» カオリンの壁のブログ記事

壁仕上げ材は、3種類あります

投稿日:2016年01月14日 作成者:

こんにちは!
漆喰・珪藻土・塗り壁ブログを運営している
アトピッコハウス㈱、自然素材のパイオニア後藤坂です。

壁仕上げ材といっても、内装と外装があります

珪藻土塗り壁「はいから小町」

アトピッコハウスの壁仕上げ材は、
全て「内装用」です。

漆喰系と、珪藻土系と、粘土系の3種類です。

そもそも「壁仕上げ材」と言えば、
壁に板を張ったり、土を塗ったりしたものですが、

表面の意匠性を高めるために、
漆喰が塗られるようになり、

耐火性があることからも、広まっていきました。

また全国各地の土や泥を壁に塗って、
様々な意匠性もこらされるようになりました。

なので、壁仕上げ材といえば、
漆喰や、土壁が、そもそもの仕上げ材でした。

しかし、壁の下地が「土や粘土」で作られていた時代は、
下地そのものに調湿があって良かったのですが、

最近の住宅は、ほぼ100%下地が石膏ボードです。

そして、石膏ボードには調湿性がないうえに、
表面に「壁仕上げ材」として塗られる

塗り壁材は、1mm、2mmしかないので、
調湿性の高い壁仕上げ材として、

珪藻土の塗り壁が開発され、
普及するようになったのです。

意匠性の面から、好き嫌いはあると思いますが、
調湿性に関しては、珪藻土の塗り壁が、

断然、高性能です。

メーカーによって、品質も性能も違うでしょうし、
製品にグレード設定している会社もあるので、

珪藻土であれば、どれでも調湿性能が高いですよ、
という訳には行きませんが、

数ある塗り壁材の中では、珪藻土塗り壁が断然に
調湿性が高いという訳です。

壁の仕上げ材を選ぶ際、
調湿性が大事なのか?

好みの意匠性にこだわるのか?

それによっても、選択肢が変わると思うので、
少しお話しすると、

漆喰系の壁仕上げ材は、ツルッとした感じに仕上がりますが、
珪藻土系の壁仕上げ材は、ブツブツと、

ゆず肌に仕上がるという特徴があります。

それは、アトピッコハウスの塗り壁材でも同じです。

調湿性に関しては、珪藻土塗り壁「はいから小町」が
断トツのナンバー1です。

そして、珪藻土塗り壁ですから、
ブツブツと、ゆず肌に仕上がります。

そして、漆喰系塗り壁「漆喰美人」は、
調湿性能は、はいから小町に劣るものの、

仕上がりは、ツルッと漆喰調に仕上がります。

アトピッコハウスには、珪藻土塗り壁「はいから小町」、
漆喰調塗り壁「漆喰美人」、

そして、もう1つ、カオリンの壁「パーフェクトウォール」という
壁仕上げ材があります。

こちらは、カオリンという粘土を使用した
壁仕上げ材です。

マットに仕上がって、比較的ツルッとしています。

しかし、漆喰調塗り壁「漆喰美人」と違う点は、
仕上げパターンが付けにくいということです。

トロッとした感じの材料なので、
壁に塗って、バシッとパターンをつけたつもりでも、

トロッ、ダラッと、つけたパターンのメリハリがなくなって、
優しい感じになってしまうのです。

優しいというと、言葉を飾り過ぎですが、
つまり、ハッキリ、クッキリとした

パターンは付かないのです。

調湿性も、61gしかありません。

といっても、一般的な漆喰が40g程度ですから、
漆喰の1.5倍ほどの調湿性能はあるということになります。

つまり、どんな壁仕上げ材を選ぶかは、
ご本人の価値観次第ということになりますね。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

漆喰、珪藻土、カオリンと、合計3種類の
オリジナル塗り壁材を製造販売しています。

無料の比較資料をご希望の方は、こちらからご請求頂けます。
資料請求は、こちら

漆喰か珪藻土か迷っている方、あるいは、
予算がないけど、塗り壁はあきらめたくないという方、
塗り壁選びのコツ」メール講座をご活用ください。

無料購読はこちら

カテゴリー: 壁仕上げ材 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 壁仕上げ材は、3種類あります はコメントを受け付けていません。

天然素材とは、自然素材100%?

投稿日:2015年11月12日 作成者:

こんにちは!
漆喰・珪藻土・塗り壁ブログを運営している
アトピッコハウス㈱、自然素材のパイオニア後藤坂です。

天然素材の塗り壁とは、どんなものでしょうか?

天然素材100%の珪藻土塗り壁

塗り壁の多くは、天然素材です。
しかし、土や砂といった素材は、
水を加えて練っても、

壁に塗れるような粘りは出てきません。

そこで、ツナギの役割をする
糊や接着剤を加えます。

一昔前なら、加える糊も、
フノリなどの天然素材でした。

海藻を煮詰めて作る糊がフノリで、
塗り壁の原料として使われていました。

ただ、今では、そんな古いやり方はしません。

天然素材の糊なら、小麦粉やお米を主原料とした
「澱粉糊」です。

ただ、こちらの糊も100%天然素材という訳ではありません。

防腐剤は当然として、接着力を強化するために、
接着剤が添加された製品が多いです。

また、澱粉糊の替わりに接着剤が使われることも多いので、
いずれにしろ、「何か入っている」と考えた方がいい訳です。

ただ、「天然素材100%」にこだわる必要性と、
理由によっては、

「天然の原材料100%」にこだわる必要もないと思います。

製品価格が極端に高くなったり、
強度や品質が悪くなるのなら、

多少、化学的な成分が入っていても、
良しとしていいと思うのです。

アトピッコハウスには、オリジナルの塗り壁が3種類あります。

珪藻土塗り壁「はいから小町」は、
自然素材100%です。

天然素材100%と表現してもいいと思います。

漆喰調塗り壁「漆喰美人」も、ほぼ天然素材100%ですが、
自然素材、天然素材を強調していません。

そして、カオリンの壁「パーフェクトウォール」は、
樹脂成分として、ピュアアクリルが少し入っています。

しかし、主原料は、カオリンという粘土です。
乾燥して、仕上がると、必ずマットに仕上がるので、

妙にテカって、化学的な塗り壁じゃないか?
と思われるようなことは起こりません。

製品のコストを抑え、施工性を良くするために、
樹脂成分を入れている訳です。

それが嫌だという場合は、珪藻土塗り壁「はいから小町」か、
漆喰調塗り壁「漆喰美人」を選んで頂けるといいと思います。

ただし、価格はパーフェクトウォールより高いです。

といっても、パーフェクトウォールの価格が安いので、
はいから小町や、漆喰美人の価格が高いという訳ではありません。

普通の値段です。

はいから小町や、漆喰美人には、接着剤は入っていません。
ではどうやって、固まっているのかというと、

豆腐を固める成分である「にがり」と、
医薬品等にも使われる「マグネシア」の反応を
利用しているのです。

明治時代に日本で開発された技術です。

固まる強さは、セメントの2倍ほどもあります。
しかし、そんなに硬く固まっても意味がないので、

画鋲を指したり、釘を打ったりできる程度の
内装材と相応しい硬さに調整しています。

壁がボロボロしないのが大きな特徴ですね。

自然素材の塗り壁と言っても、
色々とあるので、

何を一番大事にしたいのかで、選択肢が変わると思います。
ビニールクロスなどにして欲しくないので、

予算がなくても、調整して、塗り壁を
採用して欲しいと思いますね。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

漆喰、珪藻土、カオリンと、合計3種類の
オリジナル塗り壁材を製造販売しています。

無料の比較資料をご希望の方は、こちらからご請求頂けます。
資料請求は、こちら

漆喰か珪藻土か迷っている方、あるいは、
予算がないけど、塗り壁はあきらめたくないという方、
塗り壁選びのコツ」メール講座をご活用ください。

無料購読はこちら

カテゴリー: 天然素材とは | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 天然素材とは、自然素材100%? はコメントを受け付けていません。

塗り壁クロスで、高級感のあるもの

投稿日:2015年09月10日 作成者:

こんにちは!
漆喰・珪藻土・塗り壁ブログを運営している
アトピッコハウス㈱、自然素材のパイオニア後藤坂です。

高級感のある珪藻土クロスを探しています

珪藻土塗り壁「はいから小町」

ユーザーの方から、こんなお問合せを頂きました。
アトピッコハウスの「すっぴんクロス」の中にも、

以前、塗り壁風のクロスは、ありましたが、
「高級感」があるかと聞かれたら、

所詮クロスだしなぁ~ というのが、
私の本音です。

それは、塗り壁風のクロスを低く見ているという訳ではなく、
いくら頑張っても、クロスには限界があると思うからです。

アトピッコハウスの「すっぴんクロス」にも、
少し前まで、塗り壁風のクロスがありました。

しかし、それは、京壁とか聚楽壁と
言われるものに近いです。

ただ、壁紙なので、
ベースになる壁紙の上に「聚楽バインダー」を
塗って、塗り壁風に仕上げていました。

多少は調湿性能もあったでしょうが、
測定していません。

他の品番の「すっぴんクロス」も、布クロスですから、
ある程度の調湿性能は、あると思います。

ただ、こちらも、所詮はクロスなので、
「調湿性能」を強調して販売するようなものではないと思います。

調湿性能を期待するのなら、
やはり塗り壁にするべきだと思います。

「高級感のある珪藻土クロス」を探しているという方も、
もし、目的が意匠性であれば、

希望に叶う製品も見つけられると思いますが、
調湿性能や消臭性能まで期待して、

塗り壁風のクロスを探しているとしたら、
きっとガッカリすると思うのです。

高級感のある珪藻土クロスを探す理由って、
なんなのでしょう?

予算を抑えて、塗り壁風にしたいということでしょうか?

私は、見た目だけ塗り壁風になっても、
ちっとも嬉しくないし、楽しくないのですが、

塗り壁風になれば、それで満足される方も多いのでしょうかね?

私なら、ほかを削って、塗り壁とクロスの
「差額金額」を捻出して、

本物の塗り壁にしますね。

アトピッコハウスには、3種類の塗り壁材があって、
どの製品もボロボロしないから、

触っても、洋服を掛けても安心。
掃除も簡単。

製品によって、意匠性も色も変わるから、
好みによって、選べる。

そして、予算がないけど、塗り壁にしたいという人には、
エコクロス並みの価格で施工できる

ローコストの塗り壁材もある。

珪藻土塗り壁「はいから小町」漆喰調塗り壁「漆喰美人」、
カオリンの壁「パーフェクトウォール」。

この3種類があるので、塗り壁を検討しているという方にとっては、
うちだけで用が足りると思いますね。

そして、塗り壁の予算がどうしても確保できないけど、
塗り壁風にしたいというのであれば、

すっぴんクロスという「布クロス」があるので、
自然素材の内装材にできるという訳です。

予算がないといっても、優先順位の問題です。
「塗り壁風クロス」でいい方の場合は、

「珪藻土風クロス」でも「漆喰風クロス」でもいいと思いますが、
いずれの商品も、所詮はクロスです。

珪藻土や漆喰を練り込んだ「バインダー(糊)」を
クロス表面に付着させただけのものです。

それよりも、「本物の塗り壁」は、いかがでしょうか?

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

漆喰、珪藻土、カオリンと、合計3種類の
オリジナル塗り壁材を製造販売しています。

無料の比較資料をご希望の方は、こちらからご請求頂けます。
資料請求は、こちら

漆喰か珪藻土か迷っている方、あるいは、
予算がないけど、塗り壁はあきらめたくないという方、
塗り壁選びのコツ」メール講座をご活用ください。

無料購読はこちら

カテゴリー: 塗り壁 クロス | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 塗り壁クロスで、高級感のあるもの はコメントを受け付けていません。

珪藻土も販売しています

投稿日:2015年06月09日 作成者:

こんにちは!
漆喰・珪藻土・塗り壁ブログを運営している
アトピッコハウス㈱、自然素材のパイオニア後藤坂です。

アトピッコハウスには、3種類の塗り壁があります。

珪藻土塗り壁

最初に製品化した塗り壁が、
珪藻土塗り壁「はいから小町」で、

その次に発売したのが、花の塗り壁「漆喰美人」。

そして、3番目に発売したのが、
カオリンの壁「パーフェクトウォール」です。

そのうち2つ、珪藻土塗り壁「はいから小町」と、
花の塗り壁「漆喰美人」に関しては、

DIYも出来る商品なので、ユーザーへの直販もしています。

しかし、カオリンの壁「パーフェクトウォール」は、
プロ専用の塗り壁材なので、

ユーザーの方には、販売していません。

「はいから小町」「漆喰美人」と、
「パーフェクトウォール」は、
一体何が違うかというと、

乾きの速さです。

プロにとっては、乾きが早いというのは、
工事の手離れもいいし、

工事後の養生期間も短くて済むし、
「利点」として受け入れられることではあるのですが、

素人にとっては、「この乾きの早さ」は、
致命傷になるのです。

珪藻土塗り壁「はいから小町」や、花の塗り壁「漆喰美人」も、
プロ用の高性能塗り壁材です。

しかし、こちらは、乾きが遅いので、
ユーザーのDIYにも向いた商品だと言えるのです。

但し、プロ用の高性能塗り壁なので、
「粉の状態」で、現場に届きます。

現場では、水を加えて、攪拌機で練ってといった
作業が必要になります。

アトピッコハウスでは、攪拌機やコテ、バケツといった
道具類一式を貸し出しているので、

本格的なDIYを希望されている場合は、
珪藻土塗り壁「はいから小町」や、花の塗り壁「漆喰美人」といった
プロ用の塗り壁材のDIYに挑戦してみるのも、

悪くないかも知れません。

塗り壁に「なに」を求めるのか?

たとえば、テクスチャーとか、意匠なのか?
塗り上がったあとの気持ちのいい空間なのか?

もし、塗り壁風に仕上がった壁でいいのであれば、
塗り壁風の壁紙もありますし、
簡単に施工できる塗り壁材などもあります。

だし、調湿性能とか、消臭性能といった
「機能性」に関して、とやかく言わない方がいいと思います。

値段の高い塗り壁材は、
性能が良かったり、意匠性が良かったりといった

利点があります。

そして、価格の安い製品には、お手頃に
塗り壁風に出来るといった利点がある訳ですから、

自分が何を求めて、塗り壁を希望しているのかによって、
取捨選択されたらいいと思うのです。

値段が安くて、調湿性能も高くて、
DIYも簡単で、ノーメンテナンス。

そんな製品は、ないと思います。

価格を重視するなら、機能、性能、意匠性は
ある程度あきらめる。

機能性、性能、意匠性を求めるのなら、
多少のコスト高は、諦めるといった感じです。

我々おとなですから、大人の判断をしたいと思います。

アトピッコハウスの「パーフェクトウォール」は、
DIYは出来ませんが、

43色のカラーバリエーションがあって、
調湿性は、一般的な漆喰の1.5倍程度あります。

但し、DIYは出来ない製品なので、
工事はプロに依頼して頂きます。

製品価格が安いので、
材工価格も安くなるはずです。

ただ、慣れた業者さんでないと、
そこを理解できないかも知れません。

多少のハードルは、ありますが、
ご自身で、資料を取り寄せ、検討されることだと思いますね。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

漆喰、珪藻土、カオリンと、合計3種類の
オリジナル塗り壁材を製造販売しています。

無料の比較資料をご希望の方は、こちらからご請求頂けます。
資料請求は、こちら

漆喰か珪藻土か迷っている方、あるいは、
予算がないけど、塗り壁はあきらめたくないという方、
塗り壁選びのコツ」メール講座をご活用ください。

無料購読はこちら

カテゴリー: 珪藻土 販売 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 珪藻土も販売しています はコメントを受け付けていません。

壁塗りdiyの向き不向き

投稿日:2014年11月13日 作成者:

こんにちは!
漆喰・珪藻土・塗り壁ブログを運営している
アトピッコハウス㈱、自然素材のパイオニア後藤坂です。

壁塗りをdiyしたいという場合、素材の選定が重要です。

壁塗りのdiy

それは、製品によっては、diy出来ないものや、
もともとdiy用に開発された製品もあるからです。

では、どんな製品がdiyに向いているかというと、
乾燥が遅くて、何度でもやり直しが出来る製品です。

それに反して、diyし難い商品はというと、
乾燥が早い商品です。

この特徴は、プロにとっては、嬉しいものですが、
素人さんが壁塗りdiyをしようと思うと、

とたんに、「難点」に変わってしまうのです。

もし、性能を重視せず、なんとなく
意匠的に塗り壁になればいいのであれば、

ホームセンターなどに売っているdiy向きの
壁塗り材を購入するのがいいと思います。

但し、diyも出来る「プロ用」の壁塗り材と比較すると、
価格も割高になっています。

もし、性能重視で、価格も抑えたいということであれば、
diyも出来るプロ用の壁塗り材のdiyに挑戦すると

いいと思います。

ご本人の希望と、予算次第だと思いますね!

アトピッコハウスの場合であれば、
壁塗り材は、

3種類、製造販売しています。

珪藻土塗り壁「はいから小町」と、
花の塗り壁「漆喰美人」、そして、
カオリンの壁「パーフェクトウォール」です。

このうち、「はいから小町」と「漆喰美人」は、
diyも出来るプロ用の壁塗り材ですが、

パーフェクトウォールは、diy出来ない
プロ専用の壁塗り材なのです。

なぜ、diy出来ないのかというと、
他社のプロ専用の製品と同様、

乾きが早いのです。

この乾きの早さというのは、プロにとっては利点、
素人の方にとっては、欠点ということになりますね!

もし、アトピッコハウス製品で、
壁塗りのdiyをお考えなら、

迷わず、珪藻土塗り壁「はいから小町」を選択されることを
お勧め致します。

「はいから小町」は、乾燥が遅く、調湿性能の高い
プロ用の珪藻土塗り壁なので、

素人の方が、モタモタと、何度も手直ししつつ、
塗り進めていくことが可能なのです。

塗り壁の魅力は、なんといっても、
意匠性の美しさと、調湿性能だと思います。

もし、意匠性と、調湿性能の両方の魅力を
手に入れたいとお考えであれば、

diyも出来るプロ用の壁塗り材を選ばれた方がいいと思います。

また、アトピッコハウスの「漆喰美人」も、
diyできるプロ用の漆喰調、壁塗り材ですが、

「漆喰美人」は、「はいから小町」と違って、
下塗りが必要になるので、

珪藻土塗り壁「はいから小町」よりも、
難易度が高くなります。

壁塗りのdiyにおいては、
スタート前の床の養生(汚れ防止の保護)や、
塗り面のマスキング(テープ貼り)や、

終わったあとの片づけといったことも、
結構な重労働になります。

1部屋や2部屋なら、家族で楽しく、
好き勝手やってもいいのですが、

当然、仕上がりもそれなりになりますから、
もし、玄関や居間といった

お客様を招き入れる場所に塗るとか、
面積が広い場合は、

プロの助力を得るといった方法もいいかも知れません。

養生、マスキング、下塗りといった
地味な作業はプロにやってもらい、

仕上げの壁塗りの華やかな部分だけ、
diyするのです。

製品選択もそうですが、塗る面積や、場所によって、
そうした使い分けをしてもいいと思います。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

漆喰、珪藻土、カオリンと、合計3種類の
オリジナル塗り壁材を製造販売しています。

無料の比較資料をご希望の方は、こちらからご請求頂けます。
資料請求は、こちら

漆喰か珪藻土か迷っている方、あるいは、
予算がないけど、塗り壁はあきらめたくないという方、
塗り壁選びのコツ」メール講座をご活用ください。

無料購読はこちら

カテゴリー: 壁塗り diy | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 壁塗りdiyの向き不向き はコメントを受け付けていません。
123

お電話でのお問い合わせ:0467-33-4210(受付時間:平日8:30 ~ 17:30)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

エコ建材メーカー、アトピッコハウスの創業社長。著書に「+500円で自然素材の家が建つ!」がある。新聞掲載155回以上、テレビ・ラジオ出演、講演実績多数、自然素材開発のパイオニアを自認。珪藻土、漆喰、壁紙、無垢材、畳などのオリジナル健康建材を製造販売。アトピッコハウスは、自然素材の内装建材が一通り揃う小さな専門メーカー。

パーフェクトウォール 内装用カオリンの壁
塗り壁選びのコツ(メール講座全7回)

Calendar

2018年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

Facebook(後藤 坂)

Facebook(後藤 裕美)

twitter

  • ユーザー向け
  • goto hiromi
  • プロ向け
  • goto saka

facebook

RSSで読む

YouTube アトピッコハウスのチャンネル

最近の投稿

カテゴリー