» 後藤 坂のブログ記事

漆喰塗りは、DIY出来るのか?

投稿日:2017年06月21日 作成者:


まず、本物の漆喰塗りは、DIYには向いていません。
というよりは、ちょっと器用だという程度の

素人は、手を出さない方がいいと思います。

難しいし、危険です。

漆喰は、消石灰を原料にしていますが、
強アルカリ性なので、手肌に着くと、

炎症を起こしますし、目に入ると、失明の危険性もあります。

そんなものが、粉で届いて、水で練らないならない
訳ですから、素人が手を出すことの危険性は、

理解頂けることだと思います。
では、漆喰塗りは、DIY出来ないのか? それを解説してみたいと思います。

本物の漆喰は、DIY出来ない

漆喰塗りは、難しい

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤坂です。
まず繰り返しになりますが、本物は、漆喰塗りできません。
それは、安全性の問題ということもありますが、

技術的にも、難しいのです。

まず、粉の状態から、壁に塗れる「ペースト」状にしないとなりませんし、
それを「コテ」に乗っけて、壁に塗らないとならない訳です。

これは、左官というプロの職人さんの技です。

簡単に「漆喰塗り」が出来ますよ、というのは、
本物の漆喰ではなく、

漆喰風の塗り壁です。

DIY出来る漆喰は、それなり

漆喰のような仕上がりになればいいという方なら、
DIY向きの漆喰調塗り壁を購入されて、

漆喰塗りに挑戦されるといいと思います。

代表的な漆喰塗りは、まるでペンキを塗ったように、
フラットな感じに仕上げます。

プロの左官職人さんにとっても、
それが漆喰塗りだと理解しています。

DIY出来る漆喰は、消石灰を原料にしていない場合もあれば、
他の原料の割合の方が多く、

素人がDIYし易いように原料を調整しています。

ただし、調湿性能だとか、消臭性能といった
塗り壁の「機能や性能」を期待すると、

期待外れということが、起こるかも知れません。

調湿を求めるなら、漆喰ではなく珪藻土

ここで大きな誤解があるので、
ご説明しないとなりません。

それは、漆喰には、調湿性能は、あまりないということです。
もし、調湿性能を期待して、塗り壁にしたいのなら、
漆喰塗りではなく、珪藻土塗りを

選択した方が、希望に叶うと思います。

なぜ、漆喰は調湿が得意ではなく、珪藻土の方が
優れているかは、詳しく、こちらで書きませんが、

調湿性能を期待するのなら、漆喰ではなく、珪藻土なのだと、
覚えておいて頂くと、いいと思います。

漆喰は、ペタッとした仕上がり

漆喰塗りは、フラットとか平滑と呼ばれるペタッとした
仕上りが一般的です。

もちろん、各種のパターン付けも出来ますし、
パターンを付ける仕上げの方が、

素人の方にとっても、実は、簡単です。

まるで、ペンキを塗ったようなペタッとした仕上がりを
希望されるのであれば、

DIYではなく、プロの左官屋さんに頼むべきだと思います。
漆喰の平滑な仕上げは、プロでも難易度は、高いのです。

実は、平滑にするのは難しい

素人の方は、パターンを付けた仕上げの方が難しくて、
料金も高くなると誤解されている方もいますが、

実は、パターンを付ける仕上げの方が簡単で、
平滑とかフラットと呼ばれるツルッとした仕上げは、

プロでも難しいのです。

いかがでしょうか?

本物の漆喰塗りは、プロでも難しいということが理解頂けたでしょうか?
材料の特殊性もありますが、施工が難しい訳です。

特に、フラットとか平滑と呼ばれる
仕上げにしようと思うと、

腕のいい左官職人さんに依頼しないと、
上手く行きません。

もし、漆喰風に仕上がればいいということであれば、
本物の漆喰塗りではなく、

漆喰調の塗り壁を選ばれると、いいと思います。

アトピッコハウスでは、漆喰調に仕上がる「漆喰美人」という
製品を製造販売しています。

DIY出来ない商品ではないですが、基本は、
プロ用の製品なので、粉で届きます。

そして、水を加えて練って頂かないとなりません。
しかし、調湿性や消臭性にも優れた塗り壁です。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

漆喰調塗り壁「漆喰美人」の資料のご請求は、こちらです。
資料請求は、こちら

漆喰か珪藻土か迷っている方、あるいは、
予算がないけど、塗り壁はあきらめたくないという方、
塗り壁選びのコツ」メール講座をご活用ください。

無料購読はこちら

カテゴリー: 漆喰塗り | タグ: | 漆喰塗りは、DIY出来るのか? はコメントを受け付けていません。

砂壁や漆喰をリフォームするには?

投稿日:2017年05月12日 作成者:


古い家をリフォームする際、現状の壁が
砂壁や漆喰ということがあります。

表面を触ると、ボロボロしていて、このまま上に
塗り重ねていいのやら、

どうやってリフォームしたらいいのか迷うと思います。
そこで、砂壁や漆喰の壁をリフォームする際に、

注意事項等を書いてみたいと思います。

削り落として、剥がすのが基本

砂壁も漆喰も一旦剥がす

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤坂です。
古い家の砂壁や漆喰を新しい「塗り壁」に変更したいという場合、
まずは、現状の壁を剥がして頂くというのが、

基本になると思います。

剥がして、下塗りして、それから、
新しい「仕上げ材」を塗る訳です。

ボロボロしていたら、絶対に剥がす

もし、砂壁や漆喰の表面を触ってボロボロしていたら、
間違いなく剥がさないと、失敗します。

何が怖いかというと、ボロボロしている状態の
砂壁や漆喰の上から、新しい材料を塗り重ねると、

ペロっと剥がれて来るのです。

その意味でも、古い砂壁や漆喰は、一旦剥がしてから、
下地を整えて、塗り直す必要がある訳です。

状態が良ければ、重ね塗り

古い砂壁や、漆喰は、「剥がす」のが基本ではありますが、
触ってボロボロしない、白くならないということであれば、

そのまま古い砂壁や漆喰の上に、
下塗り材を塗って、下地を固めて、

仕上げても、上手くいく場合があるかも知れません。

だけど、「危険」であることは確かなので、
専門家の人に判断してもらって、

自己責任でやるということになります。

プロに聞いたら、古い砂壁や漆喰は、
剥がす必要があると言う筈です。

もし、剥がれてきたら、「責任問題」に発展するからです。

砂壁にしろ、漆喰にしろ、表面の仕上げ部分は、
1mm、2mmの厚さです。

「剥がす」手間暇は、余計な工賃であることは確かです。
しかも、ものすごいホコリが立つので、

出来れば剥がさないで、工事を進めたい気持ちにもなります。
でも、安全を考えたら、古い仕上げ材は剥がしておいた方が
無難ということになります。

ボードを貼るという方法もある

古い砂壁や漆喰を剥がさないで、その上に、
新規の石膏ボードを貼って、下地を作るという方法もあります。

特に、「塗り壁から塗り壁」ではなく、
「塗り壁からクロス」に変更するような場合は、

柱を含めて、古い壁全部を覆い隠して、
新しい仕上げ材を塗るなり、貼るなりという
作業をする訳です。

これだと、ホコリもたたないし、作業も簡単です。

しかし、石膏ボードの厚みは、12mmほどあるし、
柱を隠す形になるので、

それも含めて、部屋が若干狭くなるという欠点がありますので、
どちらがいいかは、判断する必要があります。

下地を整えることが最重要

古い砂壁や漆喰を、珪藻土その他の
新しい「塗り壁」にしたいという場合は、

まずは、現状の壁の「下地を整える」ことが最も大事です。

下地が整っていないと、新しい塗り壁材も
塗れませんし、仕上げることが出来ないからです。

古い砂壁や、漆喰は、剥がすことが基本です。

いかがでしょうか?

古い砂壁や漆喰を塗り替える場合は、
一旦、「表面部分」の仕上げ材を剥がして、

下地を整えてから、新しい「仕上げ材」を塗らないとならない
ということがご理解頂けたでしょうか?

アトピッコハウスでは、アク止め効果の高い、
下塗り材「下塗革命」を製造販売しており、

割と状態のいい古い塗り壁なら、
剥がさず上から塗って仕上げることが出来る場合があります。

ただし、それも絶対大丈夫と約束できる性能ではないので、
現場での判断ということになります。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

資料のご希望の方は、こちらからご請求頂けます。

資料請求は、こちら

漆喰か珪藻土か迷っている方、あるいは、
予算がないけど、塗り壁はあきらめたくないという方、
塗り壁選びのコツ」メール講座をご活用ください。

無料購読はこちら

カテゴリー: 砂壁 漆喰 | タグ: , | 砂壁や漆喰をリフォームするには? はコメントを受け付けていません。

内装壁は、自然素材にしたい

投稿日:2017年04月26日 作成者:


家を建てるなら、内装壁は、自然素材にしたい。
断然、格好いいし、気持ちいいし、
長持ちもする。

メンテナンスだって簡単だし、面倒がることは
一切ないと思うんだけど、

内装壁に、自然素材を選べる人は少ない。
では、どうやったら、内装壁を自然素材に出来るのでしょうか?

今の普通は、ビニールクロス?

内装壁は、自然素材にしたい

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤坂です。
今、家を建てるとして「内装壁は、普通でいいです」と言ったとしたら、
ほぼ100%、ビニールクロスになります。

では、「ビニールクロス」の内装壁が、
本当に普通なのでしょうか?

やたらと、内装壁をビニールクロスにするようになったのは、
戦後のことです。

まだまだ、新しい素材です。

戦後の住宅難のとき、簡単に施工出来て、
コストも安い「工業製品」の内装材として誕生したのが、

ビニールクロスでした。

クロスとは、clothのことですから、もともとは、「布」でした。
だから、織物で出来たクロスのことを、「布クロス」ということ
自体が妙と言えば妙ですが、

ビニールクロスの方が、圧倒的に生産量が多いので、
クロスと言えば、「布」とは言えなくなっているのです。

しかし、そのビニールクロスも、布クロスに真似て作っていますから、
織物に似た柄に仕上げている製品も沢山あります。

昔の普通は、板とか塗り壁

では、昔の内装壁とは、どんなものだったのでしょうか?
いつの時代の昔にまで遡るかにもよりますが、

比較的現代に近い、工業製品が流行る前の昔だと、
内装壁は、板とか、塗り壁でした。

竹で下地を作って、練って発酵させた
土壁を塗って、表面に板を貼ったり、

漆喰を塗ったりしていた訳です。

しかし、下地が土壁という家づくりは、手間暇もコストも
かかるので、下地に石膏ボードを貼るという

家づくりが主流になってきました。

そのころから、布や紙に裏打ちした
布クロスや紙クロスという内装材が登場するようになりました。

ビニールクロスは、調湿しませんが、
布クロスや紙クロスは、ある程度調湿します。

しかし、ほぼ100%下地が石膏ボードな上に、
今の住宅は気密性が高いので、

湿気の逃げ場がありません。

だから、せめて、内装壁は、調湿性のある
素材にしたい訳です。

せめて内装壁は、呼吸する素材にしたい

壁の下地が、ほぼ100%石膏ボードで、
住宅の気密性が高い。

しかも、石膏ボードには調湿性能がない。

だから、内装壁には、呼吸する素材を使いたい訳です。
呼吸というのは「調湿性能」のことを指しています。

自然素材の内装材には、目に見えない
無数の穴が空いています。

そのお蔭で、多くの自然素材内装材には、
調湿性能がある訳です。

ただ、「自然素材風味」の内装壁では意味がないので、
客観的な調湿性能等を確認した方がいいと思います。

予算を確保しないとならない

自然素材の内装壁は、ビニールクロスなどの
新建材と比較すれば、やはり価格は高いです。

長持ちするという意味においては、
5年、10年というスパンで考えれば、

お得だし、豪華だし、住んでて気持ちいいので、
メリットは沢山ありますが、

最初にかかる費用は、新建材の内装壁よりも
高くつくことは確かです。

だから、もし、自然素材の内装壁にしたいということであれば、
「予算」を確保する必要があります。

価値観と、優先順位

内装壁に、それほど価値を置いていない場合は別ですが、
内装は、室内に露出していて、

室内の空気質にも影響を与えるし、
そもそも、家の価値を決定するほどの

大きなインパクトがあります。

といっても、豪華なキッチンや、豪華なお風呂に興味があって、
内装壁なんて、色柄しか興味ないということであれば、

わざわざ高い自然素材の内装材を選ぶ必要はありません。

ただし、もし、自然素材の内装材にしたいという気持ちが
ある場合なら、他を削っても、予算を確保するという

価値観を持っていないと、希望の家は建ちません。

予算に制限がない人はいないし、
家だけ立派に造っても、あとの生活が苦しくなるのでは、
本末転倒だと思います。

ご自身の価値感に応じて、優先順位を設定すべきだと思います。

いかがでしょうか?

もし、内装壁を、自然素材にしたいとお考えでしたら、
予算を確保することが大事だと、ご理解頂けたでしょうか?

自然素材の内装壁は、やはり、新建材よりも、
値段は高いです。

しかし、値段以上の価値があります。
でも、それは、自然素材の内装壁に、価値を感じる人に対してだけです。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

資料請求は、こちら

漆喰か珪藻土か迷っている方、あるいは、
予算がないけど、塗り壁はあきらめたくないという方、
塗り壁選びのコツ」メール講座をご活用ください。

無料購読はこちら

カテゴリー: 内装壁 | タグ: , | 内装壁は、自然素材にしたい はコメントを受け付けていません。

珪藻土の安全性なんて、無駄な心配

投稿日:2017年03月09日 作成者:


珪藻土の安全性が話題に上ったのは、
もう10年も、15年も前になりますが、

結論としては、問題がないということで
決着がついています。

それに、珪藻土が「危険」なものであるとか、
「発がん性」があるといったことを言っている
国際機関もありません。

では、どうして、珪藻土は、「安全性」に
問題があるような話が出たのでしょうか?

少し解説してみたいと思います。

発がん性の話はねつ造?

珪藻土の安全性?

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤坂です。
昔、断熱材のような形で使われた
アスベストに発がん性があるということで、

大きな問題になったことがあります。

それは、アスベストそのものに発がん性がある
というよりは、

アスベストの粒子の大きさに問題がありました。

大量に吸引することで、肺をふさぎ、
分解されることもなく、やがて癌を誘発する可能性が
あるからです。

しかし、珪藻土は、アスベストとは違います。

珪藻土の「発がん性」うんぬんは、
誰が見つけてきた話かは知りませんが、

私の記憶では、珪藻土意外の原料で塗り壁を
作っているメーカーが、
最初に言い出したように思います。

しかし、あとでも説明するように、

「珪藻土そのもの」に、発がん性があるとか、
吸引すると、ガンを誘発するといったことは、

普通の日常生活では、あり得ないと思います。

心配なら使わなければ良い

もし、珪藻土の安全性が心配なら、
わざわざ珪藻土の塗り壁を使う必要はないと思います。

ただ、使いたいけど、安全性に関して
少し詳しく知りたいということであれば、
この文章が、多少は役に立つかも知れません。

珪藻土は、植物性プランクトンの化石です。

「けいそう」とは、藻(も)のことで、
土(つち)とついている通り、

昔、海底や湖底だった場所から採掘されます。

ビールや、醤油などの濾過材として使われることが多く、
塗り壁の原料として消費される量は、
ごくごくわずかです。

それに、食品加工に使われる原料ですから、
珪藻土そのものの安全性に問題があったら、

それこそ大問題です。
そういう意味も含めて、珪藻土の安全性に
問題はないと言えます。

太陽光線の方が、よほど危険

珪藻土は、小さな粉状のものですから、
大量に吸引すると、

身体によくないと思います。

それは、小麦粉でも、他のホコリでも
同じことです。

PM2.5が問題になっていますが、
やはり細かい粒子を吸い込むことは、避けた方が
いい訳です。

太陽光線を大量に浴びると、皮膚がん等が
発生する危険性があることは、

広く知られています。

危険性という意味においては、
壁に塗られて固まった珪藻土と比較したら、

太陽光線の方が、よほど危険だと思います。

気をつけた方がいいのは、珪藻土の粉に
水を加えて練る時です。

はやり、粉を吸い込まない方がいいので、
必ずマスクは付けるべきだし、

出来れば施工は、プロの方に依頼したい所です。

問題になるのは労働環境の大量吸引

珪藻土の安全性に問題が出るのは、
炭鉱などの職場環境で、日常的に

大量の珪藻土を吸引する場合です。

細かい粉を大量に吸い込んだら危険だというのは、
小麦粉でも危険だと言いましたが、

もし、珪藻土をDIY施工するとしたら、
施工時に注意すればいいだけの話です。

施工後、壁で固まった珪藻土が飛散してくるという点は、
それほど心配しなくていいと思います。

ただ、乾いたあとも、ボロボロするような
塗り壁だったら、硬く固まる製品より、

ホコリは舞いやすいと言えるので、
注意した方がいいかも知れません。

珪藻土は、クリストバライトではない

あと、珪藻土の安全性を問題視する人は、
焼いた珪藻土を問題視します。

ビールや醤油の濾過材として使われる珪藻土は、
地中から掘り起こした珪藻土を、そのまま使っている訳では
ありません。

焼いて不純物を取り除き「食品添加物」として、
認可を受けるほど、安全性を高めています。

しかし、珪藻土は、焼くと、
一部がシリカになります。

時計に使われるクォーツなどと同じ仲間です。

クリストバライトと呼ばれますが、
ガラスの破片のような形状をしているものもあるので、

吸引されると、肺に刺さって、アスベストのように
癌を誘発するという訳です。

もっともらしそうに感じる説明ですが、
トゲ状の土が危険なら、

屋外を歩いていても危険という話になります。

それでも、珪藻土の安全性が信用できない
ということであれば、

珪藻土ではなく、別の塗り壁を使えばいいと思うのです。

いかがでしょうか?

昔は、もっと詳しく珪藻土の安全性に関して
解説していました。

それは、アトピッコハウスでも、
珪藻土の塗り壁を作っているからです。

そして、珪藻土に関する根も葉もない「発がん性」話は、
塗り壁の業界団体が、正式に小冊子を作って、

否定するまでになりました。

珪藻土は、調湿性能に優れた塗り壁材です。
職場環境における大量吸引でなければ、

安全性に問題はないし、そもそも
珪藻土そのものにも、危険性はない訳です。

壁に塗ったあとのことを心配されるのであれば、
乾燥したあと、ボロボロと崩れてこない
製品を選べばいいと思います。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

珪藻土塗り壁「はいから小町」の資料のご請求は、こちらです。

資料請求は、こちら

漆喰か珪藻土か迷っている方、あるいは、
予算がないけど、塗り壁はあきらめたくないという方、
塗り壁選びのコツ」メール講座をご活用ください。

無料購読はこちら

カテゴリー: 珪藻土 安全性 | タグ: | 珪藻土の安全性なんて、無駄な心配 はコメントを受け付けていません。

珪藻土クロスと、珪藻土の違い

投稿日:2017年02月02日 作成者:


珪藻土塗り壁のテクスチャーが好きだからという理由なら、
珪藻土クロスを貼るという判断でもいいと思います。

しかし、珪藻土クロスと、珪藻土は全く違うものです。
もし、調湿性など珪藻土の性能を期待して、

珪藻土クロスを貼るとしたら、残念な結果になると
思います。

では、珪藻土クロスと、珪藻土には、
どんな違いがあるのでしょう?

テクスチャー重視か性能か?

珪藻土のテクスチャー

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤坂です。
珪藻土クロスは、珪藻土の粉末を
壁紙の下地に付着させたものです。

本物の珪藻土を使っている場合もあれば、木粉などの
珪藻土風に見える素材を着色して使用している場合も
あります。

また、珪藻土だけでは、壁紙の下地に付着しないので、
糊とか接着剤を混ぜて、

珪藻土バインダーと呼ばれるものを作ります。

それを壁紙の下地に付着させて行きます。
すると、見た目は、「珪藻土ふう」に仕上がります。

あとは、工事の腕さえよければ、本物と違わないほど、
珪藻土風のテクスチャーになります。
しかし、所詮は、紙の上に、ミクロン単位で、

珪藻土が含まれた「のり」を付着させているだけですから、
大した調湿性能は期待できません。

珪藻土クロスは、紙なので限界がある

珪藻土クロスは、珪藻土を含む「のり」を付着させた
クロスだと言いました。

つまり、巾は、90cmほどなので、
本物の珪藻土塗り壁と違って、

90cmおきに「ジョイント」と呼ばれる継ぎ目が
現れます。

上手い人がやると、比較的ジョイントが
目立ち難くなりますが、

それでも、所詮はクロスですから、
どうしても、90cm幅で、ジョイントが現れます。

珪藻土の調湿性は、客観データがある

珪藻土クロスに調湿性能は期待できません。
それは、仕方のないことです。

もし、調湿性能を期待するのであれば、
珪藻土クロスではなく、

珪藻土の塗り壁を塗った方がいいと思います。

但し、単に「珪藻土」と言っても、
どんな珪藻土でも調湿する訳ではありません。

調湿性能を謳いたい建材には、
JIS規格に客観的な評価基準が定められていて、

その評価方法に基づき測定したデータでないと、
調湿性能がいいとか、悪いといったことは言えない
訳です。

70g以上でないと、調湿建材ではない

調湿する建材は、珪藻土の塗り壁だろうが、
珪藻土クロスだろうが、

JIS A6909というJIS規格の評価方法に基づき、
最低でも70g/㎡/24h以上の吸放湿量が

証明されていないとならないことになっています。

吸放湿量とは、単に「吸湿」ということではなく、
「放湿」する力もないとならないということなのです。

例えば、石膏ボードなどは、「吸湿」はしますが、
「放湿」はしないので、「調湿建材」とは呼びません。

70g/㎡/24hというのは、1㎡の「試験体」が、
24時間で、70gの水蒸気を

吸湿したり、放湿したりする能力を備えていますよ、
ということになる訳です。

つまり、吸湿する力と、放湿する力の
両方ないと、調湿建材とは呼ばない訳だし、

それが最低70g以上ないとならないということです。

もし、調湿性能を期待しているなら、
JIS規格における調湿性能を確認した上で、

珪藻土クロスなり、珪藻土塗り壁の採用を決定すると、
期待外れということがないと思います。

塗り厚ではなく、調湿量

珪藻土の調湿性能は、珪藻土の塗り厚には
関係がありません。

厚く塗っても、性能が悪い珪藻土だったら、
調湿性能は発揮してくれません。

つまり塗り厚ではなく、JIS規格における
調湿性能が何gあるのかということが、

最も重要な評価基準になるのです。

一般的な漆喰は、40g程度の調湿量しかないと言われていますから、
その意味においては、漆喰は調湿建材では、
ありません。

調湿性能に関しては、漆喰よりも珪藻土の方が
上ですが、それでも、どんな珪藻土でも、

70g以上の調湿性能があるという保証はありません。

ましてや、珪藻土バインダーを紙に塗って仕上げた
珪藻土クロスに、大した調湿性能があるとは思えません。

まずは、JIS規格における客観データを
確認すべきだと思います。

性能重視か、テクスチャー重視かで決まる

いかがでしょうか?
珪藻土ふうに仕上がればいいというテクスチャー重視の
方にとっては、調湿性能の良し悪しというのは、

それほど重要ではないと思います。

それに、90cmほどのジョイントも気にならない
ということであれば、

珪藻土クロスで十分だと思います。

しかし、もし調湿性能を期待して、珪藻土にしたいという
場合は、珪藻土クロスでは不十分です。

JIS規格の測定結果を確認して、
きちんと、証明が取れている珪藻土を
選ぶことが間違いないと思います。

アトピッコハウスの珪藻土塗り壁「はいから小町」は、
241g/㎡/24hの調湿性能があります。

JISの最低基準である70gと比較すると、
3倍以上の調湿性能です。

また、一般的な漆喰と比較すると、6倍ほどの
調湿性能です。

この性能は、業界最高基準の調湿性能です。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

当社製品を取り入れた家作りをしたいとお考えの方は、
無料の資料をご請求頂き、工事を依頼される業者さんに、
アトピッコハウス製品を使って欲しいとご依頼ください。

珪藻土塗り壁「はいから小町」の資料のご請求は、こちらです。

資料請求は、こちら

漆喰か珪藻土か迷っている方、あるいは、
予算がないけど、塗り壁はあきらめたくないという方、
塗り壁選びのコツ」メール講座をご活用ください。

無料購読はこちら

カテゴリー: 珪藻土クロス 珪藻土 | タグ: , | 珪藻土クロスと、珪藻土の違い はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ:0467-33-4210(受付時間:平日8:30 ~ 17:30)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら

プロフィール

エコ建材メーカー、アトピッコハウスの創業社長。著書に「+500円で自然素材の家が建つ!」がある。新聞掲載155回以上、テレビ・ラジオ出演、講演実績多数、自然素材開発のパイオニアを自認。珪藻土、漆喰、壁紙、無垢材、畳などのオリジナル健康建材を製造販売。アトピッコハウスは、自然素材の内装建材が一通り揃う小さな専門メーカー。

パーフェクトウォール 内装用カオリンの壁
塗り壁選びのコツ(メール講座全7回)

Calendar

2017年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

Facebook(後藤 坂)

Facebook(後藤 裕美)

twitter

  • ユーザー向け
  • goto hiromi
  • プロ向け
  • goto saka

facebook

RSSで読む

YouTube アトピッコハウスのチャンネル

最近の投稿

カテゴリー