珪藻土塗り壁の下地処理に関して

投稿日:2018年03月23日 作成者:

珪藻土の塗り壁は、調湿性が高いとして人気ですが、
施工に当たっては、下地処理が必要になります。

というか、漆喰系の塗り壁にしろ、
珪藻土系の塗り壁にしろ、下地処理なしで、仕上げられる
という製品は、基本ありません。

では、珪藻土を塗る場合、どんな下地にしないとならないのか、
解説してみたいと思います。

下地処理は、下塗りが一般的

珪藻土、下地処理

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤坂です。
昭和初期の頃なら、住宅の壁下地は、土壁でした。
塗り壁の仕上げも珍しくなかった訳です。

しかし、現代の住宅は、ほぼ100%石膏ボード下地です。

石膏ボードというのは、原料の「石膏」を
ダンボール紙で、サンドイッチしたような形状のものです。

標準的な大きさは、91cm×182cmです。
それを壁に貼っていくと、

天井までの高さは、一般的に240cm(2.4m)ありますから、
石膏ボードと石膏ボードの間に、継ぎ目が生じます。

巾方向の場合は、91cmごとに、継ぎ目が生じます。

この継ぎ目のことを「ジョイント」と言いますが、
珪藻土の塗り壁材を塗りたいと思ったら、

まずは、「この継ぎ目」の処理をしないとなりません。

石膏ボードと石膏ボードの間には、隙間が空いている
訳ですから、その隙間に「パテ」と言う充填剤を擦り込んで、

隙間を無くします。

そして、パテが乾いてから、シーラー処理とか、
下塗りといった「下地処理」をする訳です。

下塗りの価値と目的

なぜ、下塗りするかというと、
一番の目的は「下地を平滑にする」ことと、「吸水調整をする」
ことです。

先ほど説明したように、ボードとボードの間の隙間は、
パテで埋めますから、

石膏ボード表面のダンボール紙と、パテ部分では、
「吸水率」が違います。

どういう意味かと言うと、塗り壁材というのは、
水で練られていますので、

その「水分」が、下地に、吸い取られていきます。

その吸い取られるスピードが、違うことによって、
仕上げの段階で、表面に「色ムラ」を発生したり、

ジョイント(継ぎ目)の部分が目だったりするのです。
そこで、下地の状態を「均一」にすることによって、

色ムラを防ぐのです。
そのために、下塗りをしたり、シーラー処理をしたり
するのです。

シーラー処理という方法もある

下地処理の方法は、「下塗り」の他に、「シーラー処理」という
方法があります。

これは、全てのメーカー、全ての商品で当てはまる訳ではなく、
塗り壁のメーカーが、「シーラー処理」で、OKの商品ですよと、
言っている商品だけで通用する話です。

このシーラー処理の場合も、まずは、ボードの隙間を
埋める「パテ処理」という作業は、必要です。

このパテ処理をすることで、下地を平滑にします。

そして、その後、シーラー処理することで、
下地の「吸水率」を均一にするのです。

目的は、「吸水調整」ですから、シーラーは、規則正しく塗る
のではなく、ランダムに、バシャバシャ塗るのが

基本です。

左官屋さんは、下塗りの方が好き

塗り壁のプロの職人さんである左官屋さんは、
コテという塗り壁用の道具を使いなれているので、

シーラー処理よりも、下塗りをしたがります。

費用は、材料代は、下塗り材の方が高くつきますが、
施工費用は、職人さん次第なので、

それほど割高にならずに下塗りしてもらえる場合もあります。

シーラー処理の場合は、ペンキ屋さんが使うローラーという
道具を使います。

左官屋さんは、このローラーを使って、
バシャバシャと壁にシーラーを塗るよりも、

コテを使って、下塗り材を塗った方が作業も早いし、
現場が汚れないようにする「養生」という作業も簡単なので、

下塗りをしたがる訳です。

但し、材料代は、シーラーよりも、下塗り材の方が高くつきます。
また、作業費も下塗りの方が高くつく訳ですが、

こちらは、交渉可能だということです。

DIYか、プロ施工か?

珪藻土をDIYで施工するといった場合でも、
下地処理の必要性は、プロに工事をお願いする場合と、

一緒です。

下地処理なしで、仕上げ材の珪藻土を塗る
ということは出来ません。

ただ、ビニールクロスの上に、DIYで珪藻土を塗りたい
といったような場合なら、

ホームセンター等で売っている珪藻土風の塗り壁材を使うと、
比較的簡単に工事できます。

但し、本物の「質感」や「性能」を実感したいということであれば、
最低でも、「下地処理」までは、

プロに依頼した方がいいと思います。

珪藻土のDIYというと、コテを持って、楽しく塗っているところを
想像すると思いますが、

その前に、床や柱やドア等の「汚れ防止(養生)」が必要だし、
その後の下地処理が必要になります。

上手、下手という問題もありますが、
この「仕上げ材」を塗る前の準備が、相当に面倒なのです。

いかがでしょうか?

珪藻土の塗り壁を施工する場合には、シーラー処理にしろ、
下塗りにしろ、必ず、下地処理が必要になります。

プロの左官屋さんに依頼した場合は、
下塗りをしたがりますし、

確かに、下塗りをした方が、失敗も無く、綺麗に仕上がります。
ただし、費用は、シーラー処理よりも高くつきます。

アトピッコハウスには、はいから小町という珪藻土塗り壁が
ありますが、こちらは、シーラー処理でOKな

珪藻土塗り壁です。

ただし、下地によっては、下塗りが必要になる場合もあるので、
DIY施工をされる方には、下塗りをして頂くことを

推奨しています。

いずれにしろ、本格的な珪藻土塗り壁は、素人の方のDIYでは、
多少難易度が高いので、プロに工事を依頼されることを
お勧め致します。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

漆喰、珪藻土、カオリンと、合計3種類の
オリジナル塗り壁材を製造販売しています。

無料の比較資料をご希望の方は、こちらからご請求頂けます。
資料請求は、こちら

漆喰か珪藻土か迷っている方、あるいは、
予算がないけど、塗り壁はあきらめたくないという方、
塗り壁選びのコツ」メール講座をご活用ください。

無料購読はこちら

カテゴリー: 珪藻土 下地 | タグ: , | 珪藻土塗り壁の下地処理に関して はコメントを受け付けていません。

壁塗り替えのdiyは、難易度が高い

投稿日:2018年01月25日 作成者:

壁の塗り替えをdiyで工事したいという方もいらっしゃいますが、
古い塗り壁の上から、新しい塗り壁を塗るというのは、

プロでも難易度が高いです。

通常は、古い塗り壁を剥がしてから、
下地を整えて、新しい塗り壁を施工するという手順になります。

それでは、もし、壁の塗り替えをdiyするとしたら、
どのような手順になるのか解説してみたいと思います。

古い塗り壁の塗り替えは難しい

壁塗り替えのDIYは、難易度が高い

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤坂です。
まず初めに、古い塗り壁が、なぜ難しいかと言うと、
塗り壁が劣化すると、表面がボロボロとしてきて、

水を含んだ新しい塗り壁を塗ると、ペロッと剥がれてくるからです。

塗ってすぐに剥がれてくる場合もあれば、
塗ってしばらく経ってから剥がれてくる場合もあります。

だから、古い塗り壁は、剥がすのが基本となります。
では、古い塗り壁を剥がして、下地を整えて、

新しい塗り壁を再度塗るということが素人に出来るのでしょうか?
私は、まず無理だと思います。

もし、塗り壁をdiyしたいというのであれば、
プロに下地を整えてもらってからでないと、

難しいと思います。

まずは、下地を整える

では、下地を整えるとは、どういう作業のことを言うのでしょうか?
まずは、古い塗り壁を剥がします。

通常は、下地の石膏が出てきますが、古い塗り壁が施工された
時期によって、下地の種類も変わってきます。

もし、土壁の上に塗られたものであれば、
仕上げ材の下は、石膏が塗られていますから、

その石膏が露出するところまでは、
全部剥がす必要があります。

そして、もし、比較的新しい塗り壁であれば、
仕上げ材の下地は、石膏ボードの可能性が高いです。

この場合は、石膏ボードそのものの張替えが必要になる
場合がありますし、

その方が簡単という場合もあります。

表面の仕上げ材だけ、上手く剥がせるとしたら、
それでOKですが、やはりここでも、

表面を剥がす作業をdiyで施工するというのは、
限りなく難易度が高いことは事実です。

古い塗り壁は、剥がすのが基本

表面が硬く仕上がっていて、ボロボロしない状態である
という場合は、その仕上げ材の上から、

下塗り材を塗って、下地を整えるという方法も
ない訳ではありません。

もともと、「重ね塗り」できる塗り壁材もありますので、
現状の塗り壁材の状態次第では、

古い塗り壁を剥がさずに、そのまま下地処理、
仕上げ塗りと進んでいける場合もあると思います。

ただ、その判断はプロでも難しい所です。

もし、既存の壁を残した状態で塗り直したいという場合は、
プロに「責任施工」を依頼するか、

失敗しても、自己責任だと開き直った方がいいです。

その後、下塗りがあって仕上げ塗り

古い塗り壁を剥がして、下地処理をしたら、
あとは、普通に仕上げ塗り出来ます。

もし、壁の塗り替えをdiyしたいということであれば、
この段階で、自分が登場した方がいいかも知れません。

それまでは、プロに任せるのです。

もちろん、diyの魅力は、自身で工事出来るということのほか、
経費が抑えられるということがある訳ですが、

あとで剥がれてきては、元も子もありません。

最低、下地処理まではプロに依頼し、仕上げ塗りだけを
自分でやるというのが、お勧めです。

それに、ひと部屋だけとか、ひと壁というのは楽しいですが、
1階全部とか、建物全部という場合は、

とてもdiyで処理できる範囲ではありません。

お金を払って、プロに依頼されることを
お勧めします。

diyに関しては、プロに整えてもらった下地の上で、
部分的に作業させてもらうのがいいと思います。

剥がれてきても自己責任

自分でdiyするにしろ、プロに工事を依頼するにしろ、
古い塗り壁を剥がさずに、そのまま上に、

新しい塗り壁を塗るとしたら、剥がれてくることを
ある程度覚悟しておいた方がいいです。

そして、もし、プロの方が見て、そのまま重ね塗りしても
大丈夫そうだということであれば、

「責任施工」で、プロに工事を依頼した方が、あとが安心です。

無理にお願いをして、危ない状態の塗り壁の上に
重ね塗りして、もし、剥がれてきても、

「自己責任」だと考えないと、工事してくれる会社はありません。

もし、状態のよくない塗り壁を見せて、
塗り直したいと言ったら、大抵のプロは、

現状の仕上げ材を剥がすことを提案します。
それが普通だからです。

いかがでしょうか?

古い塗り壁を、新しい塗り壁に塗り替えることの
難易度は高いということを

ご理解頂けたでしょうか?

もし、今の壁を塗り替えたいという場合は、
まずはプロに見てもらって、

下地を整える所までは、プロに依頼し、
自分でdiyするのは、仕上げ材だけとした方がいいと思います。

あるいは、工事全てプロに依頼し、家族の思い出として、
一部分だけ、自分たちで、diyするというのが、

お勧めの方法です。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

漆喰、珪藻土、カオリンと、合計3種類の
オリジナル塗り壁材を製造販売しています。

無料の比較資料をご希望の方は、こちらからご請求頂けます。
資料請求は、こちら

漆喰か珪藻土か迷っている方、あるいは、
予算がないけど、塗り壁はあきらめたくないという方、
塗り壁選びのコツ」メール講座をご活用ください。

無料購読はこちら

カテゴリー: 壁 塗り替え diy | タグ: , , | 壁塗り替えのdiyは、難易度が高い はコメントを受け付けていません。

室内壁の塗装は、塗料とは限らない

投稿日:2017年12月20日 作成者:

室内の壁を塗装すると聞いたら、塗るものは
「塗料」だと思うのですが、塗り壁材でも、

同じように「塗装」という表現を使う人がいて、
戸惑うことがあります。

プロ的に言うと、塗料は、塗装屋さんの仕事で、塗装だし、
塗り壁材は、左官の仕事で、

「施工」とか「塗布」と言う表現になります。

ただ「塗布」というのは、塗料にも塗り壁材にも
使える表現ですから、多少ややこしいかも知れません。

しかし、室内の壁を「塗装」すると表現した場合は、
プロは、ほぼ100%塗料をイメージする訳です。

塗り壁を施工する際に、塗装という人がいる

壁塗りを、塗装とは言わない

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤坂です。
室内の壁を塗装すると言われると、「塗料」を
イメージすると言いましたが、

塗り壁の種類の中には、ローラーで
塗れる塗料のような製品もありますから、

そういったタイプの「塗り壁」をイメージして、
「塗装」という表現を使っているのかも知れません。

しかし、大きな違いは、「塗装」と言うと、
0. 何ミリという極々薄い状態で仕上げるもののことを
言うのに対して、

塗り壁などを「塗る」場合というのは、1mmとか、2mm
場合によっては、3mmも5mmも塗りますから、

これ位の厚みになると、「塗装」とは、言わなくなる気がします。

壁の塗装とは、本来塗料のこと

壁の塗装というと、ハケとか、ローラーと言った道具を使い、
壁に「薄く」塗ることをイメージします。

ただ、塗料も、塗り壁材も、吹き付けような「ガン」と
呼ばれるプレーで、壁に「塗って行く」こともあるので、

壁を塗装するといっても、塗り壁のことを言っているのか、
塗料のことを言っているのか分からないということも

あると思います。

特に、素人のお客様であれば、
塗料と、塗り壁の区別は出来ないかも知れません。

ただし、「塗り壁材」と呼ばれるものは、
塗料よりも「仕上がりの厚み」があり、また

調湿性能とか、消臭性能といった「機能」が期待できる
場合が多いという違いがあると思います。

塗り壁は、塗装とは言わない

塗り壁を塗る行為は、「施工する」とか「塗布する」という
言い方をし、「塗装する」とは、言わないと言いました。

そして、また、「吹き付ける」塗り方もあるので、
塗料と塗り壁の境目がないとも言いました。

しかし、一般的には、「塗り壁材」は、「塗装する」とは言わない訳です。

塗装とは、やはり、「塗料」の「施工」に使う言葉だと思います。

塗料はペンキとも言う

ペンキと言われれば、「塗る」という表現が、
しっくり来ると思います。

ただ、塗料の方が、高級な響きがあります。

「室内」の「壁」に、「ペンキ塗ってます」と言うと、
何か、安っぽい感じを受けますが、

「塗料を塗っています」とか「塗料で仕上げてます」と
言われると、普通にスルーしてしまいます。

言葉のイメージって、大きいですね。

塗装は塗布とも言う

「塗装」という言葉は、「塗布」とも言う訳ですが、
「塗布」は、塗料にも、塗り壁材にも使えますから、

「何を」塗布するのか確認しないと、塗料なのか、
塗り壁材なのか理解できません。

ただ、やはり決定的な違いは、「塗り厚」だと思いますね。

「塗装」というと、「薄いもの」で、「塗布」というと、
若干厚いものをイメージすると思います。

いかがでしょうか?

室内の壁を塗装すると言われたら、プロ的には、
「塗料(ペンキ)」をイメージするということは、
ご理解頂けたでしょうか?
従って、もし、「塗り壁材」を施工することを考えているのなら、
「塗装」という表現を使わない方が、

間違いがないと思います。

塗り壁を施工する場合は、「塗る」とか「施工する」と
いった表現の方が、ピッタリ来ると思います。

そして、塗料には、調湿性能とか、消臭性能は
期待できないし、期待しない方がいいということを

改めてお伝えしたいと思います。

ミクロン単位の厚みで塗料を塗っても、効果がある筈は
ないのです。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

漆喰、珪藻土、カオリンと、合計3種類の
オリジナル塗り壁材を製造販売しています。

無料の比較資料をご希望の方は、こちらからご請求頂けます。
資料請求は、こちら

漆喰か珪藻土か迷っている方、あるいは、
予算がないけど、塗り壁はあきらめたくないという方、
塗り壁選びのコツ」メール講座をご活用ください。

無料購読はこちら

カテゴリー: 室内 壁 塗装 | タグ: , , | 室内壁の塗装は、塗料とは限らない はコメントを受け付けていません。

壁紙クロスから、自然素材への変更

投稿日:2017年11月30日 作成者:

家を建てる契約をしてから勉強を始め、
自然素材の家作りに興味を持つ方は、少なくありません。

そして、最初に考えるのが、ビニールクロスは止めたいというもの。
では、壁紙クロスを自然素材に切り替える方法を

考えてみたいと思います。

クロスから塗り壁への変更はハードルが高い

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤坂です。
ビニールクロスは嫌だから、壁紙クロスは止めて、
塗り壁にしたいという人がいます。

しかし、クロス貼りと、塗り壁では、
職人さんも違うし、工事の工程も違います。

もちろん費用だって、異なりますし、工事中に
注意しないとならないことも変わります。

だから、壁紙クロスから、塗り壁にするのは、
ハードルが高いのです。

もし、ビニールクロスを止めて、自然素材にしたい
ということなら、別の方法もあります。

クロスからクロスはハードルが低い

壁紙、クロスから、塗り壁への変更は、
難易度が高いと言いましたが、

ビニールクロスから、別の自然素材系のクロスに
変更するのは、

クロスからクロスですから、難易度は、グッと下がります。

それに費用面から行っても、差額は圧縮できるので、
ビニールクロスから自然素材への切替えの可能性は、

うんと高くなります。

自然素材クロス(壁紙)は、ビニールクロスよりは、
施工難度が高くなりますが、

熟練した職人さんであれば、「普通」に貼れます。

まずは、予算の確保から

工事契約を締結したあと、壁紙クロスを
自然素材に切替えたいといった場合、

まずやらないとならないのは、予算の確保です。

自然素材の壁紙や塗り壁材というのは、
確実にビニールクロスよりは高いので、

「差額」が生じます。

この差額金額に相当する費用を、どうやって確保するかを
考えないと、いくら自然素材の家がいいと言っても、

手に入れることは難しくなります。
予算を積み増すのか、何処か他を我慢して、
予算を自然素材の方へ廻すのか?

そうしたことを先に考えないとならない訳です。

クロスとは、布の壁紙のこと

壁紙のことを、クロスと言いますが、クロスとは、clothのことで、
本来「布」で出来た壁紙のことでした。

もちろん、今でも、本物の「布で出来た壁紙」は、ありますが、
中心は、ビニールクロスなので、

布クロス(織物壁紙)は、レアな商品になってしまいました。

本来の壁紙というのは、布を織った反物に、
裏打ちの「紙」を貼って、壁に貼れるようにした製品でした。

そして、その「布クロス」を真似て作ったのが、
ビニールクロスだという訳です。

見た目は、布クロスと似た感じに作れますが、
本物の布クロスと違って、肌触りも違いますし、

布クロスのような調湿性もありません。

布クロスという選択肢

壁紙クロスから、塗り壁への変更は、工事内容からも、
金額的なことからも難しいという話をしましたが、

クロスから、クロスであれば、難易度は
グッと下がります。

差額費用さえ捻出できれば、ビニールクロスから、
布クロスに変更してもらうことは、

それほど難しくありません。

いかがでしょうか?

工事契約をしたあとで、自然素材に興味を持ち、
塗り壁や、自然素材クロスにしたいという方は、

沢山いますが、壁紙クロスから、塗り壁に変更するのは、
難易度が高く、

ビニールクロスから、自然素材クロスに変更するのは、
難易度が低いということを、ご理解頂けたでしょうか?

アトピッコハウスでは、本物の布クロスを
製造販売しています。

現在、特別なサイトを作って、広告を展開中です。
こちらも、参考にしてください。

 

漆喰か珪藻土か迷っている方、あるいは、
予算がないけど、塗り壁はあきらめたくないという方、
塗り壁選びのコツ」メール講座をご活用ください。

無料購読はこちら

カテゴリー: 壁紙 クロス | タグ: , , , | 壁紙クロスから、自然素材への変更 はコメントを受け付けていません。

壁板にするなら、腰までがお勧め

投稿日:2017年09月05日 作成者:

無垢フローリングは、素敵です。
壁を壁板で仕上げるのも、素敵です。

そして、もちろん天井だって、無垢板を貼るのは、
素敵です。

しかし、床も壁も、天井も板張りだと、まるで
山小屋風で、芸がないと考えるのは、私だけでしょうか?

もちろん好みの問題ではありますが、床も壁も天井も
板張りにするよりも、もっとオシャレに、上手に
壁板が使えると思います。

少し解説してみたいと思います。

床も壁も天井も板だと、山小屋風

腰まで、壁板の例

自然素材の内装材専門メーカー、アトピッコハウスの後藤坂です。
丸太を積み重ねたログハウスも味があっていいと
思いますし、山小屋風の室内も悪くはないと思います。

しかし、非日常のタマに経験するスペースならという条件付きです。

もちろん、こちらも好みがあるので、
山小屋風とか、ログハウス風の家がいいという人もいると
思います。

ただし、オシャレに、気持ち良く、木材を使った家を
建てたいということであれば、床も壁も天井も、

板貼りというのではなく、バランスを考えて、
壁板をお使いになってはいかがかと思います。

壁板にするなら、腰から上は塗り壁

壁を壁板貼りにする内装も、悪くないと思います。
しかし、4面の壁が、床から天井まで、

全て、壁板貼りになっていたら、山小屋風になってしまうと思います。

それよりは、壁板にするのは、腰の高さ程度までとし、
腰から上は、塗り壁などにした方が、

バランスもいいし、オシャレだと思います。

壁板は、床材より薄い

床に貼る無垢フローリングなどは、人の体重が載りますし、
重いものを載せるので、しっかり下地を作った上で、

フローリングそのものの厚みも、12mmとか、15mmある
というのが、普通です。

しかし、壁板の場合は、「重さ」に「耐える」必要がないので、
板の厚みは、薄くていい訳です。

壁板とした使われる無垢材は、10mm程度ではないでしょうか?
厚くする必要はない訳です。

もちろん、厚い壁板を貼ったからといって、
特別支障が出る訳ではありません。

樹種も、木目も、壁板の厚みも、好みでいいと思います。
しかし、壁板の用途から言うと、薄くて大丈夫なので、

好みの壁板で薄いものが手に入ったら、その方が、
価格的にも、お得の筈です。

横貼りにするか、縦貼りにするか

壁を壁板貼りにする場合、腰の高さ程度がお勧めだと
言いましたが、壁板の貼り方にも、

横貼りと、縦貼りがあります。

こちらも、好みの問題ではありますが、
縦貼りにするか、横貼りにするかによって、

デザイン性も変わりますし、洋風、和風といった
雰囲気にも影響します。

どんな仕上がりをイメージしているのかによっても、
縦貼りがいいのか、横貼りがいいのかが、

決まってきます。

床と天井を無垢で、壁を塗り壁

私のお勧めは、床は無垢フローリング、壁と天井は、塗り壁。
あるいは、壁は塗り壁にし、天井を板張りにするといったパターンです。

もしくは、床を無垢フローリング、壁は、
腰の高さまで、壁板貼りにして、残りの壁は塗り壁にし、

天井も塗り壁にするというものです。

山小屋風の家が好きだという人は別ですが、
一般的には、この程度の木の使い方で、

充分な気がします。

いかがでしょうか?

壁板も魅力的な内装材ではあります。
しかし、量が多過ぎると、山小屋風の雰囲気になってしまうことは、

避けられません。

4つの壁全てを壁板にするよりは、
1面の壁のみ壁板にするとか、

腰の高さまで壁板とし、残りは塗り壁にするといった
バランスが、ちょうどいいように感じます。

全部壁板で仕上げた家ではなく、壁板は、部分使いをする。
そんな家が、オシャレでいいと思います。

アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など
オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。

漆喰、珪藻土、カオリンと、合計3種類の
オリジナル塗り壁材を製造販売しています。

無料の比較資料をご希望の方は、こちらからご請求頂けます。
資料請求は、こちら

漆喰か珪藻土か迷っている方、あるいは、
予算がないけど、塗り壁はあきらめたくないという方、
塗り壁選びのコツ」メール講座をご活用ください。

無料購読はこちら

カテゴリー: 壁板 | タグ: , | 壁板にするなら、腰までがお勧め はコメントを受け付けていません。

お電話でのお問い合わせ:0467-33-4210(受付時間:平日8:30 ~ 17:30)

  • 資料請求はこちら
  • メールでのお問い合わせはこちら
PAGE TOP

プロフィール

エコ建材メーカー、アトピッコハウスの創業社長。著書に「+500円で自然素材の家が建つ!」がある。新聞掲載155回以上、テレビ・ラジオ出演、講演実績多数、自然素材開発のパイオニアを自認。珪藻土、漆喰、壁紙、無垢材、畳などのオリジナル健康建材を製造販売。アトピッコハウスは、自然素材の内装建材が一通り揃う小さな専門メーカー。

パーフェクトウォール 内装用カオリンの壁
塗り壁選びのコツ(メール講座全7回)

Calendar

2018年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

Facebook(後藤 坂)

Facebook(後藤 裕美)

twitter

  • ユーザー向け
  • goto hiromi
  • プロ向け
  • goto saka

facebook

RSSで読む

YouTube アトピッコハウスのチャンネル

最近の投稿

カテゴリー