リフォームで壁を工事する選択肢

投稿日:2016年07月19日 作成者:


壁紙が古くなってきたから、
リフォームして壁を綺麗にしたいと考える場合、

今の壁材から、そのまま同じ壁材にするという選択肢も
ありますが、

予算が確保できるなら、思い切って、
自然素材の壁紙や、塗り壁を採用するという選択肢があっても、
いいと思います。

では、一般的なビニールクロスのほかに、
どんな選択肢があるのか見ていきましょう。

単純にクロスの張替え

布クロスは、気持ちいい

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤坂です。
まず、もっとも一般的な選択肢は、

ビニールクロスからビニールクロスというものです。

「普通」のクロスの99%は、ビニールで出来た壁紙です。
本来「クロス」というのは「布」のことですから、

布の壁紙が、本当の「クロス」なのですが、
布クロスに似せて作ったビニールクロスが主流を占める
ようになっています。

それは、価格とか施工性の問題とかがあってのことです。

調湿性があるとか、高級感があるとか、質感がいいといった
長所もありますが、やはり、価格は高い。

そこで、今が普通のビニールクロスなら、
現状のクロスを剥がして、

新しいクロスを貼り直すという選択肢が、ごく一般的です。
価格も安いし、色柄も豊富です。

特別なことを求めないのであれば、それでもいいかも知れません。

ビニールクロスから、エコクロス

ただ、ビニールクロスは、しょせんビニールです。
5年ほどで張り替えることを前提に作っていますから、
品質もそれなりです。

もし、壁をリフォームするなら、
紙クロスとか、布クロスといった

自然素材の壁紙に張り替えるという選択肢もあります。

価格は、もちろんビニールクロスよりは高いですが、
価格差以上の価値があることは、お約束できます。

剥がさないで、塗り壁にする

リフォームで壁を綺麗にするのなら、いっそのこと、
塗り壁にするという選択肢も選べます。

リフォームにも使える塗り壁材なら、
今、壁に貼られているビニールクロスを

剥がさずに、塗り壁を塗れる製品も多いので、
コストも抑えられます。

アトピッコハウスの3種類ある塗り壁材も、
全て、既存のビニールクロスの上から、施工することが出来ます。

塗り壁の種類と、選択肢

既存のビニールクロスの上から塗れる
塗り壁材にも、沢山の種類があります。

代表的な例で言うと、
漆喰調のもの、珪藻土系のもの、その他と分かれます。

これは、原料で区別する場合もあれば、
仕上がりの意匠性で区別する場合もあります。

漆喰は、消石灰を原料とし、仕上がりは、ツルッとした感じになります。
また最近では、消石灰を使わず、

調湿性や消臭性を強化して、別の原料で、
漆喰調に仕上げる製品も出てきています。

アトピッコハウスの漆喰美人などは、
まさに、それですね。

そして、珪藻土塗り壁は、珪藻土を原料にした塗り壁ですが、
ブツブツとした感じに仕上がる製品が多いです。

これは、珪藻土そのものの特性というよりは、
製品化するために必要となる他の原料の影響であることが
多いのです。

珪藻土は、珪藻土だけでは塗り壁になりません。
アトピッコハウスの珪藻土塗り壁はいから小町も、
同じ理屈でブツブツしています。

そして、3つ目の選択肢が、漆喰でも、珪藻土でもない
塗り壁ということになります。

壁をリフォームするなら、どの塗り壁でもいいと思います。
要は、好みの問題だと思います。

でも、予算の確保が最初

なんの材料を使って壁をリフォームするとしても、
選択の一番の条件は価格だと思います。

価格を無視して、材料選びをしても、
最終的に悲しいことになりかねません。

出せる費用を計算してから、どんな選択が可能かを
考えた方がいいと思います。

予算に制限がない人はいません。

しかし、価値観次第ですから、壁をリフォームして綺麗にしたい。
自然素材の内装材にも魅力を感じるということであれば、

他を削っても、予算を、壁のリフォーム費用に廻せば
いい訳です。

「選択」と「集中」だと思います。

いかがでしょうか?

リフォームして、壁を綺麗にするといっても、
単純にビニールクロスからビニールクロスに張り替える
という選択肢もあれば、

布クロスや紙クロスといったエコクロスに変更することも出来るし、
思い切って、塗り壁にすることだって出来ます。

要は、好みの問題だし、優先順位の問題ですから、
自然素材の壁材にリフォームしたいと思えば、

捻出できる予算を考えて、それでリフォーム可能な
素材や面積を考えればいい訳です。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

珪藻土塗り壁「はいから小町」の資料のご請求は、こちらです。

資料請求は、こちら

漆喰か珪藻土か迷っている方、あるいは、
予算がないけど、塗り壁はあきらめたくないという方、
塗り壁選びのコツ」メール講座をご活用ください。

無料購読はこちら

カテゴリー: リフォーム 壁 | タグ: , | リフォームで壁を工事する選択肢 はコメントを受け付けていません。

漆喰の壁のメリットデメリット

投稿日:2016年06月28日 作成者:


塗り壁というと、漆喰の壁と、珪藻土の壁が
人気を二分する。

漆喰好きの人と、珪藻土好きの人には、
好みの違いがあるし、

漆喰と珪藻土では、性能も特徴も全く違う。

では、漆喰の壁のメリットとデメリットといった
ことは、どんなことがあるでしょうか?

少し詳しく解説していきましょう。

漆喰の壁は、調湿性は期待できない

漆喰壁は、平滑な仕上げが多い

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤坂です。
漆喰の壁は、調湿性があってと期待する方は、
多いと思います。

確かに、調湿性が無い訳ではないのですが、
漆喰そのものは、調湿性が高くないのです。

なぜかというと、もともとの漆喰の壁は、
下地が土壁でした。

そして表面の漆喰部分は、ほんの1mm、2mmしか
無かったのです。

それは、今も昔も変わりがありません。

つまり、昔の漆喰の壁が調湿したのは、
下地の土壁と合算された性能だった訳です。

今の家は、下地が、石膏ボードなので、
調湿性能は、ありません。

漆喰の壁もカビる

漆喰は、カビないとか、風邪の予防になる
といったことを言う人がいますが、

漆喰の壁もカビます。

では何を根拠に漆喰の壁は、カビない
などといった話が出るかというと、

漆喰の壁は、施工直後は、強アルカリです。
それによって、カビ菌の増殖や、

風邪のウイルスなどの対策になるのではないかと
考えたいからだと思います。

しかし、漆喰がアルカリ性を保っているのは、
4,5年の間です。

それを過ぎると、中性化が進み、カビも発生する
ようになるのです。

自浄作用はいい過ぎ

漆喰の壁には、「自浄作用」があって、
掃除しなくても、美しく、白い状態に
保たれるといった話を聞くことがあります。

しかし、それは、いい過ぎだと思います。

塗り壁についた汚れというのは、
徐々に馴染むので、

気にならなくなるといった程度の言い方が
良いように思うのです。

なかには、酸化チタンが入っていることを
強調する場合もありますが、

たとえ抗菌効果や、自浄作用があっても、
酸化チタンが塗り壁の表面に浮いていないと

効果を発揮しませんから、ナンセンスと言えます。

平滑な仕上げはプロの技

漆喰の壁の標準的な仕上げパターンは、
平滑な感じです。

素人の方は、パターンのついた仕上げの方が
手間が係っていて、高いのではないか?

といった誤解をされている方が多いですが、
実は、漆喰の壁は、平滑に仕上げる方が大変だし、

技術のあるプロでないと出来ないことなのです。

漆喰の壁の価格は高くつく

漆喰は、原料そのものは、
高いものではありません。

いや、「本物の漆喰」は、材料費は安いと言えます。

しかし、工事に手間暇がかかるので、
材料費と、工事代を合算した

最終的な価格は高くついてしまうのです。

つまりは、好き嫌い

漆喰の壁にすると、ツルっとした平滑な仕上げに
する場合が多いです。

それが昔からの漆喰の壁に近いものです。

粒子の細かい粉を使うので、表面がチカッたりもします。

それに反し、珪藻土の塗り壁は、
ツブツブとした風合いになります。

どちらが自分の好みに合うかを考えて、
素材選びをするといいと思います。

また、漆喰であっても、パターンを付けた
仕上げができるので、

好み次第だと思います。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

アトピッコハウスの漆喰風塗り壁「漆喰美人」の資料のご請求は、こちらです。

資料請求は、こちら

漆喰か珪藻土か迷っている方、あるいは、
予算がないけど、塗り壁はあきらめたくないという方、
塗り壁選びのコツ」メール講座をご活用ください。

無料購読はこちら

カテゴリー: 漆喰の壁 | タグ: | 漆喰の壁のメリットデメリット はコメントを受け付けていません。

内装を塗り壁にしたい人が、気になること

投稿日:2016年05月23日 作成者:


家を建てたり、リフォームする際、
内装を塗り壁にしたいという人は、結構いると思います。

しかし、何を選んだらいいのか、
どんな違いがあるのか分からないという人も、
多いように思います。

そこで、珪藻土も漆喰も作っているメーカーの経営者として、
内装用の塗り壁に関して、少し解説してみようと思います。

そもそも、どんな塗り壁がいいのか

内装の塗り壁施工事例

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤坂です。
内装用の塗り壁といっても、
珪藻土や漆喰といった代表的なものから、

最近作られたユニークな製品まで、
塗り壁1つとっても、品数は豊富です。

選ぶといっても、それぞれの違いが分からないと、
選べません。

それと、ご自身が、何を求めているのかによって、
自分に相応しい製品が変わってきます。

では、それぞれの製品に、どんな特長があるのでしょうか?

漆喰がいいのか、珪藻土がいいのか

漆喰は、何千年の前からありますし、
日本でも、普通に住宅の内装材として使われる
ようになって、数百年は経っています。

内装を塗り壁にするというのは、
オシャレだとか、豪華ということもありますが、

耐火性があったり、室内が快適であったりと、
人の健康や、命を守るという意味でも、

価値がある訳です。

燃えにくいし、有毒ガスも出ない。

しかし、昔ながらの自然素材100%の塗り壁なら、
たとえ火災になっても、有毒ガスは出ないし、

厚みもあるから、断熱性もあります。

しかし、今は、石膏ボードの上に、
仕上げ材として塗るので、

厚みが、1mm、2mmしかありません。
漆喰にしても、珪藻土にしても、

厚みは1mm、2mmです。

それで昔と同じ性能を期待しても、
無理があるのです。

では、どんな塗り壁がいいのか?

内装を塗り壁にするなら、
目的を明確にした方がいいと思います。

意匠性なのか、快適性なのか、豪華さなのか?
それによって、選ぶ塗り壁も変わってきます。

調湿性を求めるのであれば、断然、珪藻土がお勧めです。
ただ、珪藻土は、フラットな仕上げに出来ない
場合が多いので、

もし、フラットの感じに仕上げたいのから、
漆喰を選ばれるといいと思います。

ただ、漆喰は、珪藻土よりも、調湿性に劣りますので、
大きな調湿性を期待する場合は、

不向きだと言えます。

内装用塗り壁の価格の違いは?

塗り壁は、職人さんが工事して、
初めて完成します。

材料だけでは、「半製品」です。

施工賃は、職人さんの手間暇が、どの程度かかるかによって、
変わってきます。

また、下地の処理を、どの程度しないとならないのかによっても、
材料代も、手間賃も変わってきます。

つまり、下地処理が簡単で、仕上げも
ササッと終わるような素材なら、

工事代金も安くすむけど、
手間暇のかかる製品は、材料代も、
工事賃も高くついてしまうということです。

塗り壁のDIYはお勧めか?

予算がないから、塗り壁をDIYしたいという方もいますが、
少ない面積なら、楽しく工事できても、

広い面積を最後まで楽しくやろうと思うと、
DIYが趣味じゃないと、難しいと思います。

内装を塗り壁にしたいのであれば、
DIYよりも、プロに依頼した方がいいのではないか

というのが、私の結論です。

私の会社の製品もDIY出来ますが、
難易度は高い方です。

調湿性や意匠性といった品質を重視したいのか、
コストを優先したいのかによって、
変わってくると思います。

いかがでしたか?

内装を塗り壁にしたいのであれば、
自分は、調湿性や消臭性といった「機能」を優先にしたいと
思っているのか?

あるいは、塗り壁の雰囲気、意匠性を
気に入っていて、実現したいと思っているのか?

そこを明確にして、製品選びをするべきだと
理解頂けましたか?

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

3種類の内装用塗り壁の資料のご請求は、こちらです。

塗り壁比較サイト

漆喰か珪藻土か迷っている方、あるいは、
予算がないけど、塗り壁はあきらめたくないという方、
塗り壁選びのコツ」メール講座をご活用ください。

無料購読はこちら

カテゴリー: 内装 塗り壁 | タグ: , | 内装を塗り壁にしたい人が、気になること はコメントを受け付けていません。

珪藻土のお手入れ5つの秘訣

投稿日:2016年03月15日 作成者:


珪藻土の塗り壁にあこがれはあっても、
お手入れが気になって、採用を躊躇するという方も
多いと思います。

では、珪藻土のお手入れって、そんなに大変なのでしょうか?
珪藻土の問題点というと、ボロボロする、触ると白くなる。
お掃除が大変、ピンも画鋲も刺せないといったことです。

しかも欠けたり割れたりした箇所を補修するのも大変。
そんな時どうしたらいいのか、5つに絞ってお伝えしたいと思います。

珪藻土のお手入れ1:まずは、製品選び

珪藻土は、製品選びがキモ

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤坂です。
珪藻土の塗り壁は、ボロボロするとか、触ると白くなる
というのが、一般の方の認識だと思います。

確かに、そういう塗り壁もありますが、触ってもボロボロしないし、
白くならないという珪藻土塗り壁もあります。

ただ、製品によっては、塗り壁の魅力である
調湿性があまりない製品もあるので、注意が必要です。

珪藻土は、珪藻土単体では、固まりません。
そこで、珪藻土を固めるために、

結合剤というものを加えます。

そして、その結合剤の種類によっては、
珪藻土の「穴」を塞ぎ、

折角の調湿性能を阻害してしまうのです。
調湿性能を期待して、珪藻土を選ぶのであれば、
どうやって固めているのかを確認し、

調湿性能も確認した上で、採用を決定すべきだと思います。

珪藻土のお手入れ2:ボロボロしなければ、掃除も楽

珪藻土は、ボロボロするから、お手入れが大変だと
いう方もいらっしゃいます。

しかし、よく考えれば、ボロボロしない珪藻土を選べば
済む話です。

但し、珪藻土の穴を塞ぐような固め方をした
珪藻土塗り壁だと、ボロボロしないとしても、

調湿性能を期待することはできないかも知れません。
こちらも注意が必要です。

珪藻土のお手入れ3:硬く仕上がれば、ピンも刺せる

珪藻土の塗り壁は、ピンも画鋲も刺せない
という場合もあります。

だから、珪藻土の塗り壁にすると、
壁に、ポスターもカレンダーも貼れないということがあります。

しかし、こちらも製品次第です。

調湿性能がしっかりとあって、硬く固まる珪藻土を
採用すれば、画鋲もピンも刺せるので、
ポスターやカレンダーも貼れるし、

お手入れが大変ということはないのです。

珪藻土のお手入れ4:タッチアップは目立つと覚悟

調湿性能が高くて、硬く固まってくれる
珪藻土塗り壁を採用すれば、

日常のお手入れの問題は、ほぼ解決すると思います。

ただし、何かをぶつけて、欠けたり、
割れたりした場合は、別です。

また、酷い汚れをつけた場合も、
ちょっとこすった程度は取れません。

その場合は、削り落とすか、タッチアップするしかありません。

タッチアップとは、同じ色の珪藻土塗り壁を
筆先や、ハケ、コテ等を使って、

塗り重ねていくことを意味します。

目立たないように、上手に「誤魔化す」訳です。
それでも、補修箇所は目立ちます。

珪藻土のお手入れ5:塗り替えは、重ね塗り

珪藻土塗り壁のお手入れの最終段階は、壁の塗り替えです。
大きく汚れたとか、傷がついたとか、

イメージチェンジを図りたいといった時が考えられます。

塗り替えは、プロの仕事になります。
もちろんDIYも出来るかも知れませんが、

仕上がりの美しさを求めるのであれば、
迷わずプロに依頼された方が、いいと思います。

いかがでしょうか?
珪藻土塗り壁も、製品選びさえ間違わなければ、

ボロボロすることもないし、掃除もしやすいし、
画鋲やピンも刺せますから、ポスターやカレンダーも貼れます。

それに、ちょっと擦った程度で、洋服が白くなったりもしません。
しかも、珪藻土本来の調湿性能に優れた製品であれば、
お部屋を快適にしてくれます。

お手入れを気にせず生活するためには、やはり製品選びが大切です。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

珪藻土塗り壁「はいから小町」の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

漆喰か珪藻土か迷っている方、あるいは、
予算がないけど、塗り壁はあきらめたくないという方、
塗り壁選びのコツ」メール講座をご活用ください。

無料購読はこちら

カテゴリー: 珪藻土 お手入れ | タグ: , | 珪藻土のお手入れ5つの秘訣 はコメントを受け付けていません。

塗り壁のメンテナンス(内装5項目)

投稿日:2016年03月04日 作成者:


塗り壁のメンテナンスが気になって、内装に塗り壁を選べない
という方もいると思います。

たとえば、そもそもボロボロする塗り壁を選ばないとか、
汚れは、まず消しゴムで試し、ハイターで漂白してみる。

それがダメなら、サンドペーパーで、削り落とす、
そして最後は、重ね塗りする。

メンテナスの手順を間違うと、汚れも取れないし、かえって
見苦しいことになるので、注意が必要です。
では、詳しく解説していきましょう。

1.そもそもボロボロする塗り壁を選ばない

ボロボロしない塗り壁が、お勧め

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤坂です。
塗り壁のメンテナンスで、一番重要なことは、
まずは、そもそもボロボロする塗り壁を

内装に選ばないということです。

ちょっと触ったら白くなるとか、
洋服をこすったら、洋服が白くなる。

カレンダーやポスターも貼れない。
そんな塗り壁を選ばないということです。

では、堅ければいいのか?
ボロボロしなければいいのか? というと、
内装に塗り壁を選ばれる方は、

塗り壁の豪華さ、格好よさに加えて、
室内が快適になることを希望している筈です。

となると、キチンと調湿する塗り壁であるのか?
また、調湿性能は優れているのか? といったことも、

製品選びには、欠かせない要素ということになる訳です。

調湿性能が優れていることが前提となって、
ボロボロしない塗り壁を選ばれることが、

塗り壁にして、あとで、メンテナンスが大変になるという
後悔を避ける秘訣ということになる訳です。

では、具体的な塗り壁のメンテナンス方法とは、
いったいどんな手順がいいのでしょうか?

具体的な話をします。

2.汚れ落としは、まず消しゴムで試す

塗り壁の汚れ落としは、まずは、優しく始めて、
徐々にハードにするのが鉄則です。

ハタキのようなもので、はたいて取れないのか?
布で擦って取れないのか?

その当たりを試してみます。

そして、意外に効果を発揮するのが、
消しゴムでこすってみるというやり方です。

それで意外と汚れが取れる場合があるのです。

ただ、これは、あとで説明するメンテナンス方法にも
共通する話ですが、

汚れた箇所が綺麗になることで、
周辺部と違った感じになって、

かえって目立つ場合があるということです。

いっそのこと、へんに弄らないで、
そのまま放置しておいた方が良かったという場合も

あるのです。

本当にメンテナンスしたいのか?
メンテナンスするべきなのか?

それをじっくり考えてから、作業に入るべきです。

3.次に、ハイターで漂白してみる

消しゴムで落ちなかったら、汚れの種類にもよりますが、
漂白剤の「ハイター」で漂白してみるという「技」があります。

酸素系の優しい漂白剤ではなく、塩素系の強い漂白剤です。

ひょっとすると、塗り壁の染み、汚れは、
これで綺麗になるかもしれません。

ただし、この方法は、メンテナンスした箇所と、
その周辺の色合いが違うことになり、

かえって目立つ場合があるということです。

それを避けるためには、
そもそも「純白の塗り壁」にしておくという選択肢があります。

白は、施工時の「色ムラ」も発生しにくいし、
補修しても、補修箇所が目立ち難いという

メリットがあります。

4.サンドペーパーで、削り落とす

塗り壁のメンテナンスで、次の方法が、
サンドペーパーで削り落とすというやり方です。

これは、物理的に汚れ箇所を削り落とすので、
表面的な汚れなら、完璧に取れます。

ただし、奥まで染みこんだ汚れは、取れません。

また、サンドペーパーで塗り壁を擦ると、
塗り壁のテクスチャーが変わってしまうので、

メンテナンスした箇所が、かえって目立つ場合がある
ということです。

サンドペーパーを使うのは、かなりハードな挑戦ということになります。

5.最後は、重ね塗りする

塗り壁のメンテナンスの最終手段は、
補修したい箇所の塗り壁の上に、

新しい塗り壁を重ね塗りするということです。

硬く固まった塗り壁は、剥がすのが大変なので、
既存の塗り壁の上に、重ね塗りをするのです。

もちろん、これは塗り壁のプロに依頼します。
塗り壁の塗り直し、重ね塗りといったことは、

素人のDIYで出来るほど簡単なことではありません。

いかがでしょうか?

塗り壁のメンテナンスというのは、まずは、消しゴムで
消してみる。

そして、漂白剤を試してみる。
その後、サンドヘペーパーで削り落とす、塗り壁を重ね塗りする
といったように、ハードな方向に進んでいくべきなのです。

ただ、そもそもの話としては、調湿性能を担保した上で、
ボロボロしない白い塗り壁を選ぶことが、

のちのちのメンテナンスもしやすいということです。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

珪藻土塗り壁「はいから小町」の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

漆喰か珪藻土か迷っている方、あるいは、
予算がないけど、塗り壁はあきらめたくないという方、
塗り壁選びのコツ」メール講座をご活用ください。

無料購読はこちら

カテゴリー: 塗り壁 メンテナンス 内装 | タグ: , , | 塗り壁のメンテナンス(内装5項目) はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ:0467-33-4210(受付時間:平日8:30 ~ 17:30)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら
PAGE TOP

プロフィール

エコ建材メーカー、アトピッコハウスの創業社長。著書に「+500円で自然素材の家が建つ!」がある。新聞掲載155回以上、テレビ・ラジオ出演、講演実績多数、自然素材開発のパイオニアを自認。珪藻土、漆喰、壁紙、無垢材、畳などのオリジナル健康建材を製造販売。アトピッコハウスは、自然素材の内装建材が一通り揃う小さな専門メーカー。

パーフェクトウォール 内装用カオリンの壁
塗り壁選びのコツ(メール講座全7回)

Calendar

2017年3月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Facebook(後藤 坂)

Facebook(後藤 裕美)

twitter

  • ユーザー向け
  • goto hiromi
  • プロ向け
  • goto saka

facebook

RSSで読む

YouTube アトピッコハウスのチャンネル

最近の投稿

カテゴリー