珪藻土 カビ対策

珪藻土でも、カビ対策は必要

投稿日:2014年06月11日 作成者:


こんにちは!
漆喰・珪藻土・塗り壁ブログを運営している
アトピッコハウス㈱、自然素材のパイオニア後藤坂です。

珪藻土は、調湿性があるので、カビは生えない。
そう考えている人も多いと思います。

珪藻土塗り壁「はいから小町」

しかし、カビが生える条件が揃えば、
珪藻土であろうが、漆喰であろうが、
カビは、どこでも生えるのです。

では、カビが生える条件とは、なんでしょうか?

まずは、温度と湿度です。
カビの生育に相応しい温度や湿度になれば、

どこにでもカビは生えて可笑しくないと
いうことになります。

そして、カビの温床になる有機物も必要になりますが、
これは食べ物カスとか、

石鹸カスとか、人のフケとかアカも有機物。
つまり、カビの栄養源になるものなら、

なんでもいい訳です。

そして生育に必要な適度な時間の長さが必要という
ことになりますね!

人が快適に暮らす温度は、カビも快適。
湿度は、人が快適と思うより、もうちょっと高い湿度を好むカビが多い。

そして、あとは、温床になる有機物と、時間。
ということになるので、

カビを予防しようと思うと、
湿度をしっかりコントロールして、

掃除をマメに行うということが一番いいように思います。

珪藻土や漆喰といった塗り壁は、
調湿性があるので、

部屋の湿気を吸収してくれる。

だから、部屋を快適にしてくれて、
湿気対策、カビ対策にもなると
考えたいものです。

しかし、実際には、珪藻土の壁にも、
カビのエサとなる「のり」や「接着剤」が使われていたりもします。

いくら珪藻土に調湿性があるからといっても、
全く換気をしないで、

年中締め切っていては、
珪藻土の壁が吸い取った湿気を吐き出すチャンスはないので、
珪藻土の壁であっても、

カビが発生して可笑しくないわけです。

アトピッコハウスの珪藻土塗り壁「はいから小町」は、
「のり」や「接着剤」といった成分で、

珪藻土を固めていないので、
カビが発生するリストは少ないと思います。

それでも、完璧はないと思います。

壁の内部にカビが生えないとしても、
表面に、汚れや食べ物カスなどがつけば、
カビが生える可能性はあると思います。

はいから小町も、発売以来、15年ほど経過していますが、
カビが生えたとお聞きしたことは、

2度ほどしかないですね!

1つは、おそらく、食べ物カスのような
有機物が壁表面に付着した結果だと思います。

そして、もう1つは、
冷蔵庫の裏です。

空気がこもって、湿気が溜まって、
何かの有機物が付着して、

長期間放置されているといった4つの条件が
整って、カビが生えたのだと思います。

でも、おそらくは、
この場合も、カビは、表面だけに留まっていると
思われるので、

壁の表面のケアだけすれば、綺麗になると思います。

珪藻土塗り壁「はいから小町」は、
豆腐を固めるニガリと、

医薬品とかにも使われるマグネシアという
成分で固めています。

つまり、カビのエサになる有機物を使っていないのです。
また、カビが生え難い要因としては、

固まり方の構造と、調湿性能にあるようです。

はいから小町を電子顕微鏡で見ると、
メッシュ状に固まっています。

その隙間を水蒸気が出入りする訳です。

そして、湿気が多い時は、珪藻土の穴に
水蒸気のツブが付着し、

部屋が乾燥してくると、
珪藻土の穴から、水蒸気のツブが出てきて、

室内を潤してくれる。

たった2mmの珪藻土の壁ですが、
はいから小町の壁の中は、

常に湿気が安定しないので、
それもあって、カビが壁の奥まで、菌糸を伸ばせない
ようなのです。

それは、科学的に実証したことではありません。

ただ、今までの実績を踏まえて、
おそらく、そうであろうということです。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

珪藻土塗り壁「はいから小町」の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

漆喰か珪藻土か迷っている方、あるいは、
予算がないけど、塗り壁はあきらめたくないという方、
塗り壁選びのコツ」メール講座をご活用ください。

無料購読はこちら

カテゴリー: 珪藻土 カビ対策 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 珪藻土でも、カビ対策は必要 はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ:0467-33-4210(受付時間:平日8:30 ~ 17:30)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

エコ建材メーカー、アトピッコハウスの創業社長。著書に「+500円で自然素材の家が建つ!」がある。新聞掲載155回以上、テレビ・ラジオ出演、講演実績多数、自然素材開発のパイオニアを自認。珪藻土、漆喰、壁紙、無垢材、畳などのオリジナル健康建材を製造販売。アトピッコハウスは、自然素材の内装建材が一通り揃う小さな専門メーカー。

パーフェクトウォール 内装用カオリンの壁
塗り壁選びのコツ(メール講座全7回)

Calendar

2017年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Facebook(後藤 坂)

Facebook(後藤 裕美)

twitter

  • ユーザー向け
  • goto hiromi
  • プロ向け
  • goto saka

facebook

RSSで読む

YouTube アトピッコハウスのチャンネル

最近の投稿

カテゴリー