漆喰壁

漆喰壁に、何を求めるのか?

投稿日:2014年03月11日 作成者:


こんにちは!
漆喰・珪藻土・塗り壁ブログを運営している
アトピッコハウス㈱、自然素材のパイオニア後藤坂です。

漆喰壁というと、白くて、ツルっとした
壁をイメージされる方が多いと思います。

漆喰壁「漆喰美人」

内壁にも、外壁にも使えます。

ただ、昔の漆喰壁と、今の漆喰壁は、
そもそも根本的に違うので、

自分が、漆喰壁の何を気に入っていて、
どんなことを漆喰壁に期待しているのかを

明確にしておかないと、
「こんな筈ではなかった」ということにも、
なりかねません。

でも、昔の漆喰壁と、今の漆喰壁の大きな違いとは、
なんでしょうか?

それは、昔の漆喰壁は、調湿性が高かったけど、
今の漆喰壁は、調湿性能は、あまり高くないということです。

漆喰壁は、「調湿性があってねぇ~」
「部屋が快適になるのよぉ~」

そんなことを期待して、漆喰壁を選択されるとしたら、
ひょっとしたら、期待外れかもしれません。

ただ、全然、調湿しないのかというと、
そういう訳ではありません。

調湿建材として認められるほどには、
調湿しないということなのです。

一般的な漆喰の調湿能力は、
40g/㎡/24hと言われています。

しかし、JIS規格で規定している「調湿建材」の定義は、
70g/㎡/24hと決められているのです。

では、何故、昔の漆喰壁が調湿して、
今の漆喰壁は、それほど調湿しないのかというと、

それは、下地に秘密があるのです。

昔も今も、漆喰壁の仕上げ部分は、
1mm、2mmといった漆喰の白い壁です。

これは、消石灰に、天然の糊などを混ぜたものです。

しかし、昔の漆喰壁は、
下地も「土壁」だったので、

下地そのものが、調湿しました。

だから、下地材の土壁と、仕上げ材の漆喰が、
両方で調湿した結果、

大きな調湿能力を発揮した訳です。

しかし、今の漆喰壁の下地は、
ほぼ100%石膏ボードです。

この下地の石膏ボードには、
調湿能力はありません。

調湿能力とは、「吸湿」と「放湿」の両方の機能のことを
いうので、「吸湿」だけでは、「調湿能力がある」とは

言わないのです。

石膏ボードは、「吸湿」します。
しかし、「放湿」しないので、調湿建材ではありません。

つまり、下地の石膏ボードは、
調湿してくれないので、

今の漆喰壁の調湿性能は、
石膏ボードの上に塗った1mm、2mmの
漆喰の調湿能力だということになるのです。

なので、漆喰壁に求めるもののうち、
「調湿性能」の優先度が高いのであれば、

漆喰ではなく、珪藻土塗り壁にされた方が
いいかも知れません。

次に、漆喰壁の特徴としては、
まるでペンキでも塗ったかのように、

ツルっと仕上ることだと思います。

パターンを付けて、漆喰壁を仕上げることも
ありますが、

本物の漆喰壁を希望される方は、パターンをつけずに
フラットな仕上げにすることを

好まれるようです。

これは、珪藻土塗り壁には、真似が出来ないことなので、
フラットに仕上げることの優先順位が高い場合は、

漆喰壁にされるといいと思います。

漆喰は、白が基本です。
着色された漆喰がない訳ではありませんが、

本物の「色漆喰」は、高価だし、
施工も難しいので、

出来る職人さんは、多くないと思います。

今は、「漆喰壁」と言っても、
実際は、施工しやすく加工された

「漆喰調」の塗り壁であることの方が多いです。

ただ、それで、調湿性もあって、
フラットに仕上って、カラーバリエーションも

豊富にある訳ですから、
「本物」の「本漆喰」にしたいという方でない限りは、
特に問題はないと思います。

アトピッコハウスで、製造販売している
花の塗り壁「漆喰美人」も、

本漆喰ではなく、漆喰調の塗り壁です。

カラーバリエーションは、43色。
調湿能力は、94g/㎡/24hです。

一般的な漆喰の2倍程度は調湿します。
本物の漆喰壁のようにフラットにも仕上げられるし、

パターンをつけた仕上げにすることも可能です。

漆喰壁の良さと、珪藻土塗り壁の良さ、
特徴などには違いがあるので、

ご自身が、何を期待して、漆喰壁にしようと
考えているのかによって、

選べばいいと思います。

漆喰か珪藻土か迷っている方、あるいは、
予算がないけど、塗り壁はあきらめたくないという方、
塗り壁選びのコツ」メール講座をご活用ください。

無料購読はこちら

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

花の塗り壁「漆喰美人」の資料のご請求は、こちらです

資料請求は、こちら

カテゴリー: 漆喰壁 | タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , | 漆喰壁に、何を求めるのか? はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ:0467-33-4210(受付時間:平日8:30 ~ 17:30)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

エコ建材メーカー、アトピッコハウスの創業社長。著書に「+500円で自然素材の家が建つ!」がある。新聞掲載155回以上、テレビ・ラジオ出演、講演実績多数、自然素材開発のパイオニアを自認。珪藻土、漆喰、壁紙、無垢材、畳などのオリジナル健康建材を製造販売。アトピッコハウスは、自然素材の内装建材が一通り揃う小さな専門メーカー。

パーフェクトウォール 内装用カオリンの壁
塗り壁選びのコツ(メール講座全7回)

Calendar

2017年3月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Facebook(後藤 坂)

Facebook(後藤 裕美)

twitter

  • ユーザー向け
  • goto hiromi
  • プロ向け
  • goto saka

facebook

RSSで読む

YouTube アトピッコハウスのチャンネル

最近の投稿

カテゴリー