» 壁紙のブログ記事

壁紙クロスから、自然素材への変更

投稿日:2017年11月30日 作成者:

家を建てる契約をしてから勉強を始め、
自然素材の家作りに興味を持つ方は、少なくありません。

そして、最初に考えるのが、ビニールクロスは止めたいというもの。
では、壁紙クロスを自然素材に切り替える方法を

考えてみたいと思います。

クロスから塗り壁への変更はハードルが高い

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤坂です。
ビニールクロスは嫌だから、壁紙クロスは止めて、
塗り壁にしたいという人がいます。

しかし、クロス貼りと、塗り壁では、
職人さんも違うし、工事の工程も違います。

もちろん費用だって、異なりますし、工事中に
注意しないとならないことも変わります。

だから、壁紙クロスから、塗り壁にするのは、
ハードルが高いのです。

もし、ビニールクロスを止めて、自然素材にしたい
ということなら、別の方法もあります。

クロスからクロスはハードルが低い

壁紙、クロスから、塗り壁への変更は、
難易度が高いと言いましたが、

ビニールクロスから、別の自然素材系のクロスに
変更するのは、

クロスからクロスですから、難易度は、グッと下がります。

それに費用面から行っても、差額は圧縮できるので、
ビニールクロスから自然素材への切替えの可能性は、

うんと高くなります。

自然素材クロス(壁紙)は、ビニールクロスよりは、
施工難度が高くなりますが、

熟練した職人さんであれば、「普通」に貼れます。

まずは、予算の確保から

工事契約を締結したあと、壁紙クロスを
自然素材に切替えたいといった場合、

まずやらないとならないのは、予算の確保です。

自然素材の壁紙や塗り壁材というのは、
確実にビニールクロスよりは高いので、

「差額」が生じます。

この差額金額に相当する費用を、どうやって確保するかを
考えないと、いくら自然素材の家がいいと言っても、

手に入れることは難しくなります。
予算を積み増すのか、何処か他を我慢して、
予算を自然素材の方へ廻すのか?

そうしたことを先に考えないとならない訳です。

クロスとは、布の壁紙のこと

壁紙のことを、クロスと言いますが、クロスとは、clothのことで、
本来「布」で出来た壁紙のことでした。

もちろん、今でも、本物の「布で出来た壁紙」は、ありますが、
中心は、ビニールクロスなので、

布クロス(織物壁紙)は、レアな商品になってしまいました。

本来の壁紙というのは、布を織った反物に、
裏打ちの「紙」を貼って、壁に貼れるようにした製品でした。

そして、その「布クロス」を真似て作ったのが、
ビニールクロスだという訳です。

見た目は、布クロスと似た感じに作れますが、
本物の布クロスと違って、肌触りも違いますし、

布クロスのような調湿性もありません。

布クロスという選択肢

壁紙クロスから、塗り壁への変更は、工事内容からも、
金額的なことからも難しいという話をしましたが、

クロスから、クロスであれば、難易度は
グッと下がります。

差額費用さえ捻出できれば、ビニールクロスから、
布クロスに変更してもらうことは、

それほど難しくありません。

いかがでしょうか?

工事契約をしたあとで、自然素材に興味を持ち、
塗り壁や、自然素材クロスにしたいという方は、

沢山いますが、壁紙クロスから、塗り壁に変更するのは、
難易度が高く、

ビニールクロスから、自然素材クロスに変更するのは、
難易度が低いということを、ご理解頂けたでしょうか?

アトピッコハウスでは、本物の布クロスを
製造販売しています。

現在、特別なサイトを作って、広告を展開中です。
こちらも、参考にしてください。

 

漆喰か珪藻土か迷っている方、あるいは、
予算がないけど、塗り壁はあきらめたくないという方、
塗り壁選びのコツ」メール講座をご活用ください。

無料購読はこちら

カテゴリー: 壁紙 クロス | タグ: , , , | 壁紙クロスから、自然素材への変更 はコメントを受け付けていません。

DIYで壁紙を、それなりに施工する方法

投稿日:2017年07月25日 作成者:

DIYで壁紙を貼るというのは、比較的難易度が高いです。
もし、プロが普通にやるような方法で、施工しようとすると、

まず、無理という結論になります。

ただし、だからと言って、絶対に出来ないという訳では
ありません。

では、どのようにすれば、DIYで壁紙を施工できるのでしょうか?
解説してみたいと思います。

壁紙を剥がすと、不陸調整が必要

自然素材壁紙は、DIY出来ない

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤坂です。
壁紙の張替えというと、まずは、既存の壁紙を
剥がすということを想像すると思います。

しかし、壁紙を剥がして、張り替えるというのは、
難易度が高く、プロの仕事の領域ということになります。

既存の壁紙を剥がすと、表面のクロスだけでなく、
裏紙も一緒に剥がれてきますし、

石膏ボードの表面紙も剥がれてきますので、
表面の「不陸調整」が必要になります。

「不陸」とは、凸凹という意味です。

裏紙が剥がれた箇所とか、残った箇所が出来るので、
パテを塗って、平らにしないとならないのです。

そこで、DIYで壁紙を張り替えるのなら、
既存の壁紙は剥がさないで、

その上から、貼ってしまうという方法もあります。

壁紙の裏紙が残ると、膨れの原因

もし、既存の壁紙の裏紙が残っていると、
新しいクロスを貼った時に、

その部分が浮いて来て、膨れます。

乾燥して、膨れが解消されればいいのですが、
ビニールクロスは、乾燥しても、

収縮しないので、壁紙の裏に糊を付けて張った段階で、
膨れが出来ていたら、その箇所は、

そのまま浮いてしまう可能性があります。

だから、壁紙を剥がして、DIYする場合は、
丁寧に壁紙の裏紙を剥がさないとならないし、

石膏ボードの表面紙を剥がしてしまった場合は、
パテ処理などをして、凸凹を解消しないとならない訳です。

剥がして貼るのは、プロの仕事

既存の壁紙を剥がしたら、絶対に、下地調整が
必要になります。

パテを2度、3度と塗って、表面を平滑にする必要が
ある訳です。

その上で、張替え用の新しい壁紙を貼ります。

いかに下地を綺麗に仕上げるかで、
仕上げの美しさが決定されます。

その意味でも、既存の壁紙を剥がして、張り替えるのは、
DIYで出来るようなものではなく、

プロの仕事と言えます。

一部屋だけとか、仕上がりの良し悪しは気にしない
というのであれば、DIYで壁紙の張替えが

出来なくもありませんが、「糊付け」の問題が残ります。

プロは、糊付け機という機械を使いますが、
これは、DIYには使えません。

ハケで、コツコツと糊付けすることになります。

DIYで壁紙を貼るなら、剥がさない

DIYで壁紙を張り替えるとしたら、
既存の壁紙を剥がさないという選択肢も

考えてみる価値があります。

つまり、既存の壁紙の上に、そのまま、新しい壁紙を
貼るのです。

ホームセンターに行くと、あらかじめ糊の付いた
ビニールクロスなどが売られていますので、

それを使う訳です。

但し、紙壁紙とか、布壁紙といった「吸水性」のある
自然素材の壁紙は、「糊付き」の製品がありません。

糊付きが売られているのは、水分の影響で、
伸縮しない(つまり吸湿しない)ビニールクロスしかないのです。

だから、自然素材の壁紙にしたいというニーズの方には、
DIYで壁紙を張り替えるというのは、

より一層難易度が上がるということになるのです。

糊の付いたクロスを使う

ビニールクロスでも問題が無い、そして、
自分でDIYしたいという場合は、

迷うことなく、ホームセンターで、糊付きのビニールクロスを買ってきて、
既存の壁紙の上から、貼るべきだと思います。

そして、仕上がりの出来不出来を気にしないことです。

壁紙の張替えは、DIYで工事できるほど、
簡単なものではありません。

少ない面積なら、なんとか頑張れても、
大きな部屋一部屋なんて、とても無理だと思います。

いかがでしょうか?

それでも、DIYで壁紙を張替えたいということであれば、
既存の壁紙を剥がさないで、

その上から、ホームセンターで売っている
糊付きのビニールクロスを貼るべきだと思います。

但し、吸湿性のある自然素材クロスには、糊付きの製品はないので、
もし、自然素材の壁紙を希望される場合は、

プロに張替え工事をお願いしないとなりません。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

漆喰、珪藻土、カオリンと、合計3種類の
オリジナル塗り壁材を製造販売しています。

無料の比較資料をご希望の方は、こちらからご請求頂けます。
資料請求は、こちら

漆喰か珪藻土か迷っている方、あるいは、
予算がないけど、塗り壁はあきらめたくないという方、
塗り壁選びのコツ」メール講座をご活用ください。

無料購読はこちら

カテゴリー: DIY 壁紙 | タグ: , | DIYで壁紙を、それなりに施工する方法 はコメントを受け付けていません。

塗り壁クロスで、高級感のあるもの

投稿日:2015年09月10日 作成者:

こんにちは!
漆喰・珪藻土・塗り壁ブログを運営している
アトピッコハウス㈱、自然素材のパイオニア後藤坂です。

高級感のある珪藻土クロスを探しています

珪藻土塗り壁「はいから小町」

ユーザーの方から、こんなお問合せを頂きました。
アトピッコハウスの「すっぴんクロス」の中にも、

以前、塗り壁風のクロスは、ありましたが、
「高級感」があるかと聞かれたら、

所詮クロスだしなぁ~ というのが、
私の本音です。

それは、塗り壁風のクロスを低く見ているという訳ではなく、
いくら頑張っても、クロスには限界があると思うからです。

アトピッコハウスの「すっぴんクロス」にも、
少し前まで、塗り壁風のクロスがありました。

しかし、それは、京壁とか聚楽壁と
言われるものに近いです。

ただ、壁紙なので、
ベースになる壁紙の上に「聚楽バインダー」を
塗って、塗り壁風に仕上げていました。

多少は調湿性能もあったでしょうが、
測定していません。

他の品番の「すっぴんクロス」も、布クロスですから、
ある程度の調湿性能は、あると思います。

ただ、こちらも、所詮はクロスなので、
「調湿性能」を強調して販売するようなものではないと思います。

調湿性能を期待するのなら、
やはり塗り壁にするべきだと思います。

「高級感のある珪藻土クロス」を探しているという方も、
もし、目的が意匠性であれば、

希望に叶う製品も見つけられると思いますが、
調湿性能や消臭性能まで期待して、

塗り壁風のクロスを探しているとしたら、
きっとガッカリすると思うのです。

高級感のある珪藻土クロスを探す理由って、
なんなのでしょう?

予算を抑えて、塗り壁風にしたいということでしょうか?

私は、見た目だけ塗り壁風になっても、
ちっとも嬉しくないし、楽しくないのですが、

塗り壁風になれば、それで満足される方も多いのでしょうかね?

私なら、ほかを削って、塗り壁とクロスの
「差額金額」を捻出して、

本物の塗り壁にしますね。

アトピッコハウスには、3種類の塗り壁材があって、
どの製品もボロボロしないから、

触っても、洋服を掛けても安心。
掃除も簡単。

製品によって、意匠性も色も変わるから、
好みによって、選べる。

そして、予算がないけど、塗り壁にしたいという人には、
エコクロス並みの価格で施工できる

ローコストの塗り壁材もある。

珪藻土塗り壁「はいから小町」漆喰調塗り壁「漆喰美人」、
カオリンの壁「パーフェクトウォール」。

この3種類があるので、塗り壁を検討しているという方にとっては、
うちだけで用が足りると思いますね。

そして、塗り壁の予算がどうしても確保できないけど、
塗り壁風にしたいというのであれば、

すっぴんクロスという「布クロス」があるので、
自然素材の内装材にできるという訳です。

予算がないといっても、優先順位の問題です。
「塗り壁風クロス」でいい方の場合は、

「珪藻土風クロス」でも「漆喰風クロス」でもいいと思いますが、
いずれの商品も、所詮はクロスです。

珪藻土や漆喰を練り込んだ「バインダー(糊)」を
クロス表面に付着させただけのものです。

それよりも、「本物の塗り壁」は、いかがでしょうか?

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

漆喰、珪藻土、カオリンと、合計3種類の
オリジナル塗り壁材を製造販売しています。

無料の比較資料をご希望の方は、こちらからご請求頂けます。
資料請求は、こちら

漆喰か珪藻土か迷っている方、あるいは、
予算がないけど、塗り壁はあきらめたくないという方、
塗り壁選びのコツ」メール講座をご活用ください。

無料購読はこちら

カテゴリー: 塗り壁 クロス | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 塗り壁クロスで、高級感のあるもの はコメントを受け付けていません。

壁紙か、珪藻土の塗り壁か?

投稿日:2015年07月03日 作成者:

こんにちは!
漆喰・珪藻土・塗り壁ブログを運営している
アトピッコハウス㈱、自然素材のパイオニア後藤坂です。

黙っていると、普通は壁紙です。

珪藻土塗り壁の施工事例

そして、ほぼ100%の確率で、
ビニール壁紙になります。

それが「今の普通」だからです。

しかし、黙って、ビニール壁紙の家にされるのを拒否し、
壁を珪藻土にするという選択肢もあります。

珪藻土の塗り壁なんて、高いでしょう?
メンテナンスが大変でしょう?

ということで、躊躇する方が多いのも事実です。

しかし、製品選びさえ間違わなければ、
珪藻土の塗り壁にしたからといって、

メンテナンスが大変ということでもありません。

ただ、価格が高くなることは、
了解してください。

塗り壁は、珪藻土に限らず、
材料代も高いけど、手間暇がかかるのです。

その人件費が、高くなる原因なのです。

しかし、出来あがりの質感、高級感、快適性、
そんなことを考えたら、

元は直ぐに取れてしまうと思います。

ビニール壁紙の場合は、5年か10年で
張替えが必要になります。

といっても、20年も30年も張り替えない人もいます。

それで大丈夫なのかというと、
やはり相当にみすぼらしくなります。

そんなこと気にしないという人は、
それでもいいと思います。

しかし、せっかく新築したり、リフォームする家が、
みすぼらしい感じになるのは、

勿体ないと思います。

たとえば塗り壁ではなく、壁紙にするという場合でも、
ビニール壁紙以外の選択肢もあります。

紙壁紙、布壁紙、その他エコクロスといった
選択肢です。

アトピッコハウスの場合であれば、
すっぴんクロスという「布壁紙」を作っています。

全30色のカラーバリエーションがあるので、
エコ壁紙の中では、カラフルな色柄が

豊富に揃っていると思います。

珪藻土の塗り壁は「はいから小町」という製品を
製造しています。

こちらは、純白を中心に、パテスルな色合いで、
全8色のカラーバリエーションです。

珪藻土というと、ボロボロするというイメージを
持たれている方も多いと思いますが、

はいから小町は、硬く仕上がって、
ボロボロしません。

カレンダーやポスターだって貼れるし、
うっかり洋服をこすっても、

多少のことなら、洋服が白くなったりということもありません。

それは、にがりと、マグネシアの働きにより、
しっかりと硬く固まるからなのです。

だから、お掃除も簡単です。

塗り壁そのものは掃除の必要はないし、
床にホロボロと崩れてこないので、

掃除も普通でいい訳です。

壁紙か、珪藻土かで迷うのなら、
思い切って、珪藻土塗り壁を検討してもいいかも知りません。

少なくとも、「普通の」ビニール壁紙で
我慢するというのは、止めてはどうでしょうか?

特に、自然素材壁紙の魅力や、
珪藻土塗り壁の魅力を知りませんという方であれば、
「欲しい」という気持ちもないでしょうから、

問題ないと思いますが、
一旦欲しいとなったら、あとは、

他を削るか、予算を積み益して、
希望を叶えればいいと思うのです。

豪華なキッチンとか、豪華なお風呂よりも、
壁や天井を、自然素材の壁紙や、珪藻土の塗り壁にした方が、

どれだけ気持ちいいか知れません。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

漆喰、珪藻土、カオリンと、合計3種類の
オリジナル塗り壁材を製造販売しています。

無料の比較資料をご希望の方は、こちらからご請求頂けます。
資料請求は、こちら

漆喰か珪藻土か迷っている方、あるいは、
予算がないけど、塗り壁はあきらめたくないという方、
塗り壁選びのコツ」メール講座をご活用ください。

無料購読はこちら

カテゴリー: 壁紙 珪藻土 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 壁紙か、珪藻土の塗り壁か? はコメントを受け付けていません。

自然素材の壁紙か、塗り壁か?

投稿日:2015年05月13日 作成者:

こんにちは!
漆喰・珪藻土・塗り壁ブログを運営している
アトピッコハウス㈱、自然素材のパイオニア後藤坂です。

自然素材の壁紙にも種類があります。

自然素材の壁紙

壁紙のことをクロスと言いますが、
今、普通に「クロス」と言うと、ほぼ100%ビニールクロスを
イメージします。

しかし、そもそも「クロス」とは「cloth=布」を意味していたので、
布で出来ている壁紙のことでした。

ところが、工事が簡単で、色柄が豊富な
ビニールクロスが登場し、「布で出来た本物のクロス」は、
どんどん姿を消して行きました。

最近では、エコとか健康といったニーズやブームの影響もあって、
布クロス以外の自然素材の壁紙も登場するように
なってきました。

紙壁紙や、和紙を裏打ちした和紙壁紙、
塗り壁の原料を塗布した塗り壁調の壁紙等々、
私が知らないエコな壁紙は、もっとあるかも知れません。

工業製品の壁紙は、日本の製品は幅が90cmほどあります。
そして、壁紙のDIYが盛んなヨーロッパの製品は、
DIYしやすいように幅が50cmほどしかありません。

日本では、壁紙をDIYする文化は、ありませんから、
万が一、壁紙をDIYする場合は、

ヨーロッパ規格の50cm幅の壁紙を選ばれるのも
いいかも知れません。

また、ホームセンターなどに行けば、
最初から「のり」のついた壁紙が売っています。

ただ、自然素材の壁紙で、最初から「のり」がついた製品はないので、
自然素材の壁紙を貼りたいという場合は、

DIYという選択肢ではなく、
工事業者、つまり、プロの方に工事を依頼するというのが、
確実だと思います。

自然素材の壁紙には、自然素材の壁紙の良さがありますので、
「壁紙」を貼ることに決定している場合は、

どんな自然素材の壁紙があるのかを調べて、
選ばれるといいと思います。

アトピッコハウスの場合であれば、
すっぴんクロスという布クロスを製造販売しています。

ただ、エコクロスは、ビニールクロスよりも、高いです。
「予算の問題」で、本当は塗り壁にしたいけど、

クロスでいいやと考えているのなら、
コストパフォーマンスのいい塗り壁を検討してみるという
選択肢もあります。

アトピッコハウスの場合であれば、
パーフェクトウォールという製品を作っています。

これは、もともと下地材として開発した製品をベースにして、
開発した塗り壁なので、とてもコストパフォーマンスのいい製品です。

エコクロス並みの価格で塗り壁に出来るということを
売りにしていますが、

そもそもエコクロス並みという表現が分からない方が
いらっしゃるので、少し補足すると、

ビニールクロスよりは高いという意味になります。

エコクロスとは、自然素材の壁紙のことを指しています。
自然素材の壁紙は、素材そのものの価格も、
ビニールクロスよりは高いし、

工事にも手間暇がかかるので、
費用は、ビニールクロスよりも高くなるのです。

エコクロス並みの価格というのは、
通常の塗り壁の価格よりは安いけど、

ビニールクロスよりは高いという意味になるのです。

だから、自然素材の壁紙を施工する予算があるのであれば、
パーフェクトウォールという塗り壁に

変更することも可能ですよ! という意味になります。

もともと塗り壁に興味のない方であれば、
別に興味のない話しかも知れませんが、

予算の問題で塗り壁を諦めているのなら、
パーフェクトウォールで、塗り壁を検討してみるという
選択肢もあるのです。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

コストパフォーマンスに優れた塗り壁
「パーフェクトウォール」の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

漆喰か珪藻土か迷っている方、あるいは、
予算がないけど、塗り壁はあきらめたくないという方、
塗り壁選びのコツ」メール講座をご活用ください。

無料購読はこちら

カテゴリー: 自然素材 壁紙 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 自然素材の壁紙か、塗り壁か? はコメントを受け付けていません。
123

お電話でのお問い合わせ:0467-33-4210(受付時間:平日8:30 ~ 17:30)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

エコ建材メーカー、アトピッコハウスの創業社長。著書に「+500円で自然素材の家が建つ!」がある。新聞掲載155回以上、テレビ・ラジオ出演、講演実績多数、自然素材開発のパイオニアを自認。珪藻土、漆喰、壁紙、無垢材、畳などのオリジナル健康建材を製造販売。アトピッコハウスは、自然素材の内装建材が一通り揃う小さな専門メーカー。

パーフェクトウォール 内装用カオリンの壁
塗り壁選びのコツ(メール講座全7回)

Calendar

2018年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

Facebook(後藤 坂)

Facebook(後藤 裕美)

twitter

  • ユーザー向け
  • goto hiromi
  • プロ向け
  • goto saka

facebook

RSSで読む

YouTube アトピッコハウスのチャンネル

最近の投稿

カテゴリー