» 塗装のブログ記事

室内壁の塗装は、塗料とは限らない

投稿日:2017年12月20日 作成者:


室内の壁を塗装すると聞いたら、塗るものは
「塗料」だと思うのですが、塗り壁材でも、

同じように「塗装」という表現を使う人がいて、
戸惑うことがあります。

プロ的に言うと、塗料は、塗装屋さんの仕事で、塗装だし、
塗り壁材は、左官の仕事で、

「施工」とか「塗布」と言う表現になります。

ただ「塗布」というのは、塗料にも塗り壁材にも
使える表現ですから、多少ややこしいかも知れません。

しかし、室内の壁を「塗装」すると表現した場合は、
プロは、ほぼ100%塗料をイメージする訳です。

塗り壁を施工する際に、塗装という人がいる

壁塗りを、塗装とは言わない

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤坂です。
室内の壁を塗装すると言われると、「塗料」を
イメージすると言いましたが、

塗り壁の種類の中には、ローラーで
塗れる塗料のような製品もありますから、

そういったタイプの「塗り壁」をイメージして、
「塗装」という表現を使っているのかも知れません。

しかし、大きな違いは、「塗装」と言うと、
0. 何ミリという極々薄い状態で仕上げるもののことを
言うのに対して、

塗り壁などを「塗る」場合というのは、1mmとか、2mm
場合によっては、3mmも5mmも塗りますから、

これ位の厚みになると、「塗装」とは、言わなくなる気がします。

壁の塗装とは、本来塗料のこと

壁の塗装というと、ハケとか、ローラーと言った道具を使い、
壁に「薄く」塗ることをイメージします。

ただ、塗料も、塗り壁材も、吹き付けような「ガン」と
呼ばれるプレーで、壁に「塗って行く」こともあるので、

壁を塗装するといっても、塗り壁のことを言っているのか、
塗料のことを言っているのか分からないということも

あると思います。

特に、素人のお客様であれば、
塗料と、塗り壁の区別は出来ないかも知れません。

ただし、「塗り壁材」と呼ばれるものは、
塗料よりも「仕上がりの厚み」があり、また

調湿性能とか、消臭性能といった「機能」が期待できる
場合が多いという違いがあると思います。

塗り壁は、塗装とは言わない

塗り壁を塗る行為は、「施工する」とか「塗布する」という
言い方をし、「塗装する」とは、言わないと言いました。

そして、また、「吹き付ける」塗り方もあるので、
塗料と塗り壁の境目がないとも言いました。

しかし、一般的には、「塗り壁材」は、「塗装する」とは言わない訳です。

塗装とは、やはり、「塗料」の「施工」に使う言葉だと思います。

塗料はペンキとも言う

ペンキと言われれば、「塗る」という表現が、
しっくり来ると思います。

ただ、塗料の方が、高級な響きがあります。

「室内」の「壁」に、「ペンキ塗ってます」と言うと、
何か、安っぽい感じを受けますが、

「塗料を塗っています」とか「塗料で仕上げてます」と
言われると、普通にスルーしてしまいます。

言葉のイメージって、大きいですね。

塗装は塗布とも言う

「塗装」という言葉は、「塗布」とも言う訳ですが、
「塗布」は、塗料にも、塗り壁材にも使えますから、

「何を」塗布するのか確認しないと、塗料なのか、
塗り壁材なのか理解できません。

ただ、やはり決定的な違いは、「塗り厚」だと思いますね。

「塗装」というと、「薄いもの」で、「塗布」というと、
若干厚いものをイメージすると思います。

いかがでしょうか?

室内の壁を塗装すると言われたら、プロ的には、
「塗料(ペンキ)」をイメージするということは、
ご理解頂けたでしょうか?
従って、もし、「塗り壁材」を施工することを考えているのなら、
「塗装」という表現を使わない方が、

間違いがないと思います。

塗り壁を施工する場合は、「塗る」とか「施工する」と
いった表現の方が、ピッタリ来ると思います。

そして、塗料には、調湿性能とか、消臭性能は
期待できないし、期待しない方がいいということを

改めてお伝えしたいと思います。

ミクロン単位の厚みで塗料を塗っても、効果がある筈は
ないのです。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

漆喰、珪藻土、カオリンと、合計3種類の
オリジナル塗り壁材を製造販売しています。

無料の比較資料をご希望の方は、こちらからご請求頂けます。
資料請求は、こちら

漆喰か珪藻土か迷っている方、あるいは、
予算がないけど、塗り壁はあきらめたくないという方、
塗り壁選びのコツ」メール講座をご活用ください。

無料購読はこちら

カテゴリー: 室内 壁 塗装 | タグ: , , | 室内壁の塗装は、塗料とは限らない はコメントを受け付けていません。

壁を塗装するなら、塗り壁は?

投稿日:2015年03月04日 作成者:


こんにちは!
漆喰・珪藻土・塗り壁ブログを運営している
アトピッコハウス㈱、自然素材のパイオニア後藤坂です。

壁を塗装するとは、ペンキのことです!

珪藻土塗り壁の施工事例

塗料とも、いいます。

ローラーを使って施工できるので、
もし、素人の方がDIYで施工する場合でも、

比較的簡単に、そして綺麗に仕上がります。

ただし、ペンキや塗料には、
調湿性能等の機能はありません。

最近だと、遮熱塗料とか、防汚塗料といった
各種の機能性塗料が開発されているので、

調湿する塗料も探せばあるかも知れません。

しかし、塗り壁材が調湿するメカニズムと、
通常の塗料が固まるメカニズムには、

大きな違いがあるので、塗料に調湿性を持たせる
ことは困難なのです。

というのも、塗り壁材の原料は、
主に土とか粘土といった鉱物です。

調湿性能のチャンピオンは、珪藻土ですが、
その他の塗り壁材の原料も、

ある程度、調湿性能がある訳です。

しかし、その調湿性能の元になるものは、
原料が持つ小さな穴ということになるので、

「穴」を塞いでしまうと、調湿性能が落ちてしまう訳です。

珪藻土にしても、その他の塗り壁材の原料にしても、
穴を潰す原料で固めてしまうと、

調湿しなくなるのです。

だから、珪藻土の塗り壁材でも、
接着剤や樹脂系の原料で固めた場合は、

調湿しなくなるのです。

塗料(ペンキ)の場合は、特に顕著です。

塗料の主原料は、樹脂です。
樹脂そのものには調湿性がない上に、
もし、珪藻土等の素材を加えても、

珪藻土の穴を樹脂が潰してしまうので、
調湿しなくなります。

壁を好みの色で塗装したいというニーズをお持ちで、
色だけにこだわりがあるのなら、

そのまま、塗料で塗装するということでもいいと思います。

しかし、もし、調湿性のある内装材にしたいという
ニーズをお持ちであれば、
壁を、塗り壁にするという選択肢をお選びになるのは、

いかかでしょうか?

塗り壁にも、色々な色がありますし、
希望であれば、カラフルに出来ます。

それに、塗り壁は、色々なパターンを付けた仕上げにする
ことも出来ます。

壁にボリュームや陰影が出て、
とても魅力的にもなるし、豪華です。

平滑な感じで、色だけ好みの色になればいいという方には、
さほど魅力は感じないと思いますが、

壁や天井に調湿性能を期待するのであれば、
塗り壁という選択肢は、魅力的だと思います。

費用も、壁を塗装する予算があるのなら、
同額程度、あるいは、少し差額程度で、

塗り壁に変更できます。

もし、DIYで施工する予定なら、
更に経費は削減され、差額費用も圧縮されます。

但し、広い面積のDIYは結構労力が必要とされますので、
DIYを楽しめない方には、お勧めできません。

また、塗料にも、塗り壁にも、DIYしやすい製品と、
そうでない製品があるので、

もし、DIYで塗り壁を塗りたいという場合は、
DIYしやすい製品を選ばれることを、お勧め致します。

コツは、差額費用で考えることです。
壁を塗装する費用と、塗り壁にする費用の差額を
出してもらってください。

その差額費用で検討されるのが、
一番確実で、間違いがないと思います。

せっかくなら、格好よくて、
快適な内装壁にしては、どうでしょうか?

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

漆喰、珪藻土、カオリンと、合計3種類の
オリジナル塗り壁材を製造販売しています。

無料の比較資料をご希望の方は、こちらからご請求頂けます。
資料請求は、こちら

漆喰か珪藻土か迷っている方、あるいは、
予算がないけど、塗り壁はあきらめたくないという方、
塗り壁選びのコツ」メール講座をご活用ください。

無料購読はこちら

カテゴリー: 壁 塗装 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 壁を塗装するなら、塗り壁は? はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ:0467-33-4210(受付時間:平日8:30 ~ 17:30)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

エコ建材メーカー、アトピッコハウスの創業社長。著書に「+500円で自然素材の家が建つ!」がある。新聞掲載155回以上、テレビ・ラジオ出演、講演実績多数、自然素材開発のパイオニアを自認。珪藻土、漆喰、壁紙、無垢材、畳などのオリジナル健康建材を製造販売。アトピッコハウスは、自然素材の内装建材が一通り揃う小さな専門メーカー。

パーフェクトウォール 内装用カオリンの壁
塗り壁選びのコツ(メール講座全7回)

Calendar

2018年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Facebook(後藤 坂)

Facebook(後藤 裕美)

twitter

  • ユーザー向け
  • goto hiromi
  • プロ向け
  • goto saka

facebook

RSSで読む

YouTube アトピッコハウスのチャンネル

最近の投稿

カテゴリー