漆喰 珪藻土 価格

漆喰と珪藻土の価格の違い

投稿日:2017年01月26日 作成者:


漆喰にしようか、珪藻土にしようかと、
迷う人は多いと思います。

その主な原因は、意匠性や機能性、
そして、価格だと思います。

ここでは、漆喰と珪藻土の違いを含め、
価格の話を取り上げてみたいと思います。

注意しないとならないのは、漆喰は、イメージほどには、
調湿性能は高くないということです。

もし、仕上がりの意匠性は兎も角、調湿性能を
期待して塗り壁にするのなら、

漆喰ではなく、珪藻土にした方が、間違いなく
期待に添うと思うのです。

漆喰と珪藻土の違い

珪藻土塗り壁「はいから小町」の施工事例

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤坂です。
漆喰は、消石灰に、糊や、接着剤などを混ぜて、
壁や天井に塗る白い塗り壁です。

内装にも外装にも使えます。

そして、珪藻土は、珪藻(けいそう)と呼ばれる
植物性プランクトンの化石が堆積した土を
原料にした内装用の塗り壁です。

外装などには使えません。

主な違いは、仕上がりの意匠性と、
調湿機能などの性能の違いだと思います。

漆喰は、ツルっとした感じに仕上がり、
珪藻土は、ツブツブとした感じに仕上がります。

そして、調湿性能に関しては、圧倒的に珪藻土に
軍配があがります。

材料と、施工費で価格が決まる

そして、価格に関しては、材料費と、施工費で
構成されていますので、

材料費が安くても、手間暇のかかる塗り壁であれば、
合計の価格は高くなるという仕組みになっています。

昔ながらの漆喰は、「本漆喰」と呼ばれますが、
材料費そのものは、決して高いものではありません。

むしろ、本漆喰の材料費は安いと言えます。

しかし、本漆喰の施工は、恐ろしく面倒で、
難しいため、施工賃は、高くなります。

結果として、施工が簡単な珪藻土の方が、
合計の価格が安いということになります。

材料が安くても施工が高い場合がある

つまり、材料代が安くても、施工賃が高くついたら、
漆喰にしても、珪藻土にしても、

材料と、工事費の合計の価格は、高くつく
ということになるのです。

本漆喰なんかの場合は、一番顕著だと思います。

材料代は信じられないほど安いのに、
工事代金が高くなるので、
珪藻土の塗り壁よりも、高くなる場合が多いのです。

施工手順も、大きく影響する

珪藻土や漆喰の価格を決定する要素は、
施工手順にもよります。

珪藻土にしても、漆喰にしても、
一般的には、下塗りという下地処理の手順が必要になります。

つまり、下地作りをしないと、
仕上げの漆喰や珪藻土を塗れないのです。

「お化粧」と同じですね!

まず、ファンデーションなどを塗って、
下地を作ります。

その後、お粉をはたく訳ですよね!

下地が綺麗に整っていると、
仕上がりが美しくなります。

ただし、そのための手間暇や材料費が
全て、価格に影響するという訳です。

塗り壁を安くする方法

漆喰にしても、珪藻土にしても、
塗り壁の価格を安くしようと思うと、

材料の価格が安いこともさることながら、
施工が簡単であることが、

とても重要な要素になります。

下地処理が簡単で、作業性が良ければ、
工事は、どんどん進んで、

結果価格も安くなるということです。

いかがでしょうか?

漆喰にしても、珪藻土にしても、
材料代だけではなく、下地処理の必要性また、
作業性の難易度、そんなことによって、

価格が決定するということをご理解
いただけたでしょうか?

アトピッコハウスでは、珪藻土塗り壁「はいから小町」、
漆喰調塗り壁「漆喰美人」、そして、
カオリンの壁「パーフェクトウォール」という

3種類の塗り壁を扱っています。

珪藻土塗り壁「はいから小町」は、プロの施工であれば、
下塗りを必要としません。

シーラー処理だけでOKです。

但し、漆喰調塗り壁「漆喰美人」は、下塗りを必要
としますので、漆喰美人の方が、

はいから小町よりも、価格が高くなります。

そして、カオリンの壁「パーフェクトウォール」は、
漆喰でも、珪藻土でもありませんが、

もともと下地材をベースに開発した製品なので、
下塗りを必要としません。

シーラー処理もいりません。

プロにとっては、作業性もいい素材に加え、
材料費も安いので、

予算が厳しいけど、塗り壁にしたいという場合は、
便利に使って頂けます。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

珪藻土塗り壁「はいから小町」の資料のご請求は、こちらです。

資料請求は、こちら

漆喰か珪藻土か迷っている方、あるいは、
予算がないけど、塗り壁はあきらめたくないという方、
塗り壁選びのコツ」メール講座をご活用ください。

無料購読はこちら

カテゴリー: 漆喰 珪藻土 価格 | タグ: , , | 漆喰と珪藻土の価格の違い はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ:0467-33-4210(受付時間:平日8:30 ~ 17:30)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

エコ建材メーカー、アトピッコハウスの創業社長。著書に「+500円で自然素材の家が建つ!」がある。新聞掲載155回以上、テレビ・ラジオ出演、講演実績多数、自然素材開発のパイオニアを自認。珪藻土、漆喰、壁紙、無垢材、畳などのオリジナル健康建材を製造販売。アトピッコハウスは、自然素材の内装建材が一通り揃う小さな専門メーカー。

パーフェクトウォール 内装用カオリンの壁
塗り壁選びのコツ(メール講座全7回)

Calendar

2017年3月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

Facebook(後藤 坂)

Facebook(後藤 裕美)

twitter

  • ユーザー向け
  • goto hiromi
  • プロ向け
  • goto saka

facebook

RSSで読む

YouTube アトピッコハウスのチャンネル

最近の投稿

カテゴリー