» 漆喰のブログ記事

砂壁や漆喰をリフォームするには?

投稿日:2017年05月12日 作成者:


古い家をリフォームする際、現状の壁が
砂壁や漆喰ということがあります。

表面を触ると、ボロボロしていて、このまま上に
塗り重ねていいのやら、

どうやってリフォームしたらいいのか迷うと思います。
そこで、砂壁や漆喰の壁をリフォームする際に、

注意事項等を書いてみたいと思います。

削り落として、剥がすのが基本

砂壁も漆喰も一旦剥がす

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤坂です。
古い家の砂壁や漆喰を新しい「塗り壁」に変更したいという場合、
まずは、現状の壁を剥がして頂くというのが、

基本になると思います。

剥がして、下塗りして、それから、
新しい「仕上げ材」を塗る訳です。

ボロボロしていたら、絶対に剥がす

もし、砂壁や漆喰の表面を触ってボロボロしていたら、
間違いなく剥がさないと、失敗します。

何が怖いかというと、ボロボロしている状態の
砂壁や漆喰の上から、新しい材料を塗り重ねると、

ペロっと剥がれて来るのです。

その意味でも、古い砂壁や漆喰は、一旦剥がしてから、
下地を整えて、塗り直す必要がある訳です。

状態が良ければ、重ね塗り

古い砂壁や、漆喰は、「剥がす」のが基本ではありますが、
触ってボロボロしない、白くならないということであれば、

そのまま古い砂壁や漆喰の上に、
下塗り材を塗って、下地を固めて、

仕上げても、上手くいく場合があるかも知れません。

だけど、「危険」であることは確かなので、
専門家の人に判断してもらって、

自己責任でやるということになります。

プロに聞いたら、古い砂壁や漆喰は、
剥がす必要があると言う筈です。

もし、剥がれてきたら、「責任問題」に発展するからです。

砂壁にしろ、漆喰にしろ、表面の仕上げ部分は、
1mm、2mmの厚さです。

「剥がす」手間暇は、余計な工賃であることは確かです。
しかも、ものすごいホコリが立つので、

出来れば剥がさないで、工事を進めたい気持ちにもなります。
でも、安全を考えたら、古い仕上げ材は剥がしておいた方が
無難ということになります。

ボードを貼るという方法もある

古い砂壁や漆喰を剥がさないで、その上に、
新規の石膏ボードを貼って、下地を作るという方法もあります。

特に、「塗り壁から塗り壁」ではなく、
「塗り壁からクロス」に変更するような場合は、

柱を含めて、古い壁全部を覆い隠して、
新しい仕上げ材を塗るなり、貼るなりという
作業をする訳です。

これだと、ホコリもたたないし、作業も簡単です。

しかし、石膏ボードの厚みは、12mmほどあるし、
柱を隠す形になるので、

それも含めて、部屋が若干狭くなるという欠点がありますので、
どちらがいいかは、判断する必要があります。

下地を整えることが最重要

古い砂壁や漆喰を、珪藻土その他の
新しい「塗り壁」にしたいという場合は、

まずは、現状の壁の「下地を整える」ことが最も大事です。

下地が整っていないと、新しい塗り壁材も
塗れませんし、仕上げることが出来ないからです。

古い砂壁や、漆喰は、剥がすことが基本です。

いかがでしょうか?

古い砂壁や漆喰を塗り替える場合は、
一旦、「表面部分」の仕上げ材を剥がして、

下地を整えてから、新しい「仕上げ材」を塗らないとならない
ということがご理解頂けたでしょうか?

アトピッコハウスでは、アク止め効果の高い、
下塗り材「下塗革命」を製造販売しており、

割と状態のいい古い塗り壁なら、
剥がさず上から塗って仕上げることが出来る場合があります。

ただし、それも絶対大丈夫と約束できる性能ではないので、
現場での判断ということになります。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

資料のご希望の方は、こちらからご請求頂けます。

資料請求は、こちら

漆喰か珪藻土か迷っている方、あるいは、
予算がないけど、塗り壁はあきらめたくないという方、
塗り壁選びのコツ」メール講座をご活用ください。

無料購読はこちら

カテゴリー: 砂壁 漆喰 | タグ: , | 砂壁や漆喰をリフォームするには? はコメントを受け付けていません。

漆喰と珪藻土の価格の違い

投稿日:2017年01月26日 作成者:


漆喰にしようか、珪藻土にしようかと、
迷う人は多いと思います。

その主な原因は、意匠性や機能性、
そして、価格だと思います。

ここでは、漆喰と珪藻土の違いを含め、
価格の話を取り上げてみたいと思います。

注意しないとならないのは、漆喰は、イメージほどには、
調湿性能は高くないということです。

もし、仕上がりの意匠性は兎も角、調湿性能を
期待して塗り壁にするのなら、

漆喰ではなく、珪藻土にした方が、間違いなく
期待に添うと思うのです。

漆喰と珪藻土の違い

珪藻土塗り壁「はいから小町」の施工事例

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤坂です。
漆喰は、消石灰に、糊や、接着剤などを混ぜて、
壁や天井に塗る白い塗り壁です。

内装にも外装にも使えます。

そして、珪藻土は、珪藻(けいそう)と呼ばれる
植物性プランクトンの化石が堆積した土を
原料にした内装用の塗り壁です。

外装などには使えません。

主な違いは、仕上がりの意匠性と、
調湿機能などの性能の違いだと思います。

漆喰は、ツルっとした感じに仕上がり、
珪藻土は、ツブツブとした感じに仕上がります。

そして、調湿性能に関しては、圧倒的に珪藻土に
軍配があがります。

材料と、施工費で価格が決まる

そして、価格に関しては、材料費と、施工費で
構成されていますので、

材料費が安くても、手間暇のかかる塗り壁であれば、
合計の価格は高くなるという仕組みになっています。

昔ながらの漆喰は、「本漆喰」と呼ばれますが、
材料費そのものは、決して高いものではありません。

むしろ、本漆喰の材料費は安いと言えます。

しかし、本漆喰の施工は、恐ろしく面倒で、
難しいため、施工賃は、高くなります。

結果として、施工が簡単な珪藻土の方が、
合計の価格が安いということになります。

材料が安くても施工が高い場合がある

つまり、材料代が安くても、施工賃が高くついたら、
漆喰にしても、珪藻土にしても、

材料と、工事費の合計の価格は、高くつく
ということになるのです。

本漆喰なんかの場合は、一番顕著だと思います。

材料代は信じられないほど安いのに、
工事代金が高くなるので、
珪藻土の塗り壁よりも、高くなる場合が多いのです。

施工手順も、大きく影響する

珪藻土や漆喰の価格を決定する要素は、
施工手順にもよります。

珪藻土にしても、漆喰にしても、
一般的には、下塗りという下地処理の手順が必要になります。

つまり、下地作りをしないと、
仕上げの漆喰や珪藻土を塗れないのです。

「お化粧」と同じですね!

まず、ファンデーションなどを塗って、
下地を作ります。

その後、お粉をはたく訳ですよね!

下地が綺麗に整っていると、
仕上がりが美しくなります。

ただし、そのための手間暇や材料費が
全て、価格に影響するという訳です。

塗り壁を安くする方法

漆喰にしても、珪藻土にしても、
塗り壁の価格を安くしようと思うと、

材料の価格が安いこともさることながら、
施工が簡単であることが、

とても重要な要素になります。

下地処理が簡単で、作業性が良ければ、
工事は、どんどん進んで、

結果価格も安くなるということです。

いかがでしょうか?

漆喰にしても、珪藻土にしても、
材料代だけではなく、下地処理の必要性また、
作業性の難易度、そんなことによって、

価格が決定するということをご理解
いただけたでしょうか?

アトピッコハウスでは、珪藻土塗り壁「はいから小町」、
漆喰調塗り壁「漆喰美人」、そして、
カオリンの壁「パーフェクトウォール」という

3種類の塗り壁を扱っています。

珪藻土塗り壁「はいから小町」は、プロの施工であれば、
下塗りを必要としません。

シーラー処理だけでOKです。

但し、漆喰調塗り壁「漆喰美人」は、下塗りを必要
としますので、漆喰美人の方が、

はいから小町よりも、価格が高くなります。

そして、カオリンの壁「パーフェクトウォール」は、
漆喰でも、珪藻土でもありませんが、

もともと下地材をベースに開発した製品なので、
下塗りを必要としません。

シーラー処理もいりません。

プロにとっては、作業性もいい素材に加え、
材料費も安いので、

予算が厳しいけど、塗り壁にしたいという場合は、
便利に使って頂けます。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

珪藻土塗り壁「はいから小町」の資料のご請求は、こちらです。

資料請求は、こちら

漆喰か珪藻土か迷っている方、あるいは、
予算がないけど、塗り壁はあきらめたくないという方、
塗り壁選びのコツ」メール講座をご活用ください。

無料購読はこちら

カテゴリー: 漆喰 珪藻土 価格 | タグ: , , | 漆喰と珪藻土の価格の違い はコメントを受け付けていません。

壁のクロスの模様替えヒント

投稿日:2016年01月21日 作成者:


こんにちは!
漆喰・珪藻土・塗り壁ブログを運営している
アトピッコハウス㈱、自然素材のパイオニア後藤坂です。

壁のクロスの模様替えと言えば、
クロスの張替えが、一番簡単です。

壁のクロスの模様替え

しかし、ビニールクロスを剥がして、
ビニールクロスを張るのでは、

味気もないし、あまり変化もしない。

それに、古くなった壁クロスを剥がすのも、
手間暇も経費もかかる。

壁のクロスを新しくするといっても、
必ずしも剥がす必要はないし、

クロスにしないといけない訳ではない。

壁のクロスを模様替えしたいのであれば、
現状のクロスを剥がさないでおいて、

その上から、「塗り壁材」を塗ってしまうというのも、
選択肢の一つとして考えていい。

最近では、ビニールクロスの上から、
直接塗れる塗り壁材も沢山売られているので、

予算と目的に合わせて、
塗り壁にするという選択肢を考えていいかも知れない。

また、壁のクロスを塗り壁に模様替えするとしても、
自分でdiyする方法と、プロに工事を依頼する場合とがある。

ただ、「お金がないから」diyするというのは、
お勧めできません。

1部屋だけなら、それほどではありませんが、
広い面積をdiyするというのは、

結構つらく厳しい作業になります。

ただ調湿性能や消臭性能といった
塗り壁特有の「機能」を期待しないというのであれば、

ホームセンターなどで売られている
diy用の塗り壁材を選ぶというのも「手」です。

調質性能に優れたプロ用の塗り壁材は、
水を加えて練ったり、

それ用の道具を用意したりと、それなりに大変です。

ところが、diy用の塗り壁材は、
あらかじめ練った状態で届くので、

「練る」作業が必要ありません。

しかも、少ない量で梱包されているタイプもあるので、
その点でも、diy向きと言えると思います。

ただ、調湿性能とか消臭性能は期待しない方がいいです。

なんとかく塗り壁風になったという点だけで、
納得して頂くということですね。

格好いい仕上がりとか、本物の塗り壁が作り出す
気持ちのいい空間を期待するなら、

多少大変でも、本物の塗り壁を塗った方がいいし、
格好よく仕上げたいなら、

プロの塗り壁職人さんに依頼した方がいいと思います。

アトピッコハウスでは、3種類の塗り壁材を
製造販売しています。

漆喰調の塗り壁材「漆喰美人」と、珪藻土塗り壁「はいから小町」、
粘土系の塗り壁「パーフェクトウォール」です。

漆喰美人と、はいから小町は、diyも出来ます。
ただ、プロ用の塗り壁なので、

粉の状態から、自分で水を加えて、練らないとなりません。
diyとしては、難易度が高いと思いますね。

だから、お手軽に「塗り壁風」にしたいということであれば、
やはり、ホームセンターのdiyコーナーで売られている
あらかじめ練られている製品を採用されたら、いいと思います。

調質性能がどうのとか、消臭性能がどうと、
あまり欲張らないでください。

性能に関しては、それなりです。
そして、価格も多少割高になります。

それも仕方がないと思います。

少ない量で梱包して、大勢の人手を使って
売っている商品です。

高くなる筈です。

私は塗り壁は、diyせずに、プロに依頼すべきだと思っています。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

珪藻土塗り壁「はいから小町」の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

漆喰か珪藻土か迷っている方、あるいは、
予算がないけど、塗り壁はあきらめたくないという方、
塗り壁選びのコツ」メール講座をご活用ください。

無料購読はこちら

カテゴリー: 壁のクロス | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 壁のクロスの模様替えヒント はコメントを受け付けていません。

壁仕上げ材は、3種類あります

投稿日:2016年01月14日 作成者:


こんにちは!
漆喰・珪藻土・塗り壁ブログを運営している
アトピッコハウス㈱、自然素材のパイオニア後藤坂です。

壁仕上げ材といっても、内装と外装があります

珪藻土塗り壁「はいから小町」

アトピッコハウスの壁仕上げ材は、
全て「内装用」です。

漆喰系と、珪藻土系と、粘土系の3種類です。

そもそも「壁仕上げ材」と言えば、
壁に板を張ったり、土を塗ったりしたものですが、

表面の意匠性を高めるために、
漆喰が塗られるようになり、

耐火性があることからも、広まっていきました。

また全国各地の土や泥を壁に塗って、
様々な意匠性もこらされるようになりました。

なので、壁仕上げ材といえば、
漆喰や、土壁が、そもそもの仕上げ材でした。

しかし、壁の下地が「土や粘土」で作られていた時代は、
下地そのものに調湿があって良かったのですが、

最近の住宅は、ほぼ100%下地が石膏ボードです。

そして、石膏ボードには調湿性がないうえに、
表面に「壁仕上げ材」として塗られる

塗り壁材は、1mm、2mmしかないので、
調湿性の高い壁仕上げ材として、

珪藻土の塗り壁が開発され、
普及するようになったのです。

意匠性の面から、好き嫌いはあると思いますが、
調湿性に関しては、珪藻土の塗り壁が、

断然、高性能です。

メーカーによって、品質も性能も違うでしょうし、
製品にグレード設定している会社もあるので、

珪藻土であれば、どれでも調湿性能が高いですよ、
という訳には行きませんが、

数ある塗り壁材の中では、珪藻土塗り壁が断然に
調湿性が高いという訳です。

壁の仕上げ材を選ぶ際、
調湿性が大事なのか?

好みの意匠性にこだわるのか?

それによっても、選択肢が変わると思うので、
少しお話しすると、

漆喰系の壁仕上げ材は、ツルッとした感じに仕上がりますが、
珪藻土系の壁仕上げ材は、ブツブツと、

ゆず肌に仕上がるという特徴があります。

それは、アトピッコハウスの塗り壁材でも同じです。

調湿性に関しては、珪藻土塗り壁「はいから小町」が
断トツのナンバー1です。

そして、珪藻土塗り壁ですから、
ブツブツと、ゆず肌に仕上がります。

そして、漆喰系塗り壁「漆喰美人」は、
調湿性能は、はいから小町に劣るものの、

仕上がりは、ツルッと漆喰調に仕上がります。

アトピッコハウスには、珪藻土塗り壁「はいから小町」、
漆喰調塗り壁「漆喰美人」、

そして、もう1つ、カオリンの壁「パーフェクトウォール」という
壁仕上げ材があります。

こちらは、カオリンという粘土を使用した
壁仕上げ材です。

マットに仕上がって、比較的ツルッとしています。

しかし、漆喰調塗り壁「漆喰美人」と違う点は、
仕上げパターンが付けにくいということです。

トロッとした感じの材料なので、
壁に塗って、バシッとパターンをつけたつもりでも、

トロッ、ダラッと、つけたパターンのメリハリがなくなって、
優しい感じになってしまうのです。

優しいというと、言葉を飾り過ぎですが、
つまり、ハッキリ、クッキリとした

パターンは付かないのです。

調湿性も、61gしかありません。

といっても、一般的な漆喰が40g程度ですから、
漆喰の1.5倍ほどの調湿性能はあるということになります。

つまり、どんな壁仕上げ材を選ぶかは、
ご本人の価値観次第ということになりますね。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

珪藻土塗り壁「はいから小町」の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

漆喰か珪藻土か迷っている方、あるいは、
予算がないけど、塗り壁はあきらめたくないという方、
塗り壁選びのコツ」メール講座をご活用ください。

無料購読はこちら

カテゴリー: 壁仕上げ材 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 壁仕上げ材は、3種類あります はコメントを受け付けていません。

壁材メーカーも、いろいろある

投稿日:2015年12月14日 作成者:


こんにちは!
漆喰・珪藻土・塗り壁ブログを運営している
アトピッコハウス㈱、自然素材のパイオニア後藤坂です。

アトピッコハウスでは、3種類の塗り壁を作っています

塗り壁の施工事例

壁材メーカーとしてデビューしたのは、
珪藻土塗り壁「はいから小町」を作った時ですが、

その後、漆喰調塗り壁「漆喰美人」を作りました。

また、漆喰美人は下塗りを必要とするので、
アク止め効果の高い下塗り材「下塗革命」を作って、

その後、「下塗革命」を改良して、
パーフェクトウォールを作りました。

大手の壁材メーカーは、漆喰調も、珪藻土も、
その他の塗り壁材も、幅広く揃っていると思いますが、

自然素材系の小さな壁材メーカーは、
珪藻土だけとか、漆喰だけといった感じで、

1つしかないケースが多いようです。

アトピッコハウスの場合は、
最初に珪藻土塗り壁を作って、

その後、漆喰調の塗り壁材の開発に着手しました。

珪藻土の塗り壁を開発する際には、
調湿性能を最大化することと、パステルの

透き通った感じの色合いを実現させることに注力しました。

しかし、珪藻土の塗り壁材は、
どうしても「ゆず肌」になるので、

ザラザラした感じが残ります。

それに、「漆喰調」と言われるツルッとした感じには
仕上がりません。

しかし、従来の普通の漆喰では、
調湿しないから、

調湿性があって、漆喰調に仕上がる塗り壁を開発しようとしました。

そこで使ったのが、モンモリロナイトという
化粧品などにも使われる鉱物でした。

調湿性能は、一般的な漆喰の2倍以上は
確保できましたし、

ツルッとした漆喰調にも仕上がる。
そして、これはモンモリロナイトによる効果ですが、
消臭性能も高い。

そんな塗り壁が出来た訳です。

ただ、珪藻土塗り壁「はいから小町」は、
下地塗りが必要ありませんが、

漆喰美人では、下地塗りが必須です。

だから、その分高くなります。

塗り壁が、いくら魅力的だと言っても、
壁紙仕上げの3倍も5倍もしたのでは、

塗り壁に出来る人は多くありません。

そこで、性能は、そこそこに抑えて、
価格も抑えた商品を開発しました。

それがパーフェクトウォールです。

この商品は、下塗り材の「下塗革命」をベースにしています。
もともとは下塗り材として作った製品ですが、

仕上げ材として使えるくらい綺麗な仕上がりだったので、
色を加えて、仕上げ材にしたのです。

もともとアク止め効果の高い下塗り材であったこともあるので、
下塗りの必要がありません。

製品価格も抑えています。

だから、エコクロス並みの価格で、
施工できる塗り壁として提供が出来ることになったのです。

といっても、ビニールクロスよりは高いです。
エコクロスそのものの工事費が、

ビニールクロスの2倍ということもあるので、
その程度の「割増し予算」は確保して頂かないと、

やはり塗り壁は無理です。

壁を塗り壁にしたいとするならば、
ある程度予算を増やして頂くか、

ほかを削って頂くという努力は必要になります。

新建材が標準仕様の家と比較して、
高いとか、安いと言っても比較になりません。

いいものは、やはり高いです。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

珪藻土塗り壁「はいから小町」の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

漆喰か珪藻土か迷っている方、あるいは、
予算がないけど、塗り壁はあきらめたくないという方、
塗り壁選びのコツ」メール講座をご活用ください。

無料購読はこちら

カテゴリー: 壁材 メーカー | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 壁材メーカーも、いろいろある はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ:0467-33-4210(受付時間:平日8:30 ~ 17:30)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

エコ建材メーカー、アトピッコハウスの創業社長。著書に「+500円で自然素材の家が建つ!」がある。新聞掲載155回以上、テレビ・ラジオ出演、講演実績多数、自然素材開発のパイオニアを自認。珪藻土、漆喰、壁紙、無垢材、畳などのオリジナル健康建材を製造販売。アトピッコハウスは、自然素材の内装建材が一通り揃う小さな専門メーカー。

パーフェクトウォール 内装用カオリンの壁
塗り壁選びのコツ(メール講座全7回)

Calendar

2017年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Facebook(後藤 坂)

Facebook(後藤 裕美)

twitter

  • ユーザー向け
  • goto hiromi
  • プロ向け
  • goto saka

facebook

RSSで読む

YouTube アトピッコハウスのチャンネル

最近の投稿

カテゴリー