塗り壁のメンテナンスは、どうすればいいの?

投稿日:2014年02月28日 作成者:


こんにちは!
漆喰・珪藻土・塗り壁ブログを運営している
アトピッコハウス㈱、自然素材のパイオニア後藤坂です。

塗り壁のメンテナンスは、
製品によって、やり方が違います。

塗り壁のメンテナンス

簡単に補修が出来て、補修跡が
目立たないというのが、

理想ですが、

ボロボロと崩れるような製品では、
そもそもお掃除が大変です。

かといって、接着剤が固めたような製品だと、
塗り壁にした意味がありません。

折角、塗り壁にするのなら、
塗り壁の豪華さ、性能を堪能したいものです。

では、塗り壁のメンテナンスは、
どうすればいいのか?

基本、何もする必要は、ありません。

ただ、汚したり、傷をつけた時には、
補修したいという気持ちになると思います。

まず、汚れの補修方法を解説します。

塗り壁そのものが、堅く仕上っている製品なら、
消しゴムで、消せる場合があります。

かといっても、経年変化で、
全体にくすんでいれば、

消しゴムで、こすった跡は残るので、
上手に、消しゴムをこする必要があります。

次に、消しゴムで消えないような汚れの場合は、
サイドペーパーで、削り落とすという方法が

あります。

サンドペーパーには、目の細かさに
種類があるので、

漆喰調のフラットに仕上った塗り壁なら、
目の細かいもの、

珪藻土のツブツブした感じに上がった塗り壁なら、
目の粗いものといった感じで、

サンドペーパーを使い分けるといいです。

120番から240番程度のサンドペーパーで、
用が足りると思いますが、

実際に補修する壁に併せて、
何種類か用意してみると、いいと思います。

サンドペーパーそのものは、
高いものではありません。

ホームセンターとか、事務用品店で、
購入できます。

ただ、サンドペーパーで壁をこすると、
こすったあとは、目立ちます。

ここも、慎重に、ジワジワとこする方がいいと思います。

まずは、目立たない箇所で、
こすってみて、

その後、本格的にこすり始めるという手順を
踏まれると、後悔が少ないと思います。

消しゴムや、サンドペーパーで補修できない程の
汚れや、欠けといった場合は、

「塗り直し」というメンテナンスの方法もあります。

ただ、この場合は、
部分的に塗り直すと、「目立つ」ので、

目立たないように補修したい場合は、
最低、壁一面の塗り直しは、必要です。

この塗り壁のメンテナンス方法に関しては、
アトピッコハウス製品に関しても、基本同じです。

ただ、アトピッコハウスの塗り壁は、
どれも固く仕上るので、

・消しゴム
・サイドペーパー

は、同様に使えます。

さらに、お醤油とか、コーヒーといった場合は、
キッチンハイターをお試し頂くことも出来ます。

さらに、小さな割れや、欠けといった場合は、
壁に塗ってある製品と同じ製品の粉を入手して頂き、

小さな器で、こねて、
指先、筆、ハケ、コテなどで、

簡単に、欠けている部分に、「盛り付ける」ことが出来ます。

壁全体を塗り直さず、
部分補修をする場合は、

「芸術作品」を作るのと、同じです。

丁寧に、あとはセンスよく、
やって頂くことですね!

欠けている所に、練った粉を盛り付けて、
筆やハケで、表面を周囲に同調させる訳です。

乾くと、徐々に目立たなくなりますが、
多少の汚れや、割れ、欠けは、

気にしないことにすれば、一番ストレスもないと
思いますね!

そのためにも、アトピッコハウスの製品しかないとは
言いませんが、表面が固く仕上って、

ボロボロしない塗り壁を選ばれることを
お勧めしたいと思います。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

はなまるエコ建材の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

漆喰か珪藻土か迷っている方、あるいは、
予算がないけど、塗り壁はあきらめたくないという方、
塗り壁選びのコツ」メール講座をご活用ください。

無料購読はこちら

カテゴリー: 塗り壁 メンテナンス | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 塗り壁のメンテナンスは、どうすればいいの? はコメントを受け付けていません。

塗り壁を、わが家の壁材に

投稿日:2014年02月26日 作成者:


こんにちは!
漆喰・珪藻土・塗り壁ブログを運営している
アトピッコハウス㈱、自然素材のパイオニア後藤坂です。

北海道で、新築を計画中という方から、
こんな理由で、パーフェクトウォールの

資料請求を頂きました。

パーフェクトウォール

現在新築中で外壁は立ち上がり内壁材に悩んでます。
色が豊富な貴社の製品を見てわが家の壁材として
検討したいとおもいました。

シックハウス対策とか健康配慮といったことに
焦点を当てて、情報発信していた時代に、

「当社製品を選んでくれた理由」を聞いて、
色が綺麗だったから、というのがあって、

「やっぱ、色かぁ~」

という強い印象を持ったことを
昨日のことのように思い出します。

アトピッコハウスには、
3種類の塗り壁材があります。

1つは、もっとも最初に作った
珪藻土塗り壁「はいから小町」です。

全8色のカラーバリエーションがあります。

そして、次に作ったのが、
漆喰調の塗り壁、花の塗り壁「漆喰美人」です。

こちらは、全20色あります。

はいから小町が、純白を基準にして、
濁りのないパステルカラーが中心なので、

漆喰美人は、わざと、少し濁りを入れた、
和風テイストのカラーバリエーションにしています。

もちろん、洋室にも使えます。

製品の品質や、こだわりといった点は、
創業の頃と変わっていませんが、

情報の発信の仕方は、以前のような
マニアックなものではなく、

自然素材や、塗り壁に憧れをもってくれる
ユーザーに「いいね」と言ってもらえるような
内容に変えてきました。

それで、シックハウス対策とか、
健康配慮といった

危険とか、危ないから、
自然素材にしたいと思っている層から、

・気持ちいい
・雰囲気がいい
・贅沢な感じがする
・インテリアが映える

などといった、軽い理由で、
採用頂けるようになったのです。

3番目に作った、
カオリンの壁「パーフェクトウォール」は、

大手なみに、
43色のカラーバリエーションにしました。

14系統のカラーバリエーションに、
それぞれ、3種類の濃淡があって、

ベース色の白が入って、
43色という展開になっています。

この商品は、もともと最初から
狙って作った商品ではありません。

漆喰調塗り壁、漆喰美人用の製造過程で、
アク止め効果の高い下塗り材の開発が必要となり、

開発した「下塗革命」という下塗り材が、
あまりにも綺麗だったので、

これに着色すれば、
仕上げ用の塗り壁材が出来るのではないか?

と、考えた訳です。

そして、もともと下塗り材であったこともあるので、
完成した製品は、

クロスに代わる製品として、
低価格で販売することを決定したのです。

さすがに、ビニールクロスと
同等程度といった価格には、なりませんでしたが、

エコクロスや高級クロスのご予算がある方には、
十分、検討頂ける商品になりました。

だから、価格を抑え、
カラーバリエーションを豊富にし、

「色」とか「価格」で、
選んでもらいたいと考えているのです。

塗り壁は、高いという認識があるので、
「安い材料」であっても、

施工賃を高く請求されて、
コストダウン効果を実感できないという

ケースも発生するので、
ある程度まとまった施工面積にしないとならないし、

価格交渉も必要です。

パーフェクトウォールの施工賃が下がるのは、
材料代が安いこともありますが、

プロにとっては、施工性のいい素材だし、
下地処理等が簡単なので、

手間暇がかからないのだから、
安くしてください。

という商品なのです。

だから、初めて使う場合、
職人さんと価格交渉をしないとなりません。

それもあって、
プロ専用の塗り壁として、

販売しています。

工務店とか、建築会社といった建築のプロが、
左官屋さんという壁を塗ってくれるプロに、

「こういう商品だから」
「この価格で、やって欲しい」

という交渉をしてもらいたいのです。

それが前提で、
クロスの代替え品として検討できる価格に収まるのです。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

珪藻土塗り壁「はいから小町」の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

花の塗り壁「漆喰美人」の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カオリンの壁「パーフェクトウォール」の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

漆喰か珪藻土か迷っている方、あるいは、
予算がないけど、塗り壁はあきらめたくないという方、
塗り壁選びのコツ」メール講座をご活用ください。

無料購読はこちら

カテゴリー: 塗り壁 壁材 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 塗り壁を、わが家の壁材に はコメントを受け付けていません。

塗り壁のパターン仕上げに関して

投稿日:2014年02月20日 作成者:


こんにちは!
漆喰・珪藻土・塗り壁ブログを運営している
アトピッコハウス㈱、自然素材のパイオニア後藤坂です。

塗り壁にする場合、
漆喰のようなフラットな仕上げもありますが、

パターンを付けた仕上げを好まれる方が多いです。

塗り壁の仕上げパターン

どちらかというと、
本物の漆喰を好まれる方は、

フラットな感じを好む傾向があり、
単に、塗り壁を希望されている方は、

パターンをつけた仕上げを
好まれているように感じます。

あくまで仕上げパターンは、
どちらがお勧めというのは
ありません。

極端な仕上げパターンにしない限りは、
ホコリが溜まるといったこともありませんし、

仕上げパターンによって、
調湿性能が変わるといったことも、

それほどありません。

大胆な仕上げパターンをつけると、
壁の塗り厚が、厚くなるので、
その分、調湿性能はアップすると思います。

ただ、材料を沢山使うと、
1袋当たりの施工面積が少なくなるので、

多少、費用が余計にかかります。

といっても、微差です。

塗り壁材には、製品によって、
特徴がありますので、

パターンを付けやすい商品と、付け難い商品というのが、
あります。

アトピッコハウスの塗り壁材でいうと、
珪藻土塗り壁「はいから小町」や、
花の塗り壁「漆喰美人」なんかは、

はっきりとした仕上げパターンを付けることが出来ます。

しかし、カオリンの壁「パーフェクトウォール」は、
はっきりとした仕上げパターンが付けられません。

壁に塗った直後は、かっこいい仕上げパターンを
表現できるのですが、

少し時間が経つと、エッジが消えて、
滑らかな感じになるのです。

優しい感じと表現してもいいと思うのですが、
クッキリ、ハッキリした仕上げパターンが
好きな人にとっては、

少々物足りない感じになるのです。

パーフェクトウォールの製品開発当初は、
DIY出来る商品としても売りたかったし、

各種の仕上げパターンも
希望のままに出来ますよぉ~

と言った売り方がしたかったのですが、
テスト施工を繰り返す過程で、

断念しました。

今では、なんとなくパターンを付けたり、
滑らかな仕上げパターンを容認できる

ストーム仕上げストーム仕上げ

コテ波仕上げ
コテ波仕上げ

ラフ仕上げ
ラフ仕上げ

この3種を参考仕上げパターンとして、
ご紹介する程度に留めています。

但し、パーフェクトウォールの最大の特徴は、
価格が安いということです。

予算はないけど、塗り壁は諦めたくないという方、
そんな方に選んで頂きたい製品なのです。

調湿性能も、61gはあるので、
一般的な漆喰よりも調湿性能は上です。

スパニッシュ仕上げ
スパニッシュ仕上げ

扇仕上げ
扇仕上げ

ハッキリした仕上げパターンをお好みの場合は、
珪藻土塗り壁「はいから小町」か、
花の塗り壁「漆喰美人」をお勧めいたします。

但し、価格は、パーフェクトウォールよりも高くなります。

珪藻土塗り壁「はいから小町」は、
下塗りが必要ありませんので、

漆喰美人よりも安く工事できます。

どちらも、しっかりとしたパターンが付けられます。
但し、はいから小町は、表面が

ユズ肌になります。

漆喰美人は、ツルっとしています。

この当たりは、好みなので、
どちらがお勧めとは言えません。

また、調湿性能の良し悪しが優先されて、
しっかりとした仕上げパターンを付けたいのであれば、

珪藻土塗り壁「はいから小町」という選択が、
お勧めになりますね!

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

珪藻土塗り壁「はいから小町」の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

花の塗り壁「漆喰美人」の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カオリンの壁「パーフェクトウォール」の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

 

漆喰か珪藻土か迷っている方、あるいは、
予算がないけど、塗り壁はあきらめたくないという方、
塗り壁選びのコツ」メール講座をご活用ください。

無料購読はこちら

カテゴリー: 塗り壁 パターン | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 塗り壁のパターン仕上げに関して はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ:0467-33-4210(受付時間:平日8:30 ~ 17:30)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら
PAGE TOP

プロフィール

エコ建材メーカー、アトピッコハウスの創業社長。著書に「+500円で自然素材の家が建つ!」がある。新聞掲載155回以上、テレビ・ラジオ出演、講演実績多数、自然素材開発のパイオニアを自認。珪藻土、漆喰、壁紙、無垢材、畳などのオリジナル健康建材を製造販売。アトピッコハウスは、自然素材の内装建材が一通り揃う小さな専門メーカー。

パーフェクトウォール 内装用カオリンの壁
塗り壁選びのコツ(メール講座全7回)

Calendar

2017年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Facebook(後藤 坂)

Facebook(後藤 裕美)

twitter

  • ユーザー向け
  • goto hiromi
  • プロ向け
  • goto saka

facebook

RSSで読む

YouTube アトピッコハウスのチャンネル

最近の投稿

カテゴリー