» 2017 » 5月 » 12のブログ記事

砂壁や漆喰をリフォームするには?

投稿日:2017年05月12日 作成者:


古い家をリフォームする際、現状の壁が
砂壁や漆喰ということがあります。

表面を触ると、ボロボロしていて、このまま上に
塗り重ねていいのやら、

どうやってリフォームしたらいいのか迷うと思います。
そこで、砂壁や漆喰の壁をリフォームする際に、

注意事項等を書いてみたいと思います。

削り落として、剥がすのが基本

砂壁も漆喰も一旦剥がす

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤坂です。
古い家の砂壁や漆喰を新しい「塗り壁」に変更したいという場合、
まずは、現状の壁を剥がして頂くというのが、

基本になると思います。

剥がして、下塗りして、それから、
新しい「仕上げ材」を塗る訳です。

ボロボロしていたら、絶対に剥がす

もし、砂壁や漆喰の表面を触ってボロボロしていたら、
間違いなく剥がさないと、失敗します。

何が怖いかというと、ボロボロしている状態の
砂壁や漆喰の上から、新しい材料を塗り重ねると、

ペロっと剥がれて来るのです。

その意味でも、古い砂壁や漆喰は、一旦剥がしてから、
下地を整えて、塗り直す必要がある訳です。

状態が良ければ、重ね塗り

古い砂壁や、漆喰は、「剥がす」のが基本ではありますが、
触ってボロボロしない、白くならないということであれば、

そのまま古い砂壁や漆喰の上に、
下塗り材を塗って、下地を固めて、

仕上げても、上手くいく場合があるかも知れません。

だけど、「危険」であることは確かなので、
専門家の人に判断してもらって、

自己責任でやるということになります。

プロに聞いたら、古い砂壁や漆喰は、
剥がす必要があると言う筈です。

もし、剥がれてきたら、「責任問題」に発展するからです。

砂壁にしろ、漆喰にしろ、表面の仕上げ部分は、
1mm、2mmの厚さです。

「剥がす」手間暇は、余計な工賃であることは確かです。
しかも、ものすごいホコリが立つので、

出来れば剥がさないで、工事を進めたい気持ちにもなります。
でも、安全を考えたら、古い仕上げ材は剥がしておいた方が
無難ということになります。

ボードを貼るという方法もある

古い砂壁や漆喰を剥がさないで、その上に、
新規の石膏ボードを貼って、下地を作るという方法もあります。

特に、「塗り壁から塗り壁」ではなく、
「塗り壁からクロス」に変更するような場合は、

柱を含めて、古い壁全部を覆い隠して、
新しい仕上げ材を塗るなり、貼るなりという
作業をする訳です。

これだと、ホコリもたたないし、作業も簡単です。

しかし、石膏ボードの厚みは、12mmほどあるし、
柱を隠す形になるので、

それも含めて、部屋が若干狭くなるという欠点がありますので、
どちらがいいかは、判断する必要があります。

下地を整えることが最重要

古い砂壁や漆喰を、珪藻土その他の
新しい「塗り壁」にしたいという場合は、

まずは、現状の壁の「下地を整える」ことが最も大事です。

下地が整っていないと、新しい塗り壁材も
塗れませんし、仕上げることが出来ないからです。

古い砂壁や、漆喰は、剥がすことが基本です。

いかがでしょうか?

古い砂壁や漆喰を塗り替える場合は、
一旦、「表面部分」の仕上げ材を剥がして、

下地を整えてから、新しい「仕上げ材」を塗らないとならない
ということがご理解頂けたでしょうか?

アトピッコハウスでは、アク止め効果の高い、
下塗り材「下塗革命」を製造販売しており、

割と状態のいい古い塗り壁なら、
剥がさず上から塗って仕上げることが出来る場合があります。

ただし、それも絶対大丈夫と約束できる性能ではないので、
現場での判断ということになります。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

資料のご希望の方は、こちらからご請求頂けます。

資料請求は、こちら

漆喰か珪藻土か迷っている方、あるいは、
予算がないけど、塗り壁はあきらめたくないという方、
塗り壁選びのコツ」メール講座をご活用ください。

無料購読はこちら

カテゴリー: 砂壁 漆喰 | タグ: , | 砂壁や漆喰をリフォームするには? はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ:0467-33-4210(受付時間:平日8:30 ~ 17:30)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

エコ建材メーカー、アトピッコハウスの創業社長。著書に「+500円で自然素材の家が建つ!」がある。新聞掲載155回以上、テレビ・ラジオ出演、講演実績多数、自然素材開発のパイオニアを自認。珪藻土、漆喰、壁紙、無垢材、畳などのオリジナル健康建材を製造販売。アトピッコハウスは、自然素材の内装建材が一通り揃う小さな専門メーカー。

パーフェクトウォール 内装用カオリンの壁
塗り壁選びのコツ(メール講座全7回)

Calendar

2017年5月
« 4月   6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Facebook(後藤 坂)

Facebook(後藤 裕美)

twitter

  • ユーザー向け
  • goto hiromi
  • プロ向け
  • goto saka

facebook

RSSで読む

YouTube アトピッコハウスのチャンネル

最近の投稿

カテゴリー