珪藻土 カビ

珪藻土の、カビ対策とは?

投稿日:2014年04月08日 作成者:


こんにちは!
漆喰・珪藻土・塗り壁ブログを運営している
アトピッコハウス㈱、自然素材のパイオニア後藤坂です。

珪藻土にも、カビが生えることがある
といったら、驚く人も多いと思います。

しかし、それは紛れもない事実なのです。

珪藻土塗り壁「はいから小町」

そもそもカビというのは、
どんな時に発生するのでしょうか?

それは、カビの温床となる栄養を含んだ下地、
カビの生育に適した湿度と、温度、
更には、カビが生育するための時間です。

この条件が整えば、カビは何処にでも生えます。

よくお風呂場のプラスチックの洗面器に
カビが生えているの見かけると思います。

プラスチックには栄養ないじゃんと思うかも知れませんが、
人のアカとか、石鹸カスなどが「栄養分」になるので、

下地としては十分な条件を備えています。

また、温度、湿度、時間共に、
文句なしに揃っています。

その結果、カビが発生する訳ですね!

では、珪藻土の壁に、なぜカビが映えるのかというと、
表面的なカビであれば、

表面に付着した「栄養分」が下地になりますし、
温度、湿度、時間の条件も揃っているので、

カビが生えてもおかしくないということになります。

そして、表面から見えない内部的なカビの要素としては、
珪藻土を固める成分として使われる

糊とか接着剤といった「有機物」が、
栄養分としての下地になります。

では、調湿性があって、室内を快適にしてくれる
珪藻土も、常にカビるのかというと、

必ずしもそうではありません。

珪藻土の素晴らしい点は、
「調湿」なので、

常に、湿った状態にある訳ではない点なのです。

室内の湿度が高い時には、珪藻土の壁が
吸湿してくれ、快適にしてくれます。

逆に室内が乾燥してきたら、
放湿して、室内を潤してくれる訳です。

このように、珪藻土の壁には、
湿気の吸放湿という機能があるため、

珪藻土の壁そのものが、カビるということは、
あまりないのです。

しかし、いくら調湿性能に優れた珪藻土の壁とはいっても、
窓を閉め切ったまま、

一切換気をしなかったら、
貯め込んだ湿気を吐き出せず、

常に、珪藻土の壁そのものが、湿潤状態になり、
もし、そこに「栄養のある有機物」があれば、

カビが発生しても、おかしくないということになるのです。

アトピッコハウスの珪藻土塗り壁「はいから小町」は、
珪藻土を「固める成分」に、糊や接着剤といった

「有機物」を使っていないので、
カビの温床となる可能性は、高くありません。

調湿性能も高いので、かなり無理は効くと思います。

それでも、適度な換気をして頂かないと、
絶対にカビないとは保証できません。

特に、壁の表面に食べこぼし等が付着し、
窓を締めきって、数日間放置すれば、

カビが発生しないとも限りません。

ただ、今の所、はいから小町を塗られたお宅で、
カビが発生して困ったという話しは、

あまり聞いていません。

たまにあっても、「あーそれは発生するでしょ」と
直ぐに分かるような生活環境の方です。

珪藻土の壁が、いくら調湿性能があるからといっても、
壁に吸い込ませた湿気は、時々窓を開けて、

換気して、壁の水分を吐き出させてあげないと、
再び、「吸湿」性能は復活しません。

はいから小町の場合であれば、1㎡当たりの調湿性能は、
241gです。(1日24時間での性能)

これは、業界最高水準です。

それでも、換気をしてくれないと、
限界は来るということなのです。

珪藻土の壁にカビを生えさせないためには、
適度の換気が不可欠だと、

ご認識頂きたいと思います。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

珪藻土塗り壁「はいから小町」の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

漆喰か珪藻土か迷っている方、あるいは、
予算がないけど、塗り壁はあきらめたくないという方、
塗り壁選びのコツ」メール講座をご活用ください。

無料購読はこちら

カテゴリー: 珪藻土 カビ | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 珪藻土の、カビ対策とは? はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ:0467-33-4210(受付時間:平日8:30 ~ 17:30)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

エコ建材メーカー、アトピッコハウスの創業社長。著書に「+500円で自然素材の家が建つ!」がある。新聞掲載155回以上、テレビ・ラジオ出演、講演実績多数、自然素材開発のパイオニアを自認。珪藻土、漆喰、壁紙、無垢材、畳などのオリジナル健康建材を製造販売。アトピッコハウスは、自然素材の内装建材が一通り揃う小さな専門メーカー。

パーフェクトウォール 内装用カオリンの壁
塗り壁選びのコツ(メール講座全7回)

Calendar

2017年3月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Facebook(後藤 坂)

Facebook(後藤 裕美)

twitter

  • ユーザー向け
  • goto hiromi
  • プロ向け
  • goto saka

facebook

RSSで読む

YouTube アトピッコハウスのチャンネル

最近の投稿

カテゴリー