砂壁や漆喰の表面を触ってボロボロしていたら、
間違いなく剥がさないと、失敗します。

何が怖いかというと、ボロボロしている状態の
砂壁や漆喰の上から、新しい材料を塗り重ねると、

ペロっと剥がれて来るのです。

その意味でも、古い砂壁や漆喰は、一旦剥がしてから、
下地を整えて、塗り直す必要がある訳です。

状態が良ければ、重ね塗り

古い砂壁や、漆喰は、「剥がす」のが基本ではありますが、
触ってボロボロしない、白くならないということであれば、

そのまま古い砂壁や漆喰の上に、
下塗り材を塗って、下地を固めて、

仕上げても、上手くいく場合があるかも知れません。

だけど、「危険」であることは確かなので、
専門家の人に判断してもらって、

自己責任でやるということになります。

プロに聞いたら、古い砂壁や漆喰は、
剥がす必要があると言う筈です。

もし、剥がれてきたら、「責任問題」に発展するからです。

砂壁にしろ、漆喰にしろ、表面の仕上げ部分は、
1mm、2mmの厚さです。

「剥がす」手間暇は、余計な工賃であることは確かです。
しかも、ものすごいホコリが立つので、

出来れば剥がさないで、工事を進めたい気持ちにもなります。
でも、安全を考えたら、古い仕上げ材は剥がしておいた方が
無難ということになります。

ボードを貼るという方法もある

古い砂壁や漆喰を剥がさないで、その上に、
新規の石膏ボードを貼って、下地を作るという方法もあります。

特に、「塗り壁から塗り壁」ではなく、
「塗り壁からクロス」に変更するような場合は、

柱を含めて、古い壁全部を覆い隠して、
新しい仕上げ材を塗るなり、貼るなりという
作業をする訳です。

これだと、ホコリもたたないし、作業も簡単です。

しかし、石膏ボードの厚みは、12mmほどあるし、
柱を隠す形になるので、

それも含めて、部屋が若干狭くなるという欠点がありますので、
どちらがいいかは、判断する必要があります。

下地を整えることが最重要

古い砂壁や漆喰を、珪藻土その他の
新しい「塗り壁」にしたいという場合は、

まずは、現状の壁の「下地を整える」ことが最も大事です。

下地が整っていないと、新しい塗り壁材も
塗れませんし、仕上げることが出来ないからです。

古い砂壁や、漆喰は、剥がすことが基本です。

いかがでしょうか?

古い砂壁や漆喰を塗り替える場合は、
一旦、「表面部分」の仕上げ材を剥がして、

下地を整えてから、新しい「仕上げ材」を塗らないとならない
ということがご理解頂けたでしょうか?

アトピッコハウスでは、アク止め効果の高い、
下塗り材「下塗革命」を製造販売しており、

割と状態のいい古い塗り壁なら、
剥がさず上から塗って仕上げることが出来る場合があります。

ただし、それも絶対大丈夫と約束できる性能ではないので、
現場での判断ということになります。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

資料のご希望の方は、こちらからご請求頂けます。

資料請求は、こちら

漆喰か珪藻土か迷っている方、あるいは、
予算がないけど、塗り壁はあきらめたくないという方、
塗り壁選びのコツ」メール講座をご活用ください。

無料購読はこちら

カテゴリー: 砂壁 漆喰 | タグ: , | 砂壁や漆喰をリフォームするには? はコメントを受け付けていません。

砂壁や漆喰の塗り直しは?

投稿日:2014年10月14日 作成者:


こんにちは!
漆喰・珪藻土・塗り壁ブログを運営している
アトピッコハウス㈱、自然素材のパイオニア後藤坂です。

砂壁や漆喰の塗り直しには、コツが必要です。

砂壁、漆喰壁の塗り直し

まず表面を触って、ボロボロしたら、
基本的に表面の砂壁や漆喰は、

一旦剥がさないとなりません。

そのあとで、下地調整をしてから、仕上げ材を
塗るという手順になります。

これは、アトピッコハウスの塗り壁材を
ご採用頂く場合も同じですね!

ただ、うちには、下塗革命という下塗り材や、
パーフェクトウォールという仕上げ材があるので、

多少手順が簡単かも知れません。

下塗革命は、漆喰美人を施工する際の下塗り材として
開発した製品ですが、

アク止め効果が高いので、
アクの染み出しが心配されるリフォームや、
砂壁や漆喰の塗り直し等に、効果を発揮します。

原理は、アクを「吸い出して」「固める」ので、
表面にアクが浮いてきたように見えて、

実は、それでアクが止まっている場合が多いのです。

そして、パーフェクトウォールという塗り壁材は、
下塗革命をベースにして開発した仕上げ材なので、

アク止め効果が高く、下地調整と、仕上げの
2つの材料を兼ねることが出来ます。

ボロボロした砂壁や、漆喰は、一旦剥がさないとなりませんが、
そうでなければ、

現状の塗り壁の上から直接塗れるのです。

まず、全体に塗って、その後、重ね塗りしていけば、
それで完成します。

ただ、塗りながら仕上げていく材料なので、
素人の方だと、ちょっと手におえないと思います。

だから、DIYには向いていないし、
プロにしか販売もしていません。

砂壁や漆喰のリフォームや塗り直しは、
難易度が高いので、

プロに依頼した方がいいと思います。

また古い漆喰や珪藻土は、たとえボロボロしていなくても、
水を含むと浮いてくる可能性もあるので、

注意が必要です。

下塗革命や、パーフェクトウォールは、
原料にピュアアクリルを含んでいるので、
古い壁を固めてくれる性質がある訳ですが、

それでも、古い砂壁や漆喰壁を剥がさずに、
そのまま上から塗れるかどうかは、

プロの判断ということになります。

古い砂壁や漆喰壁は、
剥がしたら剥がしたで、

下地調整が大変なので、
もし、DIYできる珪藻土や漆喰などで仕上げるとしても、
素人には厳しいと思います。

最低、下地作りまではプロの方にやってもらって、
もし、DIYしたのなら、

完璧な下地ができたあと、やらせてもらえばいいと思います。

ただ、DIYも想い出として、ほんの少量やるのなら、
楽しいかも知れませんが、

家全体を塗ろうと思うと、相当に大変な作業になります。

プロに頼んで、部分的に塗らせてもらう。
そんな程度がいいと思いますね!

アトピッコハウスの製品でDIY可能な製品は、
珪藻土塗り壁「はいから小町」と、花の塗り壁「漆喰美人」の
2種類です。

でも、砂壁や漆喰の上に塗る場合は、
どちらも「下塗革命」で「下地処理」をして頂く必要があるので、
やはりDIYは難しいかも知れません。

古い砂壁や漆喰壁は剥がさずに、
その上に、石膏ボードを張って、

新規に塗りなおすという方法もあるので、
これなら新築と同じ手順で工事も出来ます。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

珪藻土塗り壁「はいから小町」の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

漆喰か珪藻土か迷っている方、あるいは、
予算がないけど、塗り壁はあきらめたくないという方、
塗り壁選びのコツ」メール講座をご活用ください。

無料購読はこちら

カテゴリー: 自然素材の家 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 砂壁や漆喰の塗り直しは? はコメントを受け付けていません。

砂壁のリフォームで、剥がさない選択肢

投稿日:2014年03月18日 作成者:


こんにちは!
漆喰・珪藻土・塗り壁ブログを運営している
アトピッコハウス㈱、自然素材のパイオニア後藤坂です。

砂壁をリフォームするとしたら、
一旦、壁を剥がすことが基本になると思います。

砂壁のリフォーム

これは、じゅらくと呼ばれる土壁の場合であっても、
ペンキであっても同じことです。

砂壁や土壁であれば、
ボロボロ崩れてくるような壁の上に、
塗り替え用の新しい製品を塗っても、

剥がれてくる危険性があるのです。

また繊維壁と呼ばれる「土壁に見える」素材も、
同様に剥がれてくる危険性があります。

塗り壁という製品は、
水で練って使う商品なので、

その水分が飛んだ状態になって
完成する訳ですが、

砂壁のリフォームのように、
現状に砂壁が塗られている上に、

水で練った材料を塗ると、
一旦、壁に染み込みます。

すると、ボロボロと剥がれ落ちてくる
可能性があるのです。

アトピッコハウス製品を施工する場合であっても、
砂壁や、土壁をリフォームする場合は、

既存の古い壁を一旦剥がすのが、
基本です。

ただ、現状の古い壁の状態が良ければ、
剥がさずに、「そのまま」重ね塗りして、

成功する場合も、あります。

ただし、こちらは、
パーフェクトウォールという製品限定です。

こちらの商品は、
アク止め効果の高い下塗り材として開発された
「下塗革命」という商品をベースにしており、

下塗りと、仕上げを兼ねています。

開発の段階では、
古い土壁や、古いペンキの上から塗るといった
過酷な試験も致しました。

たまたま、テスト施工した現場では、
問題なく仕上りました。

しかし、だからといって、
ボロボロと剥がれてきているような

砂壁、土壁等のリフォームで、
直接塗れます。といったようなことを

メーカーとして公言する訳にはいきません。

また、既存の壁の上に、直接仕上げ材を塗るというのは、
まず無理だと考えて頂いて、

下塗りの工程を挟むべきだと思います。

アトピッコハウス製品であれば、
下塗革命で下塗りして、
その後、はいから小町や、漆喰美人を塗る。

あるいは、パーフェクトウォールで下塗りをして、
再度、パーフェクトウォールを仕上げ塗りする
といった流れになると思います。

施工後、直ぐに剥がれて来なかったら、
成功しているという解釈で問題ないと思うので、

既存の砂壁や土壁を、剥がさずに、
塗り直したいとお考えなら、

目立たない、少しの面積で試してみて、
問題ないようなら、

全面的に塗ってみればいいと思います。

おそらく、既存の壁を剥がさずに、
新しい塗り壁を塗りたいというニーズは、

経費を抑えたいということだと思います。

可能であれば、既存の砂壁や、土壁は剥がさず、
直接、重ね塗りした方が、

安く仕上ることは間違いないのです。

ただ、既存の古い壁の上に塗っても、
剥げないかどうかは、

現場判断ということになりますね!

剥がした方が安全ですが、
その分、手間も費用もかかります。

かといって、剥がれてくるかも知れないのに、
全面施工は危険だと思います。

ボロボロしていたら、
剥がして、塗りかえる。

これが一番だと思います。

漆喰か珪藻土か迷っている方、あるいは、
予算がないけど、塗り壁はあきらめたくないという方、
塗り壁選びのコツ」メール講座をご活用ください。

無料購読はこちら

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

パーフェクウォールのご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 砂壁 リフォーム | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 砂壁のリフォームで、剥がさない選択肢 はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ:0467-33-4210(受付時間:平日8:30 ~ 17:30)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

エコ建材メーカー、アトピッコハウスの創業社長。著書に「+500円で自然素材の家が建つ!」がある。新聞掲載155回以上、テレビ・ラジオ出演、講演実績多数、自然素材開発のパイオニアを自認。珪藻土、漆喰、壁紙、無垢材、畳などのオリジナル健康建材を製造販売。アトピッコハウスは、自然素材の内装建材が一通り揃う小さな専門メーカー。

パーフェクトウォール 内装用カオリンの壁
塗り壁選びのコツ(メール講座全7回)

Calendar

2017年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Facebook(後藤 坂)

Facebook(後藤 裕美)

twitter

  • ユーザー向け
  • goto hiromi
  • プロ向け
  • goto saka

facebook

RSSで読む

YouTube アトピッコハウスのチャンネル

最近の投稿

カテゴリー