ビニールクロス

ビニールクロスの何が悪いのか?

投稿日:2017年08月17日 作成者:

別にビニールクロスが悪いという訳ではありません。
ただ、2,000万も3,000万もする

家を建てても、内装が原価100円、200円の
ビニールクロスじゃ、勿体ないし、残念だと
思う訳です。

塗り壁は、無理でも、せめて自然素材のクロスにするとか、
豪華なキッチンや新車や家電を購入する代わりに、

無垢フローリングや、塗り壁といった
自然素材の内装材で仕上げた家にするというのも、

魅力的ではなかろうかと思うのです。
では、ビニールクロスとは、いったい、どんなものなのでしょうか?

ビニールクロスは呼吸しない

ビニールクロスは呼吸しない

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤坂です。
ビニールクロスは、紙に「塩化ビニール樹脂」を
吹付けて、ロール状にしたクロスです。

クロスというのは、「壁紙」のことですから、
ビニール壁紙とも言われます。

その「ビニール」という部分に、悪いイメージを
持つ人は、単にクロス、クロスという訳ですが、

普通のクロスの90%以上がビニールクロスになっていますから、
ビニールクロスが普通になってしまったとも言えます。

ただし、クロスとは、「布」のことですから、
本来クロスというと、

反物に裏打ちの紙を貼って、壁に貼れるようにした
内装材のことでした。

そして、ビニールクロスは、その布壁紙の
テクスチャーを真似て、作ったものだった訳です。

ビニール製ですから、布壁紙や、紙壁紙といった
自然素材の壁紙と違って、呼吸はしません。

内装材に調湿性能を期待する場合は、ガッカリすることになるので、
選ぶべきではありません。

化学物質が揮発する

次に、ビニールクロスの特徴としては、
化学物質が揮発するということがあります。

最近は、極悪な製品というのは少ないと思うので、
具合が悪くなるほど臭うということも

多くないかもしれませんが、

面倒なのは、臭いはしなくても、化学物質が揮発するし、
身体には良くないということです。

では、なぜ、化学物質が揮発するかというと、
ビニールクロスを作る過程で、

化学物質を使わざるを得ないからです。

原料となる塩化ビニールは、硬い素材です。
それを壁紙のような柔らかくロール状になるものに
しようと思うと、

「可塑剤」という薬品を使わなければ、なりません。
また、その他にも、各種の化学物質が

添加されて、ビニールクロスが完成する訳です。

それが、徐々に揮発するのです。

ビニールクロスには調湿性がない

調湿のメカニズムは、素材そのものが、
室内の余分な湿気を「吸ったり」「吐いたり」することで、

室内の湿度環境を調整してくれるというものです。

ところが、ビニールクロスは、文字通りビニール製ですから、
自然素材のような調湿機能はありません。

調湿性が有るとか、無いというのは、
原料の素材特性ということになるので、

ビニールクロスでは調湿しない訳です。

値段が安く、施工性もいい

ビニールクロスの一番の魅力は、色柄が豊富で、
施工性もよく、価格も安いという点でしょう。

調湿性能等の自然素材の持つ、素材特性に
価値を感じないというのであれば、

費用も抑えられるし、選択の範囲も広いので、
それはそれで楽しいかも知れません。

それに、工事業者にとっても、クロームを予防できるし、
工事が簡単なので、喜ばれます。

ただし、チープである

壁紙に高級感なんて求めていない人にとっては、
どうでもいいと思いますが、

どんな色柄を選んでも、ビニールクロスは、
所詮ビニールクロスなので、

仕上りがチープです。

といっても、予算がないとか、自然素材に費用をかける
価値を感じないという人にとっては、

ビニールクロスでいいと思いますし、
好きな色柄のビニールクロスで十分だと思います。

自然素材クロスの豪華さ、気持ち良さ、
耐久性、調湿性、etc・・・

そんなものは、自然素材に価値を感じる人だけの
ものだと思います。

いかがでしょうか?

自然素材のクロスに魅力を感じない人にとっては、
安くて、施工性が良くて、色柄豊富な

ビニールクロスでいいと思います。

しかし、調湿性はありませんし、
吸音性も、断熱性もありません。
しょせんは、紙に塩化ビニールを吹き付けただけの
偽物です。

特に、内装に予算を使うつもりがなければ、
それでいいと思います。

しかし、2,000万も3,000万もかけて建てる家ですから、
内装は自然素材クロスや、塗り壁などにしたいものです。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

漆喰、珪藻土、カオリンと、合計3種類の
オリジナル塗り壁材を製造販売しています。

無料の比較資料をご希望の方は、こちらからご請求頂けます。
資料請求は、こちら

漆喰か珪藻土か迷っている方、あるいは、
予算がないけど、塗り壁はあきらめたくないという方、
塗り壁選びのコツ」メール講座をご活用ください。

無料購読はこちら

カテゴリー: ビニールクロス | タグ: | ビニールクロスの何が悪いのか? はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ:0467-33-4210(受付時間:平日8:30 ~ 17:30)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

エコ建材メーカー、アトピッコハウスの創業社長。著書に「+500円で自然素材の家が建つ!」がある。新聞掲載155回以上、テレビ・ラジオ出演、講演実績多数、自然素材開発のパイオニアを自認。珪藻土、漆喰、壁紙、無垢材、畳などのオリジナル健康建材を製造販売。アトピッコハウスは、自然素材の内装建材が一通り揃う小さな専門メーカー。

パーフェクトウォール 内装用カオリンの壁
塗り壁選びのコツ(メール講座全7回)

Calendar

2018年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

Facebook(後藤 坂)

Facebook(後藤 裕美)

twitter

  • ユーザー向け
  • goto hiromi
  • プロ向け
  • goto saka

facebook

RSSで読む

YouTube アトピッコハウスのチャンネル

最近の投稿

カテゴリー